エフェクターノート

エフェクターや機材で理想のサウンドを追求していく試行錯誤型の実体験ブログです。

Providence SDT-2 と Leqtique 9/9 スタジオで比較しました〜JC120編〜

こんにちは。

「Providence SDT-2 と Leqtique 9/9 スタジオで比較しました〜JC120編〜」を書きたいと思います。

 

さて、前回は「SDT-2」と「9/9」の弾き比べを「Marshall JCM 2000」で試してみましたが、今回は「JC120」で試してみたのでご紹介したいと思います。

 

f:id:jundrive3:20170624211026j:image

 

【試したディストーションの簡単なご紹介】

・Providence 「SDT-2」

f:id:jundrive3:20170620202637j:image

歪みの粒が細かく粘りがあるディストーションです。明るく力強いハッキリとしたサウンドです。

 

 ・Leqtique「 9/9」

f:id:jundrive3:20170620202831j:image

クリアな歪みサウンドで、コードの分離感も良好なディストーションです。

コストパフォーマンに優れてる注目のエフェクターブランドです。

 

【今回のJC120のセッティング】

ギター(PRS)→「9/9」→「SDT-2」→アンプ(JC120)

f:id:jundrive3:20170624213534j:image

 【今回のJC120のイコライジング

f:id:jundrive3:20170624213718j:image

VOLUME=2〜3(環境により調整)

TREBLE=4〜5

MIDDLE=4〜5

BASS=4〜5

DISLTORTION=0

REVERB=2〜3

BRIスイッチはOFF

f:id:jundrive3:20170624214557j:image

ハムバッカーのピックアップなので、自分はLOWにシールドを差してます。

f:id:jundrive3:20170624214758j:image

今回はチャンネルリンクをすると、歪みが増して濁る感じがしたのでチャンネルリンクなしにしました。

 

Providence SDT-2

 まず、「SDT-2」を「JC120」で試してみました。

f:id:jundrive3:20170624215445j:image

 「Marshall JCM 2000」のクリーンチャンネル(CRUNCH OFF)使用時とあまり変わらない歪みでした。荒々しい歪みをします。この「STD-2」はGAINを上げる程ファズっぽくなるので、前回と比べてGAINをかなり絞りました。このくらいでも十分「JC120」でも歪みます。少し抑えた方が弾いた時に歪みのコントロールがしやすかったです。サウンドは歪みがジリジリしているのにも関わらず、輪郭があるパワフルなサウンドです。ずっと弾いていたい、わかりやすいディストーションだと思いました。「9/9」よりは「SDT-2」の方が扱いやすいです。

また、フットスイッチガードがあることで、安心して踏める(踏みやすい)という発見もありました。Providenceエフェクターならではの良さです。

f:id:jundrive3:20170624235609j:image

 

 

 【Leqtique 9/9】  

 次に、「9/9」を「JC120」で弾いてみました。

f:id:jundrive3:20170624221521j:image

「9/9」は「Marshall JCM 2000」のクリーンチャンネル(CRUNCH OFF)使用時の時に感じていた低域(TONE=真ん中のツマミ)を思い切って0にしました。低域をカットすることで、よりスッキリしたサウンドにしました。こちらのセッティングの方が弾いていて良かったです。「9/9」はかなり全体的にツマミの効きが強力だと思います。また「9/9」は「SDT-2」と比べると、歪んでいてもギターの原音がハッキリ出ます。そのため歪んでいてもここぞという音を弾いても音が聞こえてきます。強く弾けば弾く程、ギターの原音が出てくるので音抜けは「STD-2」より良いです。歪んでいるのに原音がしっかり出るのがこの「9/9」の最大の特徴だと思います。「STD-2」は明るくジュワッとするサウンドに対して、「9/9」はどちらかと言えばカラッとしたサウンドです。

また「9/9」はギターのボリュームコントロールにもかなり反応しますが、完全にクリーンにならずボリュームを絞った感覚ではディストーション傾向がやや強いかなと思いました。

「9/9」はGAINを0にしてもかなり歪みました(ギターボリュームコントロールはフル10)

 

9/9」は真空管アンプのようなニュアンスもあると思いますが、多段にサウンドが作れるので、あらゆる要素を含む新感覚の歪みペダルだと個人的には思います。音作りや使い方が幅広い分、使いこなすのも難しいのではと見ています。

オーバードライブ/ディストーションのカテゴリーになります。

「9/9」は「Marshall JCM 2000」と「JC120」で弾き比べるとが良い音がするのは「Marshall JCM 2000」のクリーンチャンネル(CRUNCH OFF)の方でした。一度オススメしたいサウンドです。  

【Providence SDT-2 と Leqtique 9/9〜JC120編〜まとめ

さて、今回は「SDT-2」と「9/9」を「JC120」で試してみましたが、セッティングが決まってしまえば良い感じで使えます。両方とも単体で充分使えるペダルです。各ペダル、リード向きペダルの傾向が強いですが、原音が強く出る「9/9」はさらにテクニカルフレーズで、明るく輪郭がハッキリしている「SDT-2」はバッキングでというに向いているのではと個人的には思いました。

また、「Marshall JCM 2000」と比べて「JC120」で弾くとどうしても平面的なサウンドが気になってしまいました。今回を機に「JC120」をより真空管アンプのような奥行きがあるサウンドにするにはどうすればいいかを考えたいと思います。