読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エフェクターノート

エフェクターや機材で理想のサウンドを追求していく試行錯誤型の実体験ブログです。

JC対策について考える②

こんにちは。

今回は引き続き「JC対策について考える②」を書きたいと思います。

 

「JC対策」についての自分の考え方としては、やはり「真空管アンプ」のような音を出したいという考え方がテーマかなと思っています。

 

自分は基本「Marshall」をはじめとする真空管アンプをいつも使うのですが、「JC-120」しかスタジオにない時、またはバンドで「JC-120」を使わなければいけない時に「JC-120」で真空管アンプのようなサウンドでギターを弾きたいなと思うのが本音です。

 

なので、「JC-120」を使うとなるとちょっと「イヤだなぁ」と思ってしまいます(苦笑)

 

やはりいつも真空管アンプを使っていて、「JC-120」にするとサウンドが変わるので、ギターを弾いていて「やっぱりなんか感覚が違うなぁ」とテンションが下がることもあります。

 

自分が納得いく音で弾きたいですよね。

 

真空管アンプと比べて「JC-120」はサウンドが平面的でなにか不自然な感じをしてしまします。(決してJC-120を批判しているワケでなく)

そういった意味では、自分が求める「JC対策」は真空管アンプのような、温かみがあり、サウンドに奥行きと音圧(迫力)を求めるのが、自分にとっての「JC対策」かなと思っています。

 

これはやはり自分の好きな音楽のジャンルがどうしてもハードロックやパンクなど激しめの曲が好きなのもあり、スタジオで「Marshall JCM 2000」か「JC-120」どっちを選ぶなら「Marshall JCM 2000」を迷わず使います^^;

 

もともと「JC-120」が好きで使っている人は「クリーン系」のサウンドが好きな人が多いと思います。そういった人が「Marshall」などを使うとクリーンが濁っていると思うらしく「Marshall」を敬遠しがちです^^;

自分とは逆の考え方で「Marshall JCM 2000」は選ばない&使わない。

これは完全に人それぞれの好きなサウンドよりけりだと思っています。

 

「JC-120」が好きな人は「Fender」の「Twin Reverb」も好きなんじゃないかなと思っています。

「Twin Reverb」は機会があったら使ってみたいですね^^

 

よく「音作り」がしやすいのは「JC-120」と言われていますが、これはアンプが純粋に「クリーン」だからと思います。

エフェクターのキャラクターや効果がそのまま出やすいという意味で、アンプのキャラクターにサウンドが左右されにくいという考えかなと思います。

そういった意味では「BOSS」のエフェクターは使いやすいと思います。

 

逆に「Marshall JCM 2000」はアンプのキャラクターに引っ張られてしまう傾向が強いかなと思っています。

個人的な感想ですが、色々エフェクターで頑張らないとひと味違う「音」はでないように最近は感じています。(ある意味、音作りの壁が出てきているのかもです)

 

今回はここまでにしたいと思いますが、

次回は自分が色々試して、効果的な「JC対策」について触れていきたいと思います。