エフェクターノート

エフェクターや機材で理想のサウンドを追求していく試行錯誤型の実体験ブログです。

Marshall JCM 2000のセッティング難しい。

こんにちは。

今回は「アンプのセッティングって難しい」について書きたいと思います。

 

近々、エレキギターの発表会があるので、スタジオ練習をしてきました。

 

いつものように「Marshall JCM 2000」を使って、セッティングをしていたのですが、よく「高音」で過ぎていることが気になっており、自分のセッティングも「大丈夫かな?」と思い、練習ついでに色々試してきました。

 

まず、自分がいつも「Marshall JCM 2000」を設定しているイコライジングは、

PRESENT=0

TREBLE=5

MIDDLE=5

BASS=5

 

チャンネルは、

CLASSIC GAIN / CHANNEL A

CRUNCH ON

 

VOLUME=3

GAIN=3(ディストーションなど使う場合はハウリングを防ぐため、GAINをやや減らしています)

 

 

f:id:jundrive3:20160518232438j:plain

 

 

クランチチャンネルで「歪み系エフェクター」を使用しています。

 

ギター(PRS)→エフェクター(今回はBOSS ST2)→アンプ(Marshall JCM 2000)

 

このセッティングでいつも弾いていたんですが、

「キャビネット(スピーカー)」の向きによって、ギターの音の聞こえ方が違ってくるのを思い出し、音が出る「キャビネット」の「向き」に注目してみました。

 

いつもは立ってヘッドアンプと顔が同じぐらいでセッティングしているので、キャビネットは自分の耳より下にあります。

 

f:id:jundrive3:20160716232149j:plain

f:id:jundrive3:20160716232351j:plain

 

 

いつもは「キャビネット」の上から聞いていますが、しゃがんで「キャビネット」の正面に顔を向け、弾きながら出ている音を聞いてみました。

 

f:id:jundrive3:20160716231712j:plain

 

……あれ。

「耳が痛い」というか「キツイ」。

結構、音がギャンギャン出ています。

 

立っているときは、いつものイコライジングでスタジオの端まで離れて聞いていると、程よい音かなと思っていましたが、しゃがんで「キャビネット」の高さに耳を合わせるとかなり「高音」がキツイなと思いました^^;

 

「Marshall JCM 2000」を使い始めのころ、イコライジングは「0」か「10」と聞いた時があって、実際試したことがありますが「0」だと音がなんだかこもってしまい、「10」だとギャンギャンしてかなりキツイなと思ったことがあります。

 

よくわからなくて、結局、間をとってイコライジング「5」にして「高音」の調整はエフェクターの「TONE」などで調整するようになったのですが、「5」でもしゃがむと結構キツいなと感じました。

 

ライブ会場で聞いているお客さんが立って聞いているならまだしも、もしステージが高くて、お客さんの耳と「キャビネット」の高さが同じだったらと考えるとオール「5」のイコライジングは、弾いている本人(自分)は丁度いいですが、お客さんは高音がキツイく聞こえるという状態が起こりうるのかなと思いました。

 

しゃがんで、イコライジングを改めて試してみましたが、

オール「10」はさすがにキツかったので、この「10」の意味と使い方はまた考えたいと思います。現状オール「10」のイコライジングはないです。

 

オール「0」は少し物足りないですが、オール「5」よりはいいかもでした。

立って聞くと、音抜けが悪く「本当に大丈夫かな」と心配になる音でしたが、

またしゃがむと「まぁ、耳は痛くないかな」と思いました。

 

オール「0」ではもの足りなかったので、

オール「2」(9時の方向)にしてみたら、程よく聞こえました。

立って聞くと少しモコモコと聞こえますが、しゃがむと丁度良く聞こえました。

ここから、「MIDDLE」を調整するといいのかもしれませんが、今回は全体的なイコライジングまで。

 

結果、立ってセッティングしていたイコライジングは、

PRESENT=0

TREBLE=5

MIDDLE=5

BASS=5

 

しゃがんでセッティングしていたイコライジングは、

PRESENT=0

TREBLE=2

MIDDLE=2

BASS=2

となりました。

 

VOLUMEとGAINは「3」のまま。

全体的に下げてみました。

 

 

f:id:jundrive3:20160716231550j:plain

 

 

ギターを弾いている立ち位置によって、

音の聞こえ方が変わってくるので、今後セッティングを気にしたいと思います。

 

今回は一人で弾いて試していたので、またバンドアンサンブルだとイコライジングが変わってくると思っています。

きっと弾く「曲」によっても変わってくると思います。

 

Marshall JCM 2000だけではなくアンプのセッティングって、

なんだか難しいですね^^;

また、スタジオに行って色々、実験してみたいと思います。

実践あるのみ!