エフェクターノート

エフェクターや機材で理想のサウンドを追求していく試行錯誤型の実体験ブログです。

Rockett Pedals JRAD Archer①

こんにちは。

今回はケンタウロス系と呼ばれる「Rockett Pedals JRAD Archer」について書きたいと思います。

 

f:id:jundrive3:20160614220255j:plain

 

この「Rockett Pedals JRAD Archer」は、ケンタウロスの後継機「KTR」を再現したオーバードライブだそうです。クローンの中では定評があるモデルみたいです。

 

と、書きながら、実は「ケンタウロス系」をよく知らないのに買ってしまいました。

 

楽器屋で一応、試奏はしましたが、見た目カッコいい感じで、はたまた高級感漂う「ケンタウロス系」を一度は使ってみようかと思い、中古で購入しました。(約20,000円)

また、使いこなすのに難奏しそうな気配が濃厚なエフェクターです。

 

まず、家の小さなアンプで使ってみました。

普通に「ギター(レスポール)」→「Rockett Pedals JRAD Archer」→「アンプ(MICRO CUBE)」で試してみましたが…弾いてみた感じではよくある普通のオーバードライブの感じでした。

強いていえば、ドライなカラッとしている歪みです。

GAINのツマミを5にしても、軽く歪む程度。MAXの10だと結構歪みます。

OUTPUTとTREBLEは結構効きがいいです。不思議ですけど、TREBLEのツマミがあるんですねと確認。高域が上がります。

でも、単体だとあまりパッとしない感じです。

よくケンタウロス系はオーバードライブとしては普通というウワサを聞いていたので、その通りなのかなと思いました。

 

また、バッファーにより繋ぐだけで音が良くなると聞いたことがありますが、実際どうなんでしょうか。小さなアンプではよくわからない感じ。

気持ち良くなったかな。良くなったのかな?どうなんだろうという感じ。

 

試しに、よく実験しているBOSSの「DS1」の前段に「Rockett Pedals JRAD Archer」に繋げて、ブースター的に試してみたところ、カラっとした感じのディストーションサウンドになりました。これはこれで、いいかなと思います。ゲインブースター的な使い方です。

 

f:id:jundrive3:20160614220659j:plain

 

ケンタウロス系」はよく音が立体的になると聞いたことがあるけど、

「立体的」って一体なんだろう。

「立体感」を感じ取ろうと、弾きながらよく耳を澄まして聴いてみたものの…うーん、よくわからない。

立体感をどう感じていいのかわからない自分の耳です。

アンプ2台同時出力のステレオみたいな二重になった音質の感じなんだろうか。

音が太くなる感じなんだろうか。

「原音」と「歪み」がミックスするとどこかで読んだ気がしますが、それが「立体感」と言われる音なんだろうか。と色々な推測と謎が自分の中で広がります。

 

果たしてこの「Rockett Pedals JRAD Archer」使いこなせるんだろうかと言う不安を抱えながら、アンプの「センドリターン」に繋ぐと良い音が出るという情報を聞いたので、今度、スタジオ行った時に試してみようと思います。