エフェクターノート

エフェクターや機材で理想のサウンドを追求していく試行錯誤型の実体験ブログです。

Marshall JCM 2000のリードチャンネル編

こんにちは。

今日は、Marshall JCM 2000(DSL)のリードチャンネルを使ったことを書きたいと思います。
 
Marshall JCM 2000(真空管アンプ)の特徴として、アンプ自体でハイゲインディストーションが出せるチャンネルが「リードチャンネル(正しくはULTRA GAIN/CHANNEL B)」になります。
 
このリードチャンネルには、音が切り替えできるモードボタンが1つあります。「LEAD1」と「LEAD2」です。このボタンは、簡単に言えば、クリーンチャンネル(正しくはCLASSIC GAIN/CHANNEL A)で「CLEAN」と「CRUNCH」を押すか押さないかと同じ様な効果で、ONにすれば(押せば)音が大きくなる+音にハリが出てアタック感が強くなる感じになります。また、歪み(GAIN)も上がるので、ノイズも多くなります。
 
アンプから出る音は、ギターによって音も変わってくると思います。自分はレスポール(ハムバッカー)が基本好きなので、低音が出る感じでリードチャンネル(ULTRA GAIN/CHANNEL B)+レスポールの組み合わせをよく使ってました。
 
このリードチャンネル(ULTRA GAIN/CHANNEL B)を使うときは、歪みエフェクターを持っていかなくても、ギターから直接シールドをさせば、ハイゲインの音が出るので便利です。
 
ただ、セッティングには少し気を使うような気がします。
「LEAD1」と「LEAD2」のボタンに加え、EQUALISATIONの両サイドにある2つのボタン「DEEP」と「TONE SHIFT」があります。この3つのボタンとEQUALISATIONの4つのノブ「PRESENCE(超高域)」「TREBLE(高域)」「MIDDLE(中域)」「BASS(低域)」で、音作りすることができますが、効果を知っていないと思い描く音に近づけない気がします。
 使いはじめた頃はセッティングや効果がわからなったので、いろいろ戸惑って音作りだけで疲れてしまいました(笑)
 
一番、困ったことはMarshall JCM 2000は高音がキツくて、耳が痛いこと。
主に「PRESENCE(超高域)」「TREBLE(高域)」を、下げてセッティングしていました。使い始めた頃は、PRESENCE(超高域)は0。TREBLE(高域)は2ぐらい。などかなり下げて使っていました。
また「TONE SHIFT」は中域をカットするボタンで、押すと乾いたような、枯れたような音が出ます。個人的には好きな音なのでよくONにして使うこともあります。
 
しかし、一人でギターを弾く時はいいかもしれませんが、バンドアンサブルで他の音が入るとギターの音が聴こえない。「音が抜けてこない」ということが出てきます。
何回も実験してみて思うことは、個人的には「TREBLE(高域)」をあまり下げすぎるとハリがなくなる感じがするので、「TREBLE(高域)」を4〜5ぐらいにしています。
 
音作りは個人個人の好みによって、セッティングは変わると思いますが、自分はとりあえず、EQUALISATIONのPRESENCE(超高域)は0。他、TREBLE、MIDDLE、BASSはすべて5。ULTRA GAIN/CHANNEL BのLEAD1、VOLUMEとGAINは3程度でスタートし、その後、微調整するようにしています。(MIDDLEを4.5に少し下げるのが好きかも)
また、セッティングで音が変わってくるので、色々とリードチャンネル(ULTRA GAIN)での音作りを楽しみながら試していきたいと思います。