effectornote

エフェクターや機材で理想のサウンドを追求していく試行錯誤型の実体験ブログです。

おすすめクリーンブースター5選比較しました

おすすめクリーンブースター5選比較しました

 

こんにちは。

 今回は「おすすめクリーンブースター5選比較しました」について書きたいと思います。

【クリーンブースターとは】

クリーンブースターとは、名前の通りアンプからの「クリーントーン」をブーストするペダルになります。クリーンブーストの効果を簡単に言えば「音量を上げる」「音を太くする」といった音色を変えずにブーストができるエフェクターになります。

例えば、ギターソロ時にクリーンブーストを踏んで音の存在感を出したり、バンドアンサブルで自分のギターの音が聞こえない時に、少し音量をプッシュすることに使用したりします。ギターの音を引き出す役割を果たすのがクリーンブースターです。

 

【クリーンブースターのご紹介】

購入した中でいくつかクリーンブースターをご紹介したいと思います。

<MXR / microamp>

MXR microamp

定番のクリーンブースター、MXR「microamp」になります。プリアンプでもありますが、非常にシンプルな仕様で使いやすいブースターです。スイッチを踏めば、音量と調整したGAINが上がります。音にハリと艶を与えてくれる感じがします。極端に音色を変えずに、さりげなく音量やハリを持ち上げたい時にはこのブースター最適だと思います。弾いている音を少し太くしながらブーストするのが特徴です。価格も手に入りやすい値段になりますので、初めてのブースターにもおすすめです。(※写真はノブを交換してあります)

 

Xotic  / EPbooster>

EPbooster 

Xotic「EPbooster」は発売された当初に話題になり購入しました。Xotic「EP booster」の特徴は、低音が出るクリーンブースターです。ツマミを上げるほど、低音が音とGAINが上がるタイプなので、音が太くしたいといった時にはXotic「EP booster」を設置すると良いと思います。また、内部のスイッチによりモードの切り替えが可能です。もし、低音が出過ぎるのが気になり場合は、低音を切るモード(ユニティーゲインモード)で、内部スイッチで切り替えるとスッキリ目のブーストに切り替えることができます。歪みエフェクターの前段、後段と設置する箇所は、使用する用途で違ってきますが、個人的にはギターの直後に設置し、通常モードで、歪みエフェクターにGAINをかせぐといった使い方をしています。勿論、エフェクターボードの最終後段に設置して、低音が足りない場合にONにして使用するといった使い方もできます。従来のサイズと違ってミニサイズになるので、エフェクターボードに組み込みやすいモデルだと思います。LEDが青色なので視認性が良好です。

< Xotic / EPboosterのユニティーゲインモードについて> 
参考までにXotic「EP booster」の「ユニティーゲインモード」です。スイッチの1がGAINをブーストするスイッチなので、このスイッチをオフ(1のナンバーの方へ下げる)にすれば、音のトーンだけブーストすることができます。(通常はスイッチ1・2ともオン)

f:id:jundrive3:20170603120338j:image 

 

< Xotic / RC booster>

RCbooster

Xotic「RC booster」は 「EP booster」と同じメーカー「 Xotic」から出ているクリーンブースターとなります。(現行品はRC booster V2)シンプルなノブ一つの「EP booster」と違い、「RC booster」は「LEVEL」「GAIN」「TREBLE」「BASS」の4つの構成になります。「GAIN」がついておりフルに回すとオーバードライブ並に歪ませることができます。クリーンブースター兼オーバードライブ的なブースターになります。使用感は、音圧がすごい上がる感じがします。ハリと音量が前面に押し出されるようにブーストされます。ハイゲインディストーションの後段に繋いでブーストすると、バンッ!とした音圧とともに音が前に出てきます。迫力がすごいです。ハイゲインディストーションはGAINが高いため、音が引っ込んでしまう傾向がありますが、そういった時にXotic「RC booster」と組み合わせると効果的だと思います。「GAIN」を上げてブーストすればオーバードライブのようなソロも弾けるので、汎用性が高いクリーンブースターです。「EP booster」と同じで音が太くなるタイプのクリーンブースターになります。

 

<tc electronic / Spark mini booster >

Spark mini booster

tc electronic「Spark mini booster 」はMXR「microamp 」やXotic「EP booster」とはまた違う感覚のクリーンブースターです。音を太くするタイプのクリーンブースターとは違い、「Spark mini booster」は、純粋に「音量のみ」上がることができます。レベルブースターと言ってもいいかも知れません。アンプのボリューム(音量)をエフェクター側で上げた感じになります。足元で音量調整を行いたい場合には、こういったタイプのクリーンブースターを選択するといいと思います。GAINを足したり、音色を変えることなくブーストしたい場合は、tc electronic「Spark mini booster」がオススメです。

 

 

<Z.VEX / BOX OF ROCK (Super Hard On)>

BOX OF ROCK

Z.VEX「BOX OF ROCK(Super Hard On)」の特徴として、ギターの原音をブーストするクリーンブースターになります。画像はZ.VEX「BOX OF ROCK」ですが、左側スイッチ(BOOST)が「Super Hard On」になっています。「Super Hard On」は、他のクリーンブースターよりも高価なブースターになりますが、Z.VEX「BOX OF ROCK」に搭載されているので、「Super Hard On」が欲しい場合は「BOX OF ROCK」を購入した方がコストパフォーマンスが良いように思います。Xotic「EP booster」やtc electronic「Spark mini booster」と違って「音の芯をブースト」したい場合は、Z.VEX「BOX OF ROCK(Super Hard On)」がオススメです。

 

以上、「おすすめクリーンブースター5選比較しました」についてでした。

 

<他にもこんな記事を書いてます>

www.effectornote.com

www.effectornote.com