エフェクターノート

エフェクターや機材で理想のサウンドを追求していく試行錯誤型の実体験ブログです。

クリーントーンの音作りを考える②

こんにちは。

 

さて、今回は引き続き「クリーントーンの音作りを考える②」です。

 

前回同様、バンドアンサンブルにおいて、バンド全体の音量バランスを保ったまま、クリーンサウンドでギターの音を出すことについて考えていきたいと思います。

 

前回の問題点のまとめです。

【自分がクリーンの音で気になったこと※Masrall JCM 2000使用時】

①クリーンと歪みの切り替えの時にディストーションなどのエフェクターで切り替えると不自然

②クリーンの音がキンキンして、弾きずらい

③アンプのクリーンの音に存在感がなくバンドでギターの音が目立たない

 

上記の問題点をふまえて、今回は実際にバンド練習でスタジオで試したことを書きたいと思います。

 

【最初に弾いたセッティング】

まず、問題点に思ったセッティングはアンプのクリーンセッティングで弾きました。

 本番のライブ会場の使えるアンプが「マーシャルJCM2000」と「JC120」でしたので、よく自分が使う「JCM2000」のクリーンチャンネルを試してみました。

 マーシャル「JCM2000」で、クリーントーンでセッティングするにあたって、基本的には個人的には2つのセッティングがあると考えています。

どちらもクリーンチャンネルですが、「CRUNCH(クランチ)」ボタンを、ONにするかOFFにするかのどちらか。

f:id:jundrive3:20170328091024j:image

↑ONの状態です。

f:id:jundrive3:20170328091043j:image

↑OFFの状態です。

この「CRUNCH(クランチ)」ボタンを押すか押さないかで、「JCM2000」のクリーンの音色が変わると考えています。(ONだとボリュームが上がるのでセッティングに注意)

CRUNCH OFF」のセッティングのクリーンは真空管らしい温かみのある音でいいのですが、音がバンドでは埋もれがち。

CRUNCH ON」のセッティングは、音が前に出ていいのですが、好みの問題もありますが、音が極端に硬くなり金属音が目立ち、ゆったりとした曲に合わない気がしました。

クリーンチャンネルでアンプのイコライザを調整してもいいのですが、間奏で歪み系ディストーションを使うことと、そのまま他の違う曲もすぐ弾くこともあったため、アンプはできるだけフラットに近いイコライジングで行こうと決めました。(presenceは0で、あとは10時ぐらい)

 

【色々なエフェクターを試す】

次に、音抜けをよくするためBOSSの「SD1」を使ってみたり、クリーンブースター(micro ampなど)を使って色々試したものの、どうも納得いかない音が続き、やはりアンプのそのままのクリーンで弾こうかと諦めていたところ、問題点を解決してくれたのが普段使っているBOSSの「ST2」でした。 

 

f:id:jundrive3:20170328092013j:image

 

 このBOSSの「ST2」はアンプライクと言われるディストーションで、マーシャルサウンドが出るエフェクターです。意外にも、このペダルが理想の音を出しくれました。

 

自分はアンプの歪みよりもエフェクターで歪みを作るタイプで、このBOSS「ST2」をマーシャルJCM2000の「CRUNCH ON」にして使うことが多いです。

理由としては、マーシャルJCM2000はヘッドアンプに個体差があり、エフェクターだと安定して同じサウンドを出せるので、あえてエフェクターを使用して弾いてます。普段はスタジオにあるアンプを使用しており、物によってはマーシャルアンプの歪みが良いものもありますが、安定といった意味でエフェクターを選択してます。

(アンプ直は音抜けや迫力の観点では良いかもしれませんが、バンド全体を考えるとボーカルの邪魔することもあるので、今回はあくまでも曲の雰囲気と音量バランスを保ったままギターの音抜けと存在感を出す工夫という観点で試行錯誤してます)

 

【ギターボリュームを使ってコントロールする】

さて、このBOSS「ST2」によって問題点を解決した使い方は、エフェクターを常にONにして、ギター側のボリュームを絞り(PRSでは2〜3あたり)クリーントーンを作ることで解決しました。

 

f:id:jundrive3:20170328093144j:image

 

 BOSSの「ST2」の特性として、ギターボリュームのコントロールの反応の良さに初めて気づいたことです。

不思議とギターボリュームを絞ると歪みからクリーントーンに変わっていきます。その弾いた時の音のバランスの良さとアンプのクリーンでは出ない艶やかさがある音がでました。このBOSS「ST2」をアンプで使うメリットはサウンドのバランス(ベース・ミドル・トレブル)が良いことだと思ってます。マーシャルアンプのドンシャリな歪みを整えてくれるという感覚でしょうか。

この方法によって、問題点のトレブルが強調のキンキンサウンドではなく、艶やかな弾きやすいクリーントーンに変化しました。

 

【演奏でのゲインコントロール

はじめはギターボリュームを2〜3ぐらいに絞って弾きはじめます。

f:id:jundrive3:20170329224912j:image

間奏時の歪みに切り替える時はギターボリュームをフルテン(MAX10)に上げて、ディストーションへ。

f:id:jundrive3:20170329225208j:image 

そして、またクリーンにする時はギターボリュームをま2〜3ぐらい(4〜5だとクランチ気味になる)へ歪みをコントロールして弾くということで解決できました。

f:id:jundrive3:20170329225229j:image

演奏中のコントロールは多少慣れが必要ですが、元々サウンドが歪んでいるので、自然に歪みとクリーンを調整できます。

手元が忙しく間に合わない場合は、ハイインピーダンスのボリュームペダルを使ってゲインコントロールする方法もいいかなと思います(こちらも足で加減する練習は必要)

f:id:jundrive3:20170329225352j:image

 

そして、最後のクリーントーンの存在感を出す工夫については次回書きたいと思います。

 

 

クリーントーンの音作りを考える①

こんにちは。

 

今回は「クリーントーンの音作り」について書きたいと思います。

f:id:jundrive3:20170327181216j:image 

個人的には、歪み系のゲインが高めのオーバードライブやディストーションなどでギャンギャン弾いているのが好きなのですが、やはり音楽は様々なジャンルがあり、バンドアンサンブルでは繊細なアルペジオやコード弾き、カッティングなどクリーンな音でギターを弾くことも当然出てきます。

 

そこで、今回は実際、バンドでクリーントーンで弾く機会があったので、試行錯誤をしてみた作り方や機材を書いてみたいと思います。

 

【今回のバンドでの演奏曲】

クリーントーンで弾いた曲は、Superflyの「愛を込めて花束を」です。

 f:id:jundrive3:20170329225823j:image

すごく心に染みるというか、深く聴き入ってしまう曲で、バンドでギターを弾いている時もすごく気持ちがいい曲でした。(コード進行がすごくいい)

 

さて、この「愛を込めて花束を」では、ギターパートが2つあって、アルペジオかコード弾きに分かれますが、どちらにせよクリーントーン(もしくはクランチで少し歪ませる程度)です。間奏はディストーションなどで歪せたサウンドが必要なので「クリーン」と「歪み」のサウンドの切り替えをすることが必要となってきます。

 

クリーントーンについて考える】

まだ、エフェクターやアンプなどの機材を詳しく知らなかった時は、アンプをクリーン(歪ませない音)にして、歪ませる時は歪み系エフェクターを踏んで弾いていましたが、アンプの特性や歪み系エフェクターを知れば知る程、クリーントーンにも一段と深く考えるようになりました。

と、言うのも1人でギターを弾いている時には、アンプのクリーン設定で問題ないのですが、バンドアンサンブルでベースやドラムが入ってくると、アンプのクリーンだけでは音が前に出てこず、かき消されてしまい、ギターの音が聴こえないことがしばしば。(立っている位置がアンプに近すぎると音が聞こえないこともありますが)

こういった経験をして、クリーントーンは果たしてアンプで出すのがベストなのかと考えるようになりました。

 

クリーントーンで困ったこと】

実際、その曲の音源を聴くと、歌がメインだとほとんどギターの音は聞こえないので、なんとなくバンドでもギター弾いているなぁ程度でも問題ないと言えばないですが、やはり弾き手としては、いくらバンドでも自分の弾く音(コード感)をしっかり出したい。単純に音を大きくするのではなく、バンド全体の音量バランスを保ったままギターの存在感を出しながらも、バンド内でギターの音を活かす「音作り」や「方法」がないかと試行錯誤するようになりました。

 

以下、問題点のまとめです。

【自分がクリーンの音で気になったこと※Masrall JCM 2000使用時】

①クリーンと歪みの切り替えの時にディストーションなどのエフェクターで切り替えると不自然

②クリーンの音がキンキンして、弾きずらい

③アンプのクリーン音に存在感がなくバンドでギターの音が目立たない

 

この3つを解消すべく、 クリーントーンの音作りの方法を調べては、スタジオに行って試したことを次回「クリーントーンの音作りを考える②」で書きたいと思います。

 

BOSS DA2 レビュー

こんにちは。

今回はBOSS「DA2」について書きたいと思います。この機種は2013年に登場しましたが、すでに生産完了となってしまったモデルです。ふと気になって使ってみたのでご紹介したいと思います。

 

f:id:jundrive3:20161120215507j:image

 

 【BOSS DA2について】

Rolandのデジタルテクノロジー「MDP」を搭載したデジタルディストーションです。繊細なクランチサウンドからハイゲインディストーションまで幅広く設定でき、アタック感や図太さがどの音域フレーズでも損なわれないのが最大の特徴だそうです。ピッキングの強弱や、ギターの違いなどにもセンシティブに反応し、低域がブーミーにならないこと、コード弾き時の濁りが少ないことがポイントの歪みエフェクターになります。

 

【デジタルの歪み系のメリットとは?】

ツマミ操作を行うと一見アナログ同様、音が作れるように見えていますが、中身的に複数のパラメーターが動いており、それぞれ異なる音域をコントロールして、ツマミがどの位置にあっても使える音になるのがデジタル歪み系のメリットだそうです。つまり、どんなアンプや環境でも音作りがしやすいことがメリットです。デメリットは、消費電力が多いことですが、パワーサプライやACアダプターを使えば問題ないと思います。

 

 【BOSS DA2 歪みの感想】

購入した当初は家にあるRolandmicro cube」で試してみました。

歪みの感想としては、普通にイイ感じに歪むディストーションの印象。ギターも弾きにくくならず、扱いやすい感じがしました。歪みのツマミ「DIST」を13時以降に回すと急激に歪みが増してきます。この辺が「DA2」の歪み方の特徴に思えます。デジタルエフェクターならではでしょうか、歪みが今まで感じたことがない「ギャンギャン」もしくは「ギャリンギャリン」した歪み方をします。LOWが12時だと若干ボワッと低域が出てるので、10時ぐらいに絞っています。

HIGHは13時ぐらいですが、こちらは使用するアンプで12時を基本として調整すればいいかなと思います。ご参考までに。

 

f:id:jundrive3:20161226164845j:image

 

演奏で感じたことはオルタネイトピッキングをした時のアップした時の音の反応がいいかなと思いました。

 

次に、実際スタジオにBOSS「DA2」を試しに行きました。

今回は自分がいつもよく使うMarshallの「JCM2000」で試しました。

〈簡単なセッティング〉

エレキギター(PRS)→DA2→JCM2000(classical channel / crunchセッティング)

〈アンプのイコライジング

presence=0 

treble=3(9時ぐらい)

middle=3(9時ぐらい)

bass=3(9時ぐらい)

level=3(ドラムの音量と合わせる)

gain=2〜3(歪み具合を見て決める)

 

BOSS「DA2」は、ややドンシャリよりの歪みエフェクターなので、Marshall「JCM2000」を使用する時は、イコライジングを控えめにセッティングしています。(JC120はイコライジング全て12時で問題なし)

 

※歪みエフェクターを「JCM2000」で使用する時は、classical channelのクリーンセッティングで、crunch(クランチ)をONにして使用しています。

 

さて、セッティング後、実際にライブ本番の音量でBOSS「DA2」を弾いてみました。

Rolandmicro cube」と比べて、気付いたことは「歪みの音質が柔らかい」と感じました。

Marshallの「JCM2000」のクランチセッティングにしたクリーンの音は、マーシャルならではの「ガッキーン!」とした硬いガラス音質ですが、これにBOSS「DA2」を使用すると、不思議なことに「歪み」や「音」が柔らかくなりました。音を聴いていて、角が取れたような音質なので、耳に優しい感じがしますが、コードを弾いたときの分離感がしっかりしているので、歪んでいても音が聞き取りやすいです。アンプの音量を上げれ上げるほど艶やかな歪みをしますが、音質が柔らかいので、他の楽器パートに馴染み過ぎることもあります。個人的にはMXRのクリーンブースター「micro amp」を「DA2」の後段で使用するとハリが出て良いかなと思います。

 

f:id:jundrive3:20161226163400j:image

 

ギターのボリュームの反応もいいので、しっかり絞ってキランとしたアルペジオから5、6弦を使ったリフも弾けます。

キャラクターとしては、極端に言えばドンシャリよりのソフトなディストーションといった印象です。

  

【DA2まとめ】

今回、BOSSの「DA2」を試してみて思ったことは「使いやすいデジタルディストーション」だと思います。音が柔らいという印象は、個々の好みで評価が変わってくるのかと思いますが、「DA2」の良さとして「ノイズが少ない」「ギターボリュームの反応の良さ」「弾きやすい」MarshallやJC120どちらを使っても「イイ感じの音が簡単に出る」という点です。

さらに良い点は歪ませているのに「コード感が潰れず、ちゃんとニュアンスが出る」ところ。実際のステージでも何度も使用してますがしっかり弾ける。しっかり音が出る。バランスがよく、ハッキリ音を出したい時に期待に応えてくれる。ここが個人的には気にいってます。

コレ1台あれば、とりあえず良い感じの音が出る歪みペダルです。

 Marshallなど、音が固くて苦手意識がある方は、DA2の歪みで弾くのもいいかなと思います。

また、使い勝手が良い同じBOSSの「ST2」や後継機とされる「DS1X」とも比べてみたいと思いますが、生産完了したのが勿体ないと言えるペダルと思いました。歪み系のエフェクターは何十個も試しましたが、なかなか新しい感覚のペダルだと思います。

 

特にエフェクターのメーカーや歪みの音質にこだわっておらず、「エフェクターで良い歪みの音が作れない…」などといった悩みはがある場合は、このBOSS「DA2」を使用すると、音作りやエフェクターの選択に悩む時間が減るのではと個人には思います。現在(※2016)は、主に店舗在庫か中古でしか購入できませんが、1万円前後です。高価なクセのあるエフェクターが使いこなせなかったり、深く歪んでいるのにハッキリした音で弾きたい、歪みエフェクターが欲しいけど、何を買っていいかわからない時は、BOSSの「DA2」を一度、試してみてはいかがてしょうか。

多少マニアックなペダルになるかもしれませんが、この歪みを参考に、自分の好みの歪みを探してゆくのもいいかなと思います。

 

MESA THROTTLE BOX(スロットルボックス)レビュー

こんにちは。

今回は、ハイゲインディストーション「MESA THROTTLE BOX(スロットルボックス)」について書きたいと思います。

 f:id:jundrive3:20160927225348j:image

MESAと言えば、アンプの「Mesa/Boogie(メサブギー)」を思い描きます。

そのメーカーから出ているハイゲインディストーションを買ってみました。

 

特に「このペダルがほしい!」というわワケでもなく「激しいディストーションがほしい!」といワケでもなく、見た目がカッコよかったのでついお買い上げしてみました^^;

 

相変わらず、オークションでエフェクターを売って数を減らしても新しいペダルに興味が湧いてしまう、エフェクターはなんとも困った存在ではあります。

 

自分はエフェクターの見た目に(特にブラック系)弱いという弱点がありますね^^;

 

さて、この「MESA THROTTLE BOX(スロットルボックス)ですが、一応、YouTubeや購入した方のレビュー調べていたのですが、正直、印象はあまり良くないです。(このペダルを愛用してる方スミマセン)

 

調べた中で欠点が2つほどに気になっていました。

 

1つ目は、ハイゲインなのに音がフワとしている。どちらかと言えば他のペダル、例えばBOSSのMT2(メタルゾーン)の方が良いなど。

 

2つ目は、明らかにメタル向きのペダルなのに5、6弦を使用したリフがぼやんぼやん。つまり、ボヤけるというウワサ。

 

良い点は、ミッドカットやゲインの強さを変えるミニスイッチがあり、音作りの幅が広い。また、ハイゲインですが、ギターのボリュームコントロールの反応が良く、絞ればクリーンにもできるという点です。

 

この2点を踏まえて、試奏してみたのですが、試奏した時によくわからない(5150かな?)コンボアンプとよくわからないボロボロのギターで試したのですが、正直果たして良いのか悪いのか分からず、むしろこのギターとアンプが気になってしまって、ちゃんとこの「MESA THROTTLE BOX(スロットルボックス)」を見分けられませんでしたが、物は試しで買ってしまいました^^;

 

早速、帰って家のミニアンプ「Roland/microCUBE」のクリーン設定で弾いてみたところ、見事に2つの欠点が出てました(苦笑)

 

低音が出て過ぎていて、確かに5、6弦はボワッとします。そしてゲインを上げないと歪みもジリジリしてて、どちらかと言えばファズよりのペダルかなと感じました。

 

イメージしていたものと失敗したかもと…後悔が頭を過ぎったのですが、メインの歪みでは使えなくてもソロなどのブースターで使えるかもしれないと思い、「MESA THROTTLE BOX(スロットルボックス)」の前段にオーバードライブを色々試しみました。

 

経験上、こういったボワッとするディストーションは低音が出過ぎなので、「中域」を足してあげると音が引き締まることがあります。

試した中で一番組み合わせが良かったものは「TS系」のオーバードライブ。

 

「TS系」のオーバードライブなら大体なんでもいけると思います。(そのTS系のキャラがそのまま出ますが)

例えば、SD1やTS9などスタンダードなものでいけると思います。

自分は「TRAIL/Pocke TS」を前段で試しましたが、「MESA THROTTLE BOX(スロットルボックス)をブーストしてみたトコロ、音が引き締まって良い音になりました。

 

f:id:jundrive3:20160927225429j:image

 

また、BOSSの「GE7」、イコライザーで中域に寄せたセッティングで試したところ、これも音が引き締まりバランスがいい歪みになりました。ミッドブースターを使うのもいいかもしれませんね。

 

f:id:jundrive3:20160927225443j:image

 

この「MESA THROTTLE BOX(スロットルボックス)はTS系と組み合わせて、ブースターとして使った方がいいかもしれません。見た目、歪みの系統がバキッとしてそうですが、質としては柔からかい歪みです。あまりアタック感強めの速弾きなどのテクニカルには不向きかも。個人的な意見ですが、オーソドックスなハードロック的なソロに向いてるかもしれません。

 

アンプのMesa/Boogie(メサブギー)」のイメージとは残念ながら程遠い存在のような気がします。

「Mesa/Boogie(メサブギー)」のアンプを使ってる方だとガッカリするかも^^;

 

自分は「Mesa/Boogie(メサブギー)」ファンではありませんが、シビアにこの「MESA THROTTLE BOX(スロットルボックス)を評価するなら、メインの歪みで買うなら、他のハイゲインディストーションを購入した方がいいと思います。普通のよくあるディストーションと同じペダルかなと言う印象でした。(といって買ってしまいましたが)

 

どうしても使いたいなら、TS系オーバードライブかもしくは中域よりの真空管アンプに組み合わせるといい結果がもしかしたら出るかもしれません。(メサブギーのレクチファイアには合うのかな…)もしかしたら大型スタックアンプで大音量で使えば良いのかもしれませんが、うーん、正直、低音が強調されてボワッとする気はしています^^;

 

個人的には、この「MESA THROTTLE BOX(スロットルボックス)はブースターとして使おうかと思います。しかし、もっと優秀なディストーションはありますが。

ちなみに前段に「OCD」を合わせても「TS系」ほどではないですが、悪くはありませんでした。

 

逆に「MESA THROTTLE BOX(スロットルボックスの良いトコロは、ボリュームコントロールが効くところと、ノイズが少なめなのでその辺は良いかなと思います。あと、ペダルに高さがあるのでガッシリ踏みやすい。オマケとしてはボートに入っていると「ちょっとカッコいい(笑)」。

 

しかし、自分自身ハイゲインディストーションペダルはいくつか持っていますが、ハイゲインを(安く)買うならBOSSの「ML2(メタルコア)」が絶対オススメ。バリバリにメインの歪みになります&JC120にもバッチリ。

 

5、6弦ハッキリ出るものでは、「RAT2」や「Box of Metal」が良いと思います。

 

メサブギーファンのためオプション的なペダルなのかな。名前に踊らせれないようにしたいと思いました。

 

以上、「MESA THROTTLE BOX(スロットルボックス)のレビューでした。

付点8分ディレイで幻想的なサウンド

こんにちは。

今回は、ディレイを使っていて面白いサウンド「付点8分ディレイ」について書きたいと思います。
 

【付点8分ディレイとは?】

この「付点8分ディレイ」とは、「空間系エフェクター」の中で音をずらすことができる「ディレイ」を使って出すサウンドです。
付点8分とは、リズム符のことで4分の3拍(1/2+1/4拍)の長さで、よく付点8符音符+16分音符がくっついたフレーズをよく譜面で見かけます。「タン〜タ、タン〜タ♬」みたいなリズムのことを言います。
その「付点8分」のリズムをギターのピッキングではなく、エフェクターのディレイペダルを使って音をずらすという感じでしょうか。
 

【付点8分ディレイを使ったフレーズ曲とセッティングの試行錯誤】

 実際に「付点8分ディレイ」を使って、弾いた曲があるのでご紹介したいと思います。
B'zの「恋心」のイントロがまさに「付点8分ディレイ」を使っているフレーズでした。
はじめタブ譜を見た時に「簡単なフレーズだな」と思いましたが、音源を聴いてみると
「テッテテケテケテケ〜」みたいなサウンドが聴こえてきました。
はじめにクリーンサウンドでタブ譜通りに単音にディレイをかけて弾いてみると、まったく音源みたいにならず。
タブ譜を見る限り、ギター2本だったので1本しかないのでそのせいもあるのかなと、なんとなく深めにディレイをセッティングして、ルーパーを使って音を重ねてみましたが…これも音源通りにいかない。その他、弾き方やタブ譜の音が間違えているのかと色々探しましたが、全く原因が分からず。
仕方なく詳しい方に聞いてみたところ、ディレイのセッティングが「付点8分」のリズムに合わせてないことがわかりました。
B'zの曲はよく難しいと言われますが、エフェクターのセッティングもやはり一筋縄ではいかないもの。B'zの「恋心」を弾くなら「ディレイペダル」は必須です。
 

【使用したディレイペダル】

 

それではB'zの「恋心」で実際に使用したディレイペダルを紹介したいと思います。
付点ディレイは大体どんなディレイペダルでも大体セッティングできると思いますが、今回は自分が持っていたペダル「BOSS」の「DD7(デジタルディレイ)」を使用しました。アナログディレイでも付点ディレイはセッティングできますが、サウンドの違いがあるので、アナログかデジタルかはお好みで選べばいいと思います。デジタルディレイの方がディレイ音がハッキリしているので、B'zで使用するならデジタルディレイの方をおすすめしておきます。
その他に「歪みが多いオーバードライブ」や「ディストーション」を併用して弾いています。
 
 
【付点ディレイのセッティング】

BOSSの「DD7(デジタルディレイ)」を使用して、付点ディレイのセッティングを紹介します。

 

f:id:jundrive3:20160904225846j:plain

 

・E.LEVEL=3時くらい

・F.BACK=10時くらい

・D.TIME=11時くらい

・MODE=800ms

になります。

 

 

BOSS「DD7」においてのコツは、MODEの800msが重要です。

このMODE800msが「付点8分ディレイ」のセッティングになります。

・800msに合わせてペダルを長押しすると、赤いランプが緑のランプに変わります→点滅するのがテンポ(曲の速さ)になるので、足でリズムを踏んでテンポを合わせる→合わせた後にペダルを踏めば付点8分のディレイセッティングができます。(長押しをしないと通常の800msのディレイになります)

 

テンポなどは実際のバンド演奏と合わせながら、調整していけばいいと思います。

B'zの「恋心」のテンポは120ぐらいだったと思います。

正確な音源のテンポでディレイをかけたい場合は同じ「BOSS」の「DD20」を使用すれば、細かなセッティングができますので、そちらを使ってもいいかもしれません。

 

 

【恋心のイントロを一人で弾く場合】

 はじめに書いたように、B'zの「恋心」はギター2本ですが、1人で弾く場合は音の重なりが減って、雰囲気が上手く出せないことがあります。
そんな時は、弾いた音を録音させて再生させる「ルーパー」を使ってもいいですが、スイッチを押すタイミングが難しいと思います。
自分が実際、弾いたときはタブ譜通りではなく、YouTubeで他のバンドがB'zの「恋心」を弾いていたフレーズを耳コピできる方に譜面におこして頂いたフレーズを弾きました。(写真参考)
このフレーズを単音で弾いて、付点ディレイをかけるとB'zの恋心のイントロ風になります。一人で弾く場合はアレンジしてしまうのもアリです。
 

f:id:jundrive3:20160904230350j:plain

 
 
また、弾き方のコツは、軽くブリッジミュートして弾くと良い感じになります。

【付点8分ディレイに挑戦してみよう】

演奏後、この付点ディレイサウンドが気にいってしまったので、いつでもセッティングできるようにシールを貼っています。
この付点ディレイで有名なのは「U2」のギタリスト「ジ・エッジ」が、よく使っている印象が自分は強いですが、このサウンドは幻想的で音が広がってゆく心を揺さぶるサウンドが特徴だと思います。
 
一度、「付点8符ディレイ」のセッティングのコツを覚えるとディレイペダルの使いこなし方も上手くなるので、ぜひぜひトライして見てください。
 

最近のエフェクターボード②

こんちには。

今回はミニライブで「Michael Schenker(マイケルシェンカー)」の「Armed and ready」を弾いた時の機材を紹介したいと思います。

 

それでは早速、

エフェクターボードの紹介を簡単にしていきます。

 

f:id:jundrive3:20160823085256j:plain

 

〈セッティング〉

エレキギター(PRS)→エフェクターボード→アンプ(Marshall JCM 2000+JC-120)

Marshall JCM 2000はクランチチャンネル(CLASSIC GAIN /CHANNEL A / CRUNCH)使用。

※JC-120はパッチケーブルを使ってチャンネルリンク。

※出力をブレンドするエフェクターを使ってMarshall JCM 2000とJC-120を同時出力しました。

 

エフェクターボードの内容です。今回は5個使用しました。

(上から繋いだ順番)

 

1,「Rockett Pedals JRAD Archer」(オーバードライブ)

2,「BOSS ML2」(ハイゲインディストーション

3,「Purple Humper/one control」(ミッドブースター)

4,「Memory Toy/ Electro-Harmonix」(アナログディレイ)

5,「Switchblade/ Electro-Harmonix」(AB BOX)

 

とBOSSのACアダプターを使って、すべて直列。

 

f:id:jundrive3:20160812214658j:plainf:id:jundrive3:20160823091004j:plain

 

 

では、各エフェクターのセッティングと効果についてです。

 

1,「Rockett Pedals JRAD Archer」(オーバードライブ)

→このペダルは結果的には使いませんでした。「ML2」はドンシャリ系のサウンドで「Marshall JCM 2000」はともかく「JC-120」だと結構、突き刺さるようなカドが強いサウンドだったので 「Archer」をONにすると多少丸くなったので使おうかなと思いましたが、本番のサウンドチェックで「ML2」のみで充分良かったので、本番では使いませんでした。どちらかと言えば「Archer」はバッファー効果で少しでも音が良くなるかな?的な感じで実験的に使ってみました。効果はよくわからなかったですが、少しでも音が良くなっているといいな〜と「おまじない的な(?)」使い方でした

 

2,「BOSS /ML2」(ハイゲインディストーション

→「ML2」はメインの歪みエフェクターで今回はエフェクターで歪みを使いました。「Marshall JCM 2000」と「JC-120」でほぼ同じサウンドが出たので、エフェクターで歪みを作るメリットはどのアンプや環境でも歪みが安定していて、音作りがしやすいといった感じでしょうか。エフェクター側のLEVELは11時ぐらいがアンプと同じ音量。ハイゲイン系のエフェクターは音が埋もれやすいので、アンプの音量よりやや上にLEVELを設定するといいかなと思います。常にエフェクターはON。

 

3,「Purple Humper/one control」(ミッドブースター)

→これは「ML2」の後段につないでミッドブースターとして使いました。「ML2」はドンシャリなので「中域(ミドル)」がやや不足します。そこで「Purple Humper」を使って「中域」を足して弾きやすくしました。これは結構、効果がありました。

元々、「Michael Schenker(マイケルシェンカー)」はワウペダルを半止めして「中域」を上げてソロなど弾くギタリストなので、これと同じようなサウンド&効果が出たと思います。「Purple Humper」を選んだのは、見た目がキレイだったのもありますが、手軽なミットブースターとしては「Purple Humper」はとてもいいのではと思います。本番使用時は「9時」ぐらいのレベル。12時まで上げると音量が出てくるので、今回はほんの少しだけ「中域」をあげてカラッとしたサウンドにしました。常にエフェクターはON。

 

4,「Memory Toy/ Electro-Harmonix」(アナログディレイ)

→こちらはエレハモのアナログディレイ。こういった通常で使うディレイは「Memory Toy」をよくボードに入れて使うことが多いです。デジタルディレイと違って、アナログディレイは自然なディレイがかかるので、ディレイをかけて弾いていても気にならない、またはサウンドに馴染みやすいのが良い点かなと思います。個人的に空間系エフェクターは必需品で、少しディレイがかかったサウンドが好みでよく使います。
モジュレーションもかけられますが、これはOFF。ツマミが動きやすいので、ガムテープで固定してしまいましたが、少しディレイがかかるようなセッティングにしてあります。バンド演奏やステージ環境ではディレイが聞こえにくくなるので、本番時にサウンドチェックでやや強めにかけることもあります。
 

5,「Switchblade/ Electro-Harmonix」(AB BOX)

→これは、「Marshall JCM 2000」と「JC-120」のアンプを2台同時に出力するために使ったエフェクターですが、説明が長くなりそうなのでまたの機会にしたいと思います。これ1台あると便利なことは間違いないです。
 
 
と、以上、各エフェクターのセッティングと効果について書いてみましたが、
「Michael Schenker(マイケルシェンカー)」を弾く時には、少しでも参考になれば幸いです。

JC対策について考える⑤

こんにちは。

今回は「JC対策について考える⑤」です。

 

今回は、実際に「JC-120」を使用して、演奏したエフェクターボードを簡単にご紹介したいと思います。

 

ついこの間、エレキギターをミニライブで弾かせて頂く機会があったので、「JC対策」の実践という「裏ミッション」も個人的にかねて弾いてきました。

 

今回はあまり練習する時間がとれなかったので、普段練習している曲の「Michael Schenker(マイケルシェンカー)」の「Armed and ready」を選曲。

バンドを組んでる時間もないので、ギターカラオケのCDを流して演奏しました^^;

PAさん付き)

 

この曲は、最初から最後まで引き続ける5、6弦を使う高速リフが特徴で、

カッコイイですよね。

個人的には、こういった高速リフ系が好きなので楽しく弾かせてもらいました。

(結構テンポ速くて大変だったけど)

 

さて、この高速リフを弾くにあたって、音作りといえば「ハイゲインサウンド」。

ディストーションを使う方向になります。

「Michael Schenker(マイケルシェンカー)」が使っているアンプは「Marshall JCM 900」だったような気がしますが、以前、雑誌で足下のエフェクター類を見たら「ワウペダル」と「TS9」が2個と「DD7(DD3かも)」を使用していました。

 

恐らく「Marshall JCM 900」をリードチャンネルでハイゲインにしつつ、「ワウペダル」の半止めや「TS9」を使って「中域」をコントロールしてシャキッとして中域的なサウンドにしているのではと勝手に憶測していますが、今回、自分が弾いたセッティングでは「Marshall JCM 2000」と「JC-120」を同時に出力することもしたかったので、TS系のオーバードライブではなく、あえてハイゲインディストーションを選びました。

 

「Marshall JCM 2000(真空管アンプ)」のリードチャンネルでしか出せなかったと言われるハイゲインサウンドを簡単に再現したのが、今回のエフェクターボードにも入っている最近、お気に入りのBOSSの「ML2」を選択。

 

f:id:jundrive3:20160812214658j:plain

 

実際演奏した時のセッティングを簡単に。

 エレキギター(PRS)→エフェクターボード→アンプ(JC-120+Marshall JCM 2000)

※JC-120はチャンネル1と2をパッチケーブルで繋ぐ。

 

 エフェクターボードの内訳としまして、今回は5個使用しました。

(上から順番)

 

1,「Rockett Pedals JRAD Archer」(オーバードライブ)

2,「BOSS ML2」(ハイゲインディストーション

3,「Purple Humper/one control」(ミッドブースター)

4,「Memory Toy/ Electro-Harmonix」(アナログディレイ)

5,「Switchblade/ Electro-Harmonix」(ABBOX)

 

以上がエフェクターボードの構成になりますが、

今回は「JC対策」の「歪み」においてなので、その他のエフェクターの細かいセッティングはまたの機会に書きたいと思います。

 

メインで使用したBOSS「 ML2」をさらに上手く使うには一つだけポイントがあります。

これはBOSSの公式エフェクター本にも書いてありますが、高速リフ時はそのままでもいいですが、ソロ時に「 ML2」に「中域を足す」と弾きやすくなります。

「ML2」は基本ドンシャリサウンド(低域と高域)なので、間の「中域」を入れることで音が抜けてきて良い感じに。

同じBOSSの「GE7」でもいいですが、自分は「Purple Humper/one control」(ミッドブースター)を組み合わせました。

これで「Michael Schenker」がやっているワウの半止め効果に似たようなサウンドを狙ってみました^^

 

「JC対策」面では「チャンネルリンク(音圧)」+「歪み系エフェクター(ハイゲインサウンド)」+「ミッドブースター」を使う感じでしょうか。

 

演奏後、

緊張が解放されたあまり若干テンパってましたが、客席で聴いていた仲間が演奏もさることながら中域が出てて良い音だったよ」と言われました^^;

打ち上げでも他の方からも「良い音だった」と言われまくりで動揺しました^^;

 

「Michael Schenker」の「Armed and ready」のサウンドにピッタリだと言われて、より狙ったサウンドが作れるようになってきたのかなと感じました^^

 

「良い音だった」と言われることは、エレキギターを弾く人にとって最高に嬉しい褒め言葉ですね!(笑)

 

「JC-120」を使って、こういったハードロック系の高速リフ系サウンドにはBOSSの「ML2」などメタル系ハイゲインディストーションがベストではと思います。

 

「ML2」を実際の演奏で使ってみて、「Marshall JCM 2000」でも「JC-120」でも同じサウンドが出るのは使い勝手が非常に良かったです。ペダルで歪みを作るので、スタジオ環境変わっても、歪みに安定感があるのもGOODでした。

 

今回のミニライブで「JC対策」の「カッコイイ歪み=良い音」として、ちゃんと実証できたと思います。

BOSS「ML2」を他のエフェクターで+αはしていますが、基本的に「JC-120」を元に設計されている「BOSS」のエフェクターで「JC対策」は充分なのでは?と思います。

 

また、演奏曲に対しての「的確なエフェクターを選ぶこと」も「JC対策」に含まれるのではと思いました。

 

今後も色々楽しみながら試していきたいと思います^^