読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エフェクターノート

エフェクターや機材で理想のサウンドを追求していく試行錯誤型の実体験ブログです。

OCD

こんにちは。
今日は「OCD」について書きたいと思います。
 

f:id:jundrive3:20160605103722j:plain

 
「OCD」をはじめて知ったのは、Guiter magazinの「エフェクト・ボード・ファイル」〜注目ギタリスト77人の足下を徹底チェック!〜という本で、ちらほら「OCD」がエフェクターボードの中に入っているのを見て「なんだろうこのエフェクターは?」と思うようになりました。
そして、その本のよく使われているオーバードライブのランキングに入っていたのを見て、興味が湧いてしまいつい買ってしまいました。。
 
【OCDについて】
Fulltoneの「OCD(OBSESSVE COMPULSIVE DRIVEの略)」はオーバードライブ/ディストーションで、クラスAのようなきらびやかな響きと豊富なオーバートーンが特徴で、エフェクターの「Drive(歪み)を上げると、ディストーション並みに歪んでくるという、オーバードライブ〜ディストーションまで幅広く使えるペダルです。
 
「OCD」は大手企業の「BOSS」と違い、小規模メーカーの「ブティック系エフェクター」と呼ばれるエフェクターみたいです。はじめてブティック系のエフェクターを買ってみましたが、家の小さなアンプで弾いた時の印象は、どこか品のある歪みに感じました。(歪みが奥深く、やさしい感じ)そして、この「OCD」を買ったことにより、エフェクターに関して、少しワンランクアップしたような気持ちになりました(笑)
 
【OCDの特徴】
この「OCD」で自分がいいなと思った特徴は「アタック感」が強いところと、エフェクターの「Level(音量)」を上げるとかなり音量が出るところです。
メインの歪みだけでなく、他のエフェクターと併用した時にも、この効果(特徴)はそのまま出るので、他のオーバードライブの「前段」や「後段」に繋いでも使えて、色んなシチュエーションに使える幅広いペダルだと思います。
ボリュームやピッキングの強弱にも反応が良く、クリーンブースターとしても使えるので、対応力があるエフェクターなのではと思います。
 
逆に、気になったところは「Drive」のツマミで歪ませる時、2時以降ぐらいから「Drive」を上げてもそれ以上歪みが深くなるワケではないので、もうちょっと深く歪みを求める人は物足りなさを感じるかもです。その場合はハイゲイン系ディストーションを使うなど割り切りった方がいいかもです。あくまで「OCD」はオーバードライブということで。
 
【JC-120との相性】
「JC-120」との「相性」も良く「JC対策」として上げられるオーバードライブの1台です。
「JC-120」を使って歪みの曲を弾かないといけない場合や、音量を上げるクリーンブースターがすぐ必要な場合は「OCD」を使えば、対応できるので1台持っていても損はないと思います。
また「Marshall JCM 2000」にも「相性」はいいと思います。
「Marshall JCM 2000のCLASSIC GAIN(CLEAN)」で、「OCD」のキャラを活かして使ってもいいと思いますし、「CRUNCH」の方でブーストして「LEAD」みたいなハイゲインの歪みを作ったり、「歪み」と「クリーン」の切り替えなど、色々できそうです。
 
よくスタジオ練習の入れ替わりの時に、20代の方のエフェクターボードをチラッと見ると、よく「OCD」と「RAT2」が入っているのをよく見かけます。人気なのと、「JC対策」などでボードに入っている確率が高いのかなと思いました。
 
 
【OCDにはバージョンがある
あと「OCD」にはバージョンがあるみたいで今は「1.7」かな(7つ目のバージョン?)詳しくはわかりませんが、微妙に音が違うらしいです。自分は「1.4」で、気が向いたらバージョンも比べても面白いかもしれませんね^^
 
バージョンはフタを開ければ書いてあります。「VER1.4」ご参考までに。
 
 

f:id:jundrive3:20160606213603j:plain