エフェクターノート

エフェクターや機材で理想のサウンドを追求していく試行錯誤型の実体験ブログです。

Purple Humper/one control〜謎なエフェクター〜

こんにちは。

今日は「 Purple Humper」というエフェクターについて、書きたいと思います。

この 「Purple Humper」は、今や細長いエフェクターで知れに知れ渡った「one control」から出てるミッドブースターですが、正直「謎なエフェクター」です。

 

f:id:jundrive3:20160529140104j:plain

 

色は、メタリックな紫で見た目はキレイです。重さも軽い方で、たくさん詰め込んだエフェクターボードでも省スペースで収まるというサイズ感のエフェクターです。

 

この「Purple Humper」を買った理由としては、手軽なブースターが欲しかったのですが、このメタリックな紫に見とれてしまい、つい購入。(見た目で選ぶのはあんまりよくないですね…同じ紫メタリックのSuhr(サー)/riot が気になっていた時期でもあります)

そんな理由で買った「Purple Humper」とは使い道で悪戦苦闘することに…使い方がイマイチつかめないペダルです。

 

特徴や使い方は謎だったので、エフェクター雑誌や他のサイトより「Purple Humper」の説明、色々調べていました。参考までに書いておきます。(サウンドハウスより)

「ギターサウンドにいて最も重要とされるミッドブースター。どんな設定でも音が崩れないミッドレンジ・ブースター。ブーストした音とバッファを通過した入力信号をブレンドするコントロールのみで多彩なサウンドメイキングが可能。温かみのあるヴィンテージアンプのような極上のトーンへと変身させることができます。」

 

うーん。極上って。

実際使ってみれば、何かわかるかも知れないと思い、ギター→「Purple Humper」→アンプで、「Purple Humper」単体で使ってみたところ、正直、ちょっとだけなんか音が変わったかな?ぐらいな感じでした。クリーンブースター+αで中域が上がるペダルなので、微妙にですが音が優しくなった印象はありましたが、はっきりとした効果がわからず、同じ「one control」から出ているクリーンブースターの「Granith Grey Booster」の方が良かったかも…買った時、思ってしまいました(笑)

 

しかし、単体ではあまり効果がない時は、他とのエフェクターとの併用で「Purple Humper」の効果がわかるかもしれないと思い、あきらめず色々試してみました。

 

まず、効果が少しわかったのが、「RAT2」(ディストーション)の「前段」に繋げた時です。「RAT2」は結構、歪んだガッチリしたディストーションですが、「RAT2」をRolandの「MICRO CUBE」(自宅用練習ミニアンプ)で繋げて弾くと、ピッキングの感触が「ガッ」っと引っ掛かる感じがしていたトコロ、「Purple Humper」をONにすると微妙な効果ですが、「スルっ」っと弾きやすくなりました。本当に微妙な効果ですが、弾きにくかったディストーションが弾きやすくなった。という効果はあるかなと個人的には感じました。(あんまり重要な効果ではないかもしれませんが)

他にも、歪み系のエフェクターの前段に「Purple Humper」を繋げると、やや柔らかい印象になるような気がします。(写真は試していたエフェクターボード)

 

f:id:jundrive3:20160531224855j:plain

 

次に、「Purple Humper」をミッドブースター的に使うではなく、イコライザ的に中域を足して「Marshall JCM 2000」に使ってみたら、あのキンキンした音が少しは和らぐかもしれないと思い、スタジオで「Marshall JCM 2000」で使ってみましたが、これも微妙な効果ではありますが、ほんのり柔らかい感じなったような気がしました。ただ、「Purple Humper」のツマミを上げすぎると、今度は中域が強調されて、ギンギンして耳が気になってきます。これもなんだか上手く行かず。(まだセッティングやアンプのチャンネルを変えてみる余地はあり)

 

そして、今、「Purple Humper」の使い方でようやく納得している使い方が、ハイゲイン系ディストーションの「後段」に繋いで、ミッドブースターとして使う方法。ツマミを上げすぎると中域特有のモコモコした音が出てくるので、調整は必要ですが、中域がやや不足しているハイゲイン系ディストーションにソロ時に中域をやや上げながら音量も上げる使い方が、今のところしっくりしています。

ちなみに組み合わせは、BOSSの「ML2(メタルコア)」+「Purple Humper」という感じです。激しく尖った音の「ML2」が「Purple Humper」を後段で踏むと、丸く優しい音に変わります。まだ、バンドアンサンブルでは試したことはありませんが、音パートがたくさんある曲のCDをスタジオで流し、音量を合わせて、ソロを弾いて試してみたところ「優しい音だけど一応、音が抜けてくる」という新感覚のソロ用の音作りができました。なんというか、ディストーションなのにオーバードライブみたいなソロになる感じでしょうか。「ML2」が「Purple Humper」で中和される感じでしょうか。

 

さて、色々試してみましたが「Purple Humper」を自分なりに説明するならば「優しい音にするエフェクター」と言った感じでしょうか。まだ、このペダルは使いきれてない気がしますので、また機会を見て試してみたいと思います。未だ「謎なエフェクター」です。

 Purple Humperをみる