読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エフェクターノート

エフェクターや機材で理想のサウンドを追求していく試行錯誤型の実体験ブログです。

JC対策について考える③

こんちには。

今回は「JC対策について考える③」です。

 

「JC対策」で自分が実際試してみたことを書いていきたいと思います。

 

まず「JC-120」は「Marshall」などの「真空管アンプ」をいつも使っている人から見るとクリーン音が「JC-120」はどうもペラペラする感じがしてしまいます。

(それが良いという人もいると思うけれど)

 

ライブなどで観客席の遠くの方から「JC-120」聴いていると、どうも「音が平面的」に聴こえる感じがします。(これが特徴なのかもしれないけど)

 

そこで「Marshall」などの「真空管アンプ」のような「音圧」「音の太さ」を出すために自分は「JC-120」の「チャンネル1」と「チャンネル2」を一本の「短いシールド」またはエフェクターに使う「パッチケーブル」を繋げてステレオのような使い方をして「音の太さ」を出して使っています。

 

f:id:jundrive3:20160724212403j:plain

 

「JC-120」には2つの「チャンネル1」と「チャンネル2」がありますが、「Marshall」と違い、チャンネルがそれぞれ独立しているのでどちらか一つのチャンネルで1つのスピーカーから音が出ているので、チャンネルをシールドでリンクさせて、2つのスピーカーから音を出するという方法です。

 

自分の場合は「チャンネル2」の「LOW」にギターからのシールドを差して、その上の「HIGH」から「チャンネル1」の「LOW」に「シールド」を差してリンクさせています。(チャンネル1の「HIGH」は何も差さず)

 

この方法は、結構「JC-120」の使い方で知られている方法で、実際、スタジオで試してみたら「音の太さ」においては効果的でした。

 

スタジオでは「Marshall JCM 2000」と「JC-120」を比べてみましたが、完全に「Marshall JCM 2000」の音圧とまではなりませんが、「真空管アンプ」に近いぐらいの「音の太さ」にはなりました。

 

以降、「JC-120」を使う時は、1本シールドやパッチケーブルを持っていって、チャンネルをリンクさせて使うようになりましたが、1つのチャンネルを使う時より2つのチャンネルを使ったほうが、歪ませる時に納得がいく「音作り」になりやすい感じがします。

アンプを使って「音の太さ」で対策するなら、この方法がいいかなと思います。

 

また「チャンネル2」の「DISTORTION」を少しでも(1など)入れると音が太くなります。個人的にはDISTORTION」+「歪み系エフェクター」で組み合わせると、少し濁った歪みになるので、今のトコロあまり使わないようにしていますが、今後細かく試していきたいと思います。

 

次回は、歪み系のエフェクターを使った「JC対策」を書きたいと思います。