読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エフェクターノート

エフェクターや機材で理想のサウンドを追求していく試行錯誤型の実体験ブログです。

自分が使いやすい歪み系エフェクター

こんにちは。

今日は、思いつきで「使いやすいエフェクター」を書きたいと思います。

 

自分はよく歪み系のエフェクター(オーバードライブやディストーション)が好きでついつい新しいものを探してみたり、楽器屋へふらりと行っては中古品で珍しいものがないかと色々物色するのが好きです(笑)

 

今まで何十個の歪み系エフェクターを買ってしまいましたが、エフェクターコレクターではなく、あくまでも自分に合った使いやすいエフェクターを探していく過程で増えていきました。(結構ネットの衝動買いもあり)

 

最近は、何十個も歪み系は使わないので一つ一つ改めてスタジオで使ってみて、整理整頓の意味を込めて、使わないものはオークションで売ってしまっています。(オークションって意外に売れる/楽天オークションにて)

 

もうこのエフェクターは使わないかなと考える判断基準は、

・やっぱり自分好みの音がでないもの

(ネットなどで評判という口コミで買ってはみるが、自分の好きな曲やジャンルに向いていないなど)

・操作性の面で使いにくいもの

(フットスイッチが固く、踏んだ時にエフェクトがかからないことがあったり、各ツマミのコントロールがしにくいもの、イマイチ効果がわからないエフェクターなど)

・やっぱり見た目が好きではない

(音が良いけど、自分好みのデザインではない=ホントは良い音がでればいいけど、どうしても自分のエフェクターボードに入れてカッコ悪いと思うものは使わなくなる…)

エフェクター自体が重いもの&大きいもの

(これは個人の好みではあるが、できるだけコンパクトな荷物でスタジオなどに行きたいため大きいものや重いものは敬遠しがちあため)

 

など、このような判断基準で使わないないなと思ったものは、オークション行きにしています。(いらないなと思ったエフェクターの中でも、粘って気に入るまで試行錯誤して使うエフェクターもあります)

 

そこで最近、整理整頓して現状よく使う歪み系エフェクターをご紹介。

 

f:id:jundrive3:20160714231214j:plain

 

・ST2/BOSS

・ML2/BOSS

 

特にBOSS製のエフェクターが好きなワケではないのですが、

どちらもBOSSのエフェクターになりました。

そして、どちらもブラックカラーのエフェクター

似ていて踏むとき間違えそうになる(笑)

 

・「ST2」はギターでボリュームコントロールすれば、ハイゲインサウンドからクリーンのアルペジオまで幅広く使えて、音のバランスも良いので使っています。

 

・「ML2」は5、6弦を使った高速リフ用に使うエフェクター。主にハードロック/メタル系の曲に使うことが多いです。好きなジャンルなのでやはりこういう系のエフェクターは持っていたい。

 

この2台の最大の良いトコロは、アンプの「JC-120」と「Marshall JCM 2000(CLASSIC GAIN / CHANNEL A / CRUNCH)」の両方でも使えるところ。

アンプを変えても、音のキャラクターがハッキリしているトコロがいいかなと思っています。

 

個人的に好きなエフェクターのメーカーは「Z.VEX」ですが、

どうしても最小限でスタジオに行く時に、スタジオに持っていくのは大体この2台。

一番の理由は「使いやすい」ことでしょうか。

 

BOSSを使っている理由も簡単に書いてみました。

 

・踏みやすい

・操作性もわかりやすい

・音もバランスがいい

エフェクターのキャラクターがしっかり分けられている

・値段も比べると安い方なので、気楽に使える

・JC-120に合うように設計さているので「JC対策」しやすい

 

と、このぐらいでしょうか。

 

BOSSエフェクターという王道を嫌う傾向もあると思いますが、

自分は、

「アンプから出る音がすべて」

「ギターの演奏力(手元、テクニック)と練習量」

「良いギターを使う」と考えるので、

BOSSを使っていても「良い音ですね」と言われればそれでよし。

 

ブティック系と呼ばれる高級エフェクターエフェクターボードに詰め込むと、ゴージャスな感じで憧れはしますが、それに伴ってギターの実力(演奏力)がないと、カッコ悪い感じがするので、BOSSでもいいかなと思います。

(でも、ひと味違う感を出したいという欲求もあるので、BOSSのモディファイ(改造)モデルは好きかも)

 

そんな感じで、最近はBOSSのデジタル系のエフェクターを使うことが多いなと思うこの頃でした。