エフェクターノート

エフェクターや機材で理想のサウンドを追求していく試行錯誤型の実体験ブログです。

おすすめクリーンブースター5選比較しました

「おすすめクリーンブースター5選比較しました」

 

こんにちは。

 今回は「おすすめクリーンブースター5選比較しました」について書きたいと思います。

 

クリーンブースターとは

クリーンブースターとは、名前の通りアンプからの「クリーントーン」をブーストするペダルになります。

クリーンブーストの効果を簡単に言えば「音量を上げる」「音を太くする」といった音色を変えずにブーストができるエフェクターになります。

例えば、ギターソロ時にクリーンブーストを踏んで音の存在感を出したり、バンドアンサブルで自分のギターの音が聞こえない時に、少し音量をプッシュすることに使用したりします。ギターの音を引き出す役割を果たすのがクリーンブースターであり、また魅力でもあります。

 

クリーンブースターのご紹介①

それでは、購入した中でいくつかクリーンブースターを簡単にご紹介していきたいと思います。

 

 「microamp / MXR」

f:id:jundrive3:20170603115445j:image

 

定番中の定番のクリーンブースターです。プリアンプでもありますが、非常にシンプルなブースターで使いやすいペダルです。踏めば純粋に音量が上がります。音にハリと艶を与えてくれる感じがします。極端に音色を変えずに、さりげなく音量やハリを持ち上げたい時にはこのブースターがいいと思います。弾いている音を少し太くしながらブーストするのが特徴です。価格も手に入りやすい値段です。初めてのブースターにもおすすめです。(写真はノブを交換してあります)

 

 「EP booster / xotic」

f:id:jundrive3:20170603115635j:image 

 「EP booster」は発売された当初に話題になり購入しました。エフェクターボードにいれてる方も多いのではないでしょうか。「EP booster」の特徴は、まずサイズがミニサイズになります。LEDが青色なので視認性がいいです。省スペースには便利なサイズで、内部のスイッチによりモードの切り替えが可能です。繋ぐ順番が使う人によって違いますが、歪みエフェクターの後段での使用時の感覚では、音を「もっちり」上げてくれます。音がかなり太くなります。音量がすごい上がるといった感じよりも低音あたりを中心に上がるのでモアっとマイルドにブーストされます。低音を切るモード(ユニティーゲインモード)で、内部スイッチで切り替えるとスッキリ目のブーストになります。個人的にはギター直後で通常モードで繋ぎ、GAINをかせぐ使い方をしています。常にONで使用するとアンプのクリーン音がハッキリとして弾き心地がいいので、そういった使い方をしています。小さいのに魅力がたくさん詰まったクリーンブースターと言えます。

 

参考までに「EP booster」の「ユニティーゲインモード」です。スイッチの1がGAINをブーストするスイッチなので、このスイッチをオフ(1のナンバーの方へ下げる)にすれば、音のトーンだけブーストすることができます。(通常はスイッチ1・2ともオン)

f:id:jundrive3:20170603120338j:image 

 また、モードの各設定の詳細はまたの機会にしたいと思います。

 

「RC booster / xotic」

「RC booster」は 「EP booster」と同じメーカー「xotic」から出ているクリーンブースターとなります。(現行品はRC booster V2)シンプルなノブ一つの「EP booster」と違い、「RC booster」は「LEVEL」「GAIN」「TREBLE」「BASS」の4つの構成になります。「GAIN」がついておりフルに回すとオーバードライブ並に歪みます。クリーンブースターなのにオーバードライブ的なブースターとなります。使用した感じですが、音圧がすごい上がります。ハリと音量が圧倒的にブーストされます。ディストーションの後段に繋いでブーストすると、音圧とともに音が前に出てきます。迫力がすごいです。ディストーションはGAINが高いため、音が引っ込んでしまうこともありますが、そんな時に「RC booster」と組み合わせると効果的です。また、クリーントーンでのクリーンブーストする時も「GAIN」を上げてブーストすればオーバードライブのようなソロも弾けるので、汎用性が高いクリーンブースターだと思います。音が太くなるタイプのブースターです。

 

「Spark mini booster / TC ELECTRONIC」

 

「Spark mini booster 」は「microamp 」や「EP booster」などとまた違う感覚のクリーンブースターと思います。上記は音を太くするタイプのクリーンブースターでしたが、この「Spark mini booster 」は、ただただ単純に「音量のみ」上がります。レベルブースターと言ってもいいかも知れません。アンプのボリュームのツマミをブースターで上げた感じになります。音を太くしたい場合は、このクリーンブースターでは用途が違います。足元で音量調整を行いたい場合には、こちらのクリーンブースターを選択するといいと思います。また、スイッチを押している時にのみブーストされるということもできます。場合によって使い分けると良いと思います。

 

 「Super Hard On / Z.VEX」or 「BOX OF ROCK / Z.VEX」

Z.VEXの「Super Hard On」は「Fuzz Factory」と同じくらい代表するペダルです。「Super Hard On」自体は価格も高く、入手することが難しいです。しかし、同じメーカーの「BOX OF ROCK」のBoostに「Super Hard On」と同じクリーンブースターが付いていますので「BOX OF ROCK」を選ぶ人が多いのではないでしょうか。(Super Hard Onを持っていないので、写真はBOX OF ROCKです)クリーンブーストした時の感覚は、ご紹介したブースターと違っていて「音の芯をブースト」してくれる感じがします。例えばディストーションの後段に「Super Hard On」を繋げてブーストすると、歪みはそのままで、原音(クリーンの音)がプッシュされます。音量や音の太さもブーストされますが、他のブースターと比べて、原音が目立って上がるのは「Super Hard On」の特徴とも言えます。歪ませてコードなどの音をよりハッキリ出したい時は「Super Hard On」が最適と思います。また、ボリュームなどのノブを触ると「ガサゴソ」とノイズが出ますが、故障ではなくZ.VEXならではの「遊び心」です。また、自作も簡単なので初めて作るエフェクターとしても作りやすいのではと思います。

 以上が、クリーンブースターのご紹介です。

 

 次回は「クリーンブースター5選のまとめ」を書きたいと思います。