エフェクターノート

エフェクターや機材で理想のサウンドを追求していく試行錯誤型の実体験ブログです。

メタル系エフェクター「MT2(メタルゾーン)」

こんにちは。

今日はメタル系エフェクターについて書きたいと思います。
 
メタル系エフェクターの特徴といえば、ハイゲインディストーションです。激しい歪みがするエフェクターです。
 
自分はPOP PUNKやHard Rockなど、歪み系の音が好きなのでわりとエフェクターでは好きなジャンルです。
メタル系オンリーではありませんが、メタル系のハイゲインディストーションはカッコイイサウンドなので、パワーコードなのでズンズンしたいは時はよく使います。パワーコード結構好きです。
 
さて、そんな数あるメタル系エフェクター、ハイゲインディストーションの中で自分が買ったペダルをご紹介したいと思います。
BOSSの「MT2(メタルゾーン)」です。
 

f:id:jundrive3:20160605104142p:plain

 
これはかなり知られているペダルです。BOSSの「プロフェッショナルエフェクター・テクニック」という公式本で調べてみました。
このMT2は、1991年の発売以来、爆発的に売れ続けているハイゲイン系ディストーションの代表モデルだそうです。ミニアンプでの小音量でも、ハイゲインな感じがでるエフェクターですが、買った当初は「おおっ!」カッコイイ…。とお家で弾きまくっていました。3バンドのEQがついていますが、最初はよくわからないと思います。HIGHとLOWが一緒のツマミになっています。上がHIGHで高域の調整、下のLOWが低域の調整ができるようになっています。その隣の「MIDDLE」がややこしいですね。上の「MIDDLE」は中域全体で、その下の「MID FREQ」は確かうる覚えで申しワケないのですが、中音域の成分のコントロールができるツマミだったような気がします。詳しいHzなどは説明書に書いてありますが、中域を構成する成分を「濃くする」か「薄くする」かだったような気がします。つまり、薄くすればスカスカの中域、濃くすればギンギンの中域になるということだと思います。この辺は改めて試したいと思います。
 
さて、この「MT2」を実際、スタジオのアンプで弾いてみたことがあるのですが、初めて使ったアンプはMarshallの小さいアンプでした。当時は「MT2」の特徴を全く知らず、「MT2」を歪ませたアンプ+ブースターとして使用してたんですが(今思うとムチャクチャ)、この時の弾いた時の音はすっごいイイ音だったのを覚えています。奇跡的。(またその時の音を作ってみたいですが)また、BOSSのエフェクター本を読んでみたら、プロのバンドのギタリストがチューブアンプでブースターとして使っていたという実録を読んだことがあります。あまり正しい(?)使い方ではないようでしたが、メインの歪みでバリバリ使うのではなく、ブースターとして使うことも少なからずできるということだと思います。
 
「MT2」はハイゲインディストーションですが、「音の伸び」がいいと言う特徴があります。なので、ソロの時にこっそり踏むのも個人的にはアリかなと思っています。ただ、「MT2」をMarshall JCM 2000のクランチチャンネル(CLASSIC GAINのCRUNCH)で使用した時に思ったことですが、「音が細い」と思いました。
バンドアンサンブルや他のパートがいると、音がかき消される可能性があると思いました。
 
そこで「MT2」を実践的に使う方法を考えた時、2つ考えました。
 
・クリーンブースターを使う。
これは「MT2」の前段にクリーンブースター、「RC booster」や「EP booster」など歪まないブースターで音を太くする方法です。「MT2」はセッティングがやや難しいので、上手く行くまでコツがいるかもです。
 
・「MT2」のモディファイ(改造)ペダルを買う
これは音抜けを良くしたり、ノイズレスにしてある改造エフェクターです。keeley Mod.やWEEDなど様々なモディファイペダルがありますが、通常価格より3倍ぐらいの値段になってしまいますが、新たな世界が見えるかもしれません。
 
以上、BOSSの「MT2」について書いてみましたが、使い方は様々だと思います。ある意味、深いペダルなのかもしれません。使い方や改造次第でモンスターになるようなペダルのような気がしています。