エフェクターノート

エフェクターや機材で理想のサウンドを追求していく試行錯誤型の実体験ブログです。

Marshall JCM 2000〜CLEANとCRUNCHの歪みの違い〜

こんにちは。
今日はMarshall JCM 2000のチャンネルによる歪みの違いについて書きたいと思います。
 
Marshall JCM 2000には大まかに分けて2つのチャンネルがあると思いますが、その中でクリーンチャンネル(CLASSIC GAIN)の中にあるCLEAN(以降、クリーンチャンネルと呼んでいる)とCRUNCH(以降、クランチチャンネルと呼んでいる)の2つの歪みの違いと「弾き心地」について書いて行きたいと思います。
※CLEANとCRUNCHはCLASSIC GAINのVOLUMEとGAINのツマミの間にあるボタンでON/OFFができる。
 

f:id:jundrive3:20160521192356j:plain

 
クリーンチャンネル(CLEAN)は、名の通り音がクリーンですが、Marshall JCM 2000のクリーンチャンネルはJC-120と比べて、温かみのあるモフッ(?)としたクリーンかなと自分は弾いてみて感じています。JC-120はパキッとスッキリしてる印象。
 
以前、Marshall JCM 2000の音量について書きましたが、クリーンチャンネル(CLEAN)の約2倍の音量(VOLUME)がクランチチャンネル(CRUNCH)になると何回も検証してみた結果、そう考えるようになりましたが、歪み(GAIN)の方もクリーンチャンネルを使った時より、クランチチャンネルの方が当然ながら歪んでます。(GAINを上げれば、エフェクターなしで充分歪んでいる気がする)
 
自分はあまりアンプに詳しいワケではなく、あくまでも憶測と実際使っていて感じていたことですが、Marshall JCM 2000の特徴の「カキィィーン!」としたガラス音のような音も2倍に強化されていると思います。
アルミ缶からスチール缶みたいなイメージです。固い。(わかりずらい例え。。)
クリーンチャンネルは「カキィィーン!」クランチチャンネルは「ガッキィィーン!」といった感じです(あくまで個人的な感じ方です)
 
また、それぞれのチャンネルで、オーバードライブやディストーションなどの歪みエフェクターを組み合わせた時に感じた感想ですが、クランチチャンネルは歪みエフェクターのキャラクターがなくなるように感じます。
多少の個性はでるものの、どの歪みエフェクター(例えばオーバードライブで比べてみても)を使っても、同じような歪みの音に聞こえます。つまりMarshall JCM 2000のアンプから出る歪みの音。
クランチチャンネル+オーバードライブ系エフェクター=Marshall JCM 2000のリードチャンネル(ULTRA GAIN)(赤いランプ)になってしまう感じでしょうか。
 クランチチャンネル(CRUNCH)では、極端ですが、どんなオーバードライブを使っても、Marshall JCM 2000特有の金属質な歪みの音になるような気がしてます。歪みが固まって聴こえる感じがします。(それが良いか悪いかは別にして)
 
また、クリーンチャンネル(CLEAN)の方で、GAIN高めのオーバードライブやディストーションを使うと、歪みが拡散してバクハツしてる感じに聴こえます。これはこれでカッコイイサウンドだなと思いますが、クランチチャンネルよりも柔らかい印象がです。エフェクターのキャラクターは活きている感じがするので、自分はエフェクターのキャラクターを活かしたい場合は「CLEAN」の方で使う場合があります。
 
簡単にまとめると、
 
クランチチャンネル(CRUNCH)+オーバードライブ=硬くガラス質の歪み。ドン!と突き抜けつくる感じ。
 
クリーンチャンネル(CLEAN)+ディストーション=拡散してギラギラした歪み。バクハツした感じ。
 

f:id:jundrive3:20160523225324j:plain

 
と、こんなイメージでしょうか。
あくまでも自分が感じたことを言葉にして書いてみましたが、他の方が聴いた印象はまた違うかもしれませんが、「CLEAN」と「CRUNCH」の違いで歪みの性質が違うので、音作りで色々と試してみたいと思います。