effectornote

エフェクターや機材で理想のサウンドを追求していく試行錯誤型の実体験ブログです。

2台のアンプを同時に鳴らす方法〜AB BOX〜

2台のアンプを同時に鳴らす方法〜AB BOX〜

こんにちは。

今回は「2台のアンプを同時に鳴らす方法〜AB BOX〜」について書きたいと思います。

 

electro-harmonix Switchblade+

2台のアンプを同時に出力するには、electro-harmonix「Switchblade+」を使用します。このelectro-harmonix「Switchblade+」はシンプルな2モードのパッシブAB BOXになります。「A or B」だけでなく、「A+B」に同時出力が可能です。またチューナーアウトも装備している1台あると便利なAB BOXになります。

 

【使用した機材のセッティング】 

PRS COSTOM 22(ギター)→electro-harmonix「Switchblade+」→「Marshall JCM 2000」+「JC120」(2台のアンプ同時出力)

 

【Marshall JCM2000側のセッティング】

まず、「Marshall JCM2000」側のセッティングをしていきます。

electro-harmonix「Switchblade+」の「OUT A(赤LED)」と「Marshall JCM2000」のINPUTをシールドで繋ぎます。 

 electro-harmonix Switchblade+

electro-harmonix「Switchblade+」の「OUT A(赤LED)」にシールドを挿します。

 

Marshall JCM2000

Marshall JCM2000」のINPUT側に、「OUT A(赤LED)」からのシールドを挿します。

【Marshall JCM2000のセッティング】

「Marshall JCM 2000」ULTRA GAIN / CHANNEL B リードチャンネルを使用します。

Marshall JCM2000イコライジング

Marshall JCM2000

VOLUME=2〜3

GAIN=5〜6

READ1

※音量は「JC120」と同じぐらいに調整

※写真はあくまで参考の音量です。実際のドラムや音源や環境に音量に合わせてください

 

Marshall JCM2000のセッティング

PRESENCE=0

TREBLE=3

MIDDLE=3

BASS=3

REVERB=2~3

DEEP=OFF

TONE SHIFT=OFF

 

【JC120側のセッティング】

次に「JC120」側のセッティングをしていきます。

electro-harmonix「Switchblade+ 」の「OUT B(緑LED)」→「JC120」のINPUTをシールドで繋ぎます。

 Switchblade+

electro-harmonix「Switchblade+ 」の「OUT B(緑LED)」にシールドを挿します。

 

JC120

「JC120」のINPUTに、「OUT B」(緑LED)」からのシールドを繋ぎます。

 

【JC120のセッティング】

「JC120」は、エフェクターを使用せずクリーンのままで出力します。

※音圧を上げるため、CHANNEL-2(LOW)をメイン使用でCHANNEL-1(HIGH)とチャンネルリンクしてます。(逆でも問題ありません)

 

〈JC120イコライジング

JC120イコライジング

VOLUME=2〜3

TREBLE=4〜5

MIDDLE=4〜5

BASS=4〜5

DISTORTION=0

REVERB=2

※音量は「Marshall JCM2000」と同じぐらいに調整

※写真はあくまで参考の音量です。実際のドラムや音源や環境に音量に合わせてください

 

【2台のアンプが切り替わるかチェックする】

「Marshall JCM 2000」と「JC120」の2台のアンプを繋ぎ終わったら、「A」と「B」の切り替えをして音が出るかチェックします。

※音がでない場合は、electro-harmonix「Switchblade+ 」側のINPUTではなくTUNERに最終パッチケーブル差していることがよくあるので適切にシールドが挿しているか再確認をします)

electro-harmonix Switchblade+

A →  Marshall JCM 2000(歪み)からの出力を確認します。

 

electro-harmonix Switchblade+

B →  JC120(クリーン)からの出力を確認します。

 

【2台のアンプから同時出力】 

2台のアンプから同時出力

 そして、2台のアンプから音が出るか確認した後、electro-harmonixSwitchblade+ 」の右のスイッチ「A+B」を踏むと「Marshall JCM2000」と「JC120」が同時に鳴らすことができます。

 

【2台のアンプを合わせた感想】

「Marshall JCM 2000」と「JC120」のアンプ2台を一度に出力してギターを弾いた感想としましては、音に厚み出て「立体感」あるサウンドになりました。ステレオ出力の要領ですが「Marshall JCM 2000」の歪みに「JC120」のクリーンがプラスされることで音がハッキリします。CD音源を流して、弾いてみましたが音が埋もれることはありませんでした。存在感が増すといった感覚でしょうか。1台のアンプで弾いていた時より音圧はかなり上がります。また、演奏上の効果としては、ギターが弾きやすくなる感覚もありました。個人的には、アンプ1台で弾くよりも、アンプ2台で弾いた方が安心して演奏ができるという印象を受けました。

 

【今回のまとめ】

歪み系エフェクター2台を掛け合わせることはよくありますが、アンプ同時出力をすると、新しい音圧の世界が体感できると感じました。「Marshall JCM2000」と「JC120」だけでなく、Mesa/Boogie「Dual Rectifier」やHughea & Kettner 「TriAmp MK2」など真空管アンプ同士を2台出力をすると、また違ったサウンドになると思います。機会がありましたら、アンプの2台同時出力を試してみたいと思いまうす。是非、electro-harmonix「Switchblade+ 」を活用して、立体的なサウンドを体感してみてはいかがでしょうか。

 

以上、「2台のアンプを同時に鳴らす方法〜AB BOX〜」についてでした。