エフェクターノート

エフェクターや機材で理想のサウンドを追求していく試行錯誤型の実体験ブログです。

JC対策について考える①

こんにちは。

今回は「JC対策について考える①」を書きたいと思います。

 

「JC対策」は主に「JC-120」で歪んだサウンドを「歪み系エフェクター」を使っていかに出すかという「JC-120」に基づいた話題です。

 

スタジオ練習に行った時に「JC-120」しかなくて、「歪んだ曲を弾く時どうしたらいいのだろう?」と言ったことや「Marshall」が他の人が使うので「JC-120」で「Marshall」などの真空管っぽい音を出したいなどどうしたらいいのかと色々考えさせられる「JC対策」。

 

やはり「JC対策」で気になるのは「どんなエフェクターを使うのか」で、

「JC対策」で自分が調べた「歪み系」のエフェクターを書いていきたいと思います。

 

・RAT2

・OCD

 

この2つが「JC対策」について調べたら結構ヒットしてきました。

調べた中で印象的なのがこの2台かなと思いました。

「JC対策」の有効なエフェクター王道のエフェクターという位置になるのでしょうか。

 

その他、実際エフェクターボードで使っている人や噂で聞いたエフェクターです。

・BD2/ BOSS

・DS1/ BOSS

・ST2/ BOSS

・BB Preamp / xotic

・TS9 / Ibanez

Ruby stone / shigemori

・Maestoso / Leqtique

・EP booster / xotic

・SL drive / xotic

 

など、いろいろ他にはいろいろありますが、このぐらいでしょうか。

(確か、JC-120で歪みを使った本も色々出ていたような気がします。)

 

BOSSは「JC-120」に合わせて設計されているので、

BOSSのエフェクターを使っておけば、大抵、大丈夫だと思うのが個人的な感想です。

 

「BOSS」=「JC-120」=「JC対策」になるんでしょうか。

もしくは「BOSS」以外のエフェクターで「JC対策」になるエフェクターを差すのか「JC対策」の定義が曖昧なところも考えさせられるところです^^;

 

「BOSS」以外では「xotic」のエフェクターが良いように思います。

例えば「BB Preamp」や「SL drive」など、試奏した感じでは良さそうに思えます。

 

「EP booster」も買いましたが、「JC-120」のクリーンをより良くブラッシュアップするような感覚で使うのも「JC対策」の一つかなと思います。

シャキッとクールなクリーンを出す「JC-120」をマイルドなクリーンにするという感じも「JC対策」の一つになるのかなと思います。 

 

今回はここまでにしたいと思いますが、

「どんなエフェクターを使うのか」という点でまとめると、出したい音によってエフェクターを選ぶので、種類はそれぞれの合いそうなものを選べばいいのかなと思いますが、メーカーで言えば「JC-120」に合わせて設計されている「BOSS」。

もし「BOSS」がなんとなくイヤなら「xotic」がハズレは少ないかなと思います。

あとはよく言われる「RAT2」「OCD」の2台という感じでしょうか。

 

次回はもう少し「JC対策」について自分なりに考えてみたいと思います。