エフェクターノート

エフェクターや機材で理想のサウンドを追求していく試行錯誤型の実体験ブログです。

エフェクターってなにモノ?

 こんにちは。

今日は、エフェクターってなにモノ?について書きたいと思います。
「はじめて買ったエフェクター」にも書きましたが、BOSSの「DS1」を買った後に、気づいたことを書きたいと思います。
当たり前のことを書くと思いますが「エフェクターってなに?」「どういうものなの?」と買ったばかりの時にわからないことばかりだったので、ザックリと簡単に書いてみることにしました。
 
まずは、

エフェクターは電池がないと動かないモノ」

そのままシールドを差しても音が出てくるなんてことはありません(出たらスゴイけど)当たり前ですが、エレキギターもアンプも電源がないと音が出ないものです。

さらに、エフェクターエフェクターに電流を入れないと動きません。電池かACアダプター、パワーサプライを使って電流を入れます。
買った当初はよくわからなかったので9Vの電池を入れて使ってました。
 
 f:id:jundrive3:20160503200611j:plain

 次は、

エフェクターは足で踏んで、音を切り替えるモノ」
まだエレキギターを始めたばかりの時は、弾くだけでも精一杯で、いっぱいいっぱいでした。左手はコードチェンジで忙しく、右手は狙った弦を弾くのに集中して…さらに足下で音も変えるの⁉︎∑(゚Д゚)
「ムリ〜…」なんて思ったことがありますが、エフェクターを踏んでクリーンの音から激しい歪み(ひずみ)の音に変わった瞬間は思わずニヤリとしました(笑)
 
最後は、
エフェクターはギターとアンプの間に繋ぐモノ」
当然、エフェクターに電池を入れただけでは音は鳴らないです。
エレキギターエフェクター→アンプの順に繋いで音が出ます。
アンプin←outエフェクターin←エレキギターが実際わかりやすいかもです。
→はシールド(ケーブル)です。
2本必要です。
この順番じゃないと奇跡が起きない限りは音が出ないはずです。
初めてエフェクターを買った時、よくわからないままシールドを試行錯誤で差していましたが、正しい順番で繋げばちゃんと音が鳴る。
これぐらい知っていれば、大体、大丈夫だと思います。
 
f:id:jundrive3:20160503220743j:plain
 
あと、シールドはスタジオに行くことも考え、3mのものがいいと思います。
1mを最初買ったんですが、スタジオ行った時に短すぎました(笑)
動けない&動くとシールドがアンプから抜けてスゴイ音がでますので、ご注意を。抜けてしまったら、アンプの電源をOFFにしてから差した方がいいと思います。電源ONのまま差すと「ボンっ!」と爆発音がするので、マナー的にも気にしながら演奏したいものです。
 
以上、
エフェクターエフェクターなりの基本的な扱い方があるということで、それさえ押さえればあとは同じなので、気軽に楽しくエフェクターを使ってみるといいかなと思います。