エフェクターノート

エフェクターや機材で理想のサウンドを追求していく試行錯誤型の実体験ブログです。

はじめて買ったエフェクター

今日は初めて買ったエフェクターを思い出して、書きたいと思います。

自分がはじめて買ったエフェクターはBOSSの「DS1ディストーションです。
当時、まだギターを習って約2年ぐらい。バンドを初めて組んだ時、BonJoviのLivin' On A Playerを弾く時に買いました。
BonJoviはハードロックで、まだその頃はMarshallアンプにレスポールを直接差して、Lead(?)チャンネルにして弾けばそれなりの音が出るっしょ!って感じですごく適当なセッティングで弾いてました(笑)
しかしながら、バンド練習を進めるにあたってスタジオで困ったことがでてきました。
スタジオによく置いてあるRolandの「JC-120」(通称ジャズコと呼ぶらしい)しか置いてないスタジオで練習した時のこと。
いつもの様にギターをそのままアンプに差してみると、「歪んだ音が出ない…(冷や汗)」。
いつもと音が違うのに気づくバンドメンバーの方達と視線。とりあえず、JC120についているDistortionのノブを上げてみるもののクランチ(軽く歪んだ音)ぐらいの音しか出ず。また自分のギター経験の少なさと、上手く弾けないのも兼ねて、そのバンド練習は正直ツライ練習になってしまいました。(苦笑)
そこで当時、色々調べた結果JC120は歪まないクリーンなアンプだということか分かり、エフェクターが必要だと気づいたワケです。
早速、エフェクターを買いに行こう!と思ったのですが、まず何を買ったらいのがわからず、また色々とネットで検索。
すると、BOSSと言うメーカーの「BD2(ブルースドライバー)」がどうもオススメらしいと言うことで、コレにしようかと思ったのですが、BD2はオーバードライブなので、より激しいサウンドを求める場合はディストーションがなんたらかんたら…。
結局、よくわからなくなってしまいBD2を楽器店に買いに行ったんですが、まだよくわからないモノに10000円くらい出すのもなぁと思い、中古であればと思った矢先、オレンジ色の「DS1」を発見。ホントはBD2が良かったけれど(青色が好きだったので)、ハードロックだからディストーションでもいけるっしょ!と、はたまた安易な考えで購入決定。
ドキドキしながら店員さんに「コレください」と言ったら、レジじゃなくてアンプコーナーに連れて行かれ、試奏をすることに…。今はエフェクターを買う時は、試奏をするようにはしてますが、当時は簡単なコードとパワーコードぐらいしか弾けないし、見ず知らずの人前で弾くのも恥ずかしくて固まってたことを思い出します。(緊張しいなので)
とりあえず、小さな音でササッっと弾いて、音もほぼチェックせず「コレください(2回目)」と無事「DS1」を購入。
ハラハラしながら初めてエフェクターを手に入れたのでした。
めでたしめでたし。
次回は、実際に「DS1」を使ってみたことを書いてみようと思います。