エフェクターノート

エフェクターや機材で理想のサウンドを追求していく試行錯誤型の実体験ブログです。

JC-120対策〜RAT2編〜

こんちには。
今日は、Rolandのアンプ「JC-120対策」について書きたいと思います。
 
エフェクターを検索していたりすると、よく「JC-120対策」のキーワードを見かけたりします。これは「JC-120」を「歪ませるためのエフェクター」のことを言ってるのかなと個人的には解釈しています。(まったく違ったらすいません)
 
基本的に「JC-120」は、アンプでは歪まないので、クリーンのみの曲ではいいですが、歪ませる曲は音が出ないので「歪みエフェクター」が必須。
一応、「JC-120」には「DISTORTIONディストーション)」というツマミがありますが、頑張ってもクランチ程度(軽く歪むぐらい)なので、やっぱり「歪みエフェクター」が必要。
 
ということで、「JC-120」対策の「歪みエフェクター」で有効なペダルを探してみたことがあるので、その中の一つを参考に紹介したいと思います。
 
星の数あるエフェクターの中から「JC-120対策」で、良さそうな歪みエフェクターは「RAT2」です。
これはかなり知名度が高いディストーションらしいです。自分はエフェクターの本を見るまで知りませんでした^^;
値段も現行モデルだと、1万円切る程値段が安い方のディストーションなので手に入りやすいと思います。(ビンテージものはかなりお高い)
「JC-120」で、はじめて弾いてみた感想です。最初は半信半疑で楽器店で試奏したんですが、「え。めっちゃイイ…好きな感じだ」と思い、新品なのについ買ってしまいました^^;(中古たくさん売っているのに)
 
ディストーションでも、ガッチリした歪み。低音弦がしっかり出るので、気に入りました。歪ませすぎると「ガォ〜〜!」っと怪獣みたいな音がでます(笑)
後日スタジオでも、お買い上げした「RAT2」を同じく「JC-120」で試しましたが、やっぱりいい感じ。確かにコレがあると便利かも(対策)と思える1台と思いました。
同じディストーションではBOSSの「DS1」と比べると「芯の強さ」みたいな歪みは「RAT2」。「細かくエッジが効いた」歪みはBOSSの「DS1」といった感じです。
 
「Marshall JCM 2000」でも使えるかなと「RAT2」を使ってみましたが、セッティングにもよりますが、高域がより強まる気がするので、どうも「Marshall JCM 2000」との相性はあまりよくない感じに自分は思えました。(個人差があります)
「RAT2」に、関しては「JC-120」との相性がいいかなと思います。
「JC-120」限定ですが、いい感じのディストーションと言ったトコロです。
 
この「RAT2」はブースターにも使えるみたいですが、よくわかっていません(笑)
個人的には、BOSSの「OD3」と相性が良い感じがするので、組み合わせてもいいかなと考えているトコロです。
 
以上、「JC-120対策」で「RAT2」について書いてみました。
まだ「JC120」との相性が良いエフェクターはたくさんあると思うので、いろいろ試していきたいと思います。

RAT2を見る