読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エフェクターノート

エフェクターや機材で理想のサウンドを追求していく試行錯誤型の実体験ブログです。

最近のエフェクターボード①〜歪み系エフェクター編〜

 こんにちは。

今日は最近の「エフェクターボード①〜歪み系エフェクター編〜」を書きたいと思います。
 
最近バンドで使ったエフェクターの組み合わせです。
曲は「B'z/恋心」「ポルノグラフティ/ハネウマライダー」の2曲を弾く前提の組み合わせです。
 
f:id:jundrive3:20160607222223j:plain
 
 
まず、使ったエフェクターの紹介です。
(上から繋いだ順になります)
・Strawberry Red Over Drive / one control (オーバードライブ)
・Pocke TS / TRIAL(オーバードライブ)
・Box of Rock / ZVEX(オーバードライブ/ブースター)
・PS-6(Harmonist)/ BOSS(ピッチシフター)
・Carbon Copy Analog Delay / MXR(アナログディレイ)
 ・DD7 / BOSS(デジタルディレイ)
と、歪み系エフェクター3つとピッチ系エフェクター1つと空間系エフェクター2つの計6
つの構成になりました。(結構多い)
 
使用ギターは「PRS」、使用するアンプは「Marshall JCM 2000」で、チャンネルは「CLASSIC GAIN/CHANNEL BのCRUNCH(クランチ)」でクリーンと歪みの切り替えを目的でエフェクターを使いました。
 
今回は、歪み系エフェクターについて書いていきます。
 
 内訳としては、
まず一つ目の「Strawberry Red Over Drive / one control」は「B'z/恋心」での、メインの歪み。イントロのからエフェクターをONにして使いますが、途中のカッティングの時はエフェクターをOFFにして、アンプのクリーン+ギターボリュームを少し絞ります。あとは、ギターソロもONのままで、+「Box of Rock / ZVEX」をソロ用ブースターとして踏んで、音量と歪みを少し足しながらソロを弾く感じです。
「Strawberry Red Over Drive / one control」のサウンドは、ファットというかカラッとした歪みのオーバードライブで、軽い感じがする歪みだと思います。
 
「Strawberry Red Over Drive / one control」のセッティング(※MAXを10として)
・「VOL」2.5ぐらい
・「TREBLE」5.5ぐらい
・「DRIVE」6ぐらい
 

f:id:jundrive3:20160626103308j:plain

 
2つ目の「Pocke TS / TRIAL」は「ポルノグラフティ/ハネウマライダー」専用で、これはギターがイントロとソロ以外ではあまり目立たない&ベースパートが強く、ギターの音が埋もれがちの曲だったので「中域」が出る歪みエフェクター「TS系(チューブスクリーマー)」を選択。これを踏むとギターの音がアンプの音量を上げずに、音が他の楽器パートにかき消されず出てくるので驚きました。低音もしっかり出るので、5、6
弦を使ったパートもそのまま弾けてさらに驚き。「TS系」はチューブアンプ、今回は「Marshall JCM 2000」ですが、チューブアンプに使うと効果が発揮するのかなと思いました。
 
「Pocke TS / TRIAL」のセッティング(※MAXを10として)
・「LEVEL」4.5ぐらい
・「TONE」4ぐらい
・「OVERDRIVE」5ぐらい
 

f:id:jundrive3:20160626103607j:plain

 
3つ目の「Box of Rock / ZVEX」は、表記上はディストーションですが、オーバードライブとクリーンブースターを搭載しているペダルです。今回はクリーンブースター側は使わず(本番に時に万が一、音が小さい場合のみの緊急用の音量ブースター)、オーバードライブ側のスイッチのみを使用しました。歪みと音量を少し上げるようにセッティングしておき、ソロ時に踏むという使い方をしました。「Box of Rock / ZVEX」は音が太く存在感があるペダルなので、良いソロの音ができました。少し「Carbon Copy Analog Delay / MXR」を使ってアナログディレイをかけています。
 
「Box of Rock / ZVEX」のセッティング(※MAXを10として)
・「Drive」4.5ぐらい
・「Tone」6.5ぐらい
・「Volume」4.5ぐらい
・「 Boost」4ぐらい
(ブースターで使用のためアンプの音量よりもやや音量大きく設定してます)
 

f:id:jundrive3:20160626103824j:plain

 
 
各ソロ時のペダル構成。
1曲目「Pocke TS / TRIAL」 +「Box of Rock / ZVEX」+「Carbon Copy Analog Delay / MXR」
 

f:id:jundrive3:20160607222152j:plain

 
2曲目「Strawberry Red Over Drive / one control」+「Box of Rock / ZVEX」+「Carbon Copy Analog Delay / MXR」
 
f:id:jundrive3:20160607222044j:plain
 
と、以上が歪み系の使ったペダル構成になります。
 
ギター(PRS)→各エフェクター→Marshall JCM 2000
 
使用アンプは「Marshall JCM 2000」
CLASSIC GAIN / CHANNEL A
CRUNCH (ON)
VOLUME 3
GAIN 3
REVERB 2〜3
TREBLE 5
MIDDLE 5
BASS 5
TONE SHIFT( OFF)
DEEP( OFF)

f:id:jundrive3:20160517231332j:plain

※アンプのセッティングはバンドアンサンブルやスタジオ環境で変わるので現場で微調整。音量や歪み、イコライジングはあくまで目安となります。

 
 
次回は最近のエフェクターボード①〜空間系エフェクター〜を書きたいと思います。

Strawberry Red Over Drive / one control見る