エフェクターノート

エフェクターや機材で理想のサウンドを追求していく試行錯誤型の実体験ブログです。

はじめての自作エフェクターでFUZZ(ファズ)を作ってみた

こんにちは。

今回は「はじめてのエフェクター自作でFUZZ(ファズ)を作ってみた」について書きたいと思います。

 

色々と歪み系エフェクターを探している時に、楽器店の本屋で見かけたエフェクターの自作本、 秋間経夫の「初めてのオリジナル・エフェクター&ミニ・アンプ製作」という本が目に止まりました。ペラペラとめくって見ると作り方が書いてありましたが、何やら回路図や電子パーツで難しそうではありましたが、簡単なものなら作れるのではと思い、この本の中から「POWER FUZZ」を作って見たので、簡単にご紹介したいと思います。

 

f:id:jundrive3:20170810183234j:image

「POWER FUZZ」はファズになります。一つのツマミのみでシンプルなファズペダルになります。このツマミを右に回すほど、歪み具合と音量(レベル)が上がってゆく仕様になっています。11時ぐらいが丁度いいレベルです。

LEDは視認性が良いブルーにしましたが、輝度が強すぎたため、ダイモテープで隠してあります。(ONの部分)

 

【大変だったハンダ付け作業】

f:id:jundrive3:20170810183309j:image

初めてエフェクターを作る上で、大変だったのが電子パーツのハンダ付けでした。高熱で小さなパーツをハンダで繋げてゆく作業はかなり大変でした。

f:id:jundrive3:20170810183343j:image

繊細で忍耐力がいる作業。はじめは上手く繋ぐことができず、1回は失敗しました。2回目はなんとか上手く回路を繋ぐことができたので良かったですが、ハンダ付けと電子パーツを繋げる練習をしてから本作業をした方が成功率は上がると思います。(絶縁のため両面テープで透明プラパンを貼ってあります)

 

【オススメのハンダゴテ】

精密なハンダをする上では、ハンダゴテにはこだわった方がいいです。

f:id:jundrive3:20170810183456j:image

 

はじめはなんとなく使えそうなハンダゴテ(写真/上)を買ってきて作業をしていましたが、先が丸いと上手にハンダを溶かすことができません。また、失敗することが多いです。

ハンダゴテは「先が鉛筆のように鋭いもの」白光 半田ゴテ プレスト キャップ付 No.984-01(写真/下)を選んだ方が良いです。(写真のハンダゴテの先にハンダが付いてしまっていました)

f:id:jundrive3:20170810183522j:image

また、スイッチで温度調整がきくタイプの方が使いやすいです。黄色いボタンを押すと熱が上がります。寒い冬など気温が低い時やハンダがなかなか溶けにくい時に使います。(やけどには注意が必要です。予め火傷用の薬品クリームを買っておいた方が、万が一の時に慌てなくていいです。)

f:id:jundrive3:20170810183649j:image

ハンダゴテ専用のスタンド(水を含ませるスポンジ付き)はセットであった方がいいです。(水が含んでいないので写真はカピカピ状態です)

 f:id:jundrive3:20170810183700j:image

 

エフェクターを配線しながら組み立てる】

各パーツをハンダ付けしながら配線をして繋げていきます。

f:id:jundrive3:20170810183739j:image

参考にしたエフェクター自作本、秋間経夫の「初めてのオリジナル・エフェクター&ミニ・アンプ製作」は、かなりパーツや配線図の間違いが多く、間違いを見つけながら製作しました。(後々、ネットで改訂版PDFをダウンロードしました)当然、間違いの説明書で作ったので、完成しても音は出ませんでしたが、他のエフェクター配線を参考に試行錯誤してなんとか音が出るように奇跡的に修正しました。もし本を読んで作る方は配線に注意が必要です。音が出るまで約1ヶ月くらいかかってしまいました。(間違いはよくあることです)

 

エフェクター自作+改造する】

この「POWER FUZZ」は電池のみの仕様エフェクターでしたが、使い勝手をよくしたかったので、9Vアダプターでも使えるように、穴を開けて「DCジャック」を独自に取り付けました。

 f:id:jundrive3:20170810183819j:image

 外からみた「DCジャック」です。

 f:id:jundrive3:20170810183839j:image 

内側からみた「DCジャック」です。ここの配線も難しいので細心の注意で取り付けます。

 

また、音が小さく低音を出したかったので、一部の電解コンデンサー容量を大きいものに変えて、ダイオード(歪みパーツ)の一つをシリコンダイオードに変えました。これにより、初めの音出しより大分良くなりました。正確には「POWER FUZZ MOD-1」となります。

 

 【POWER FUZZのサウンド感想】

かなり苦労して作った自作エフェクターのファズ。音が出た時は感動ものでしたが、音が想像してたよりもかなり「ブチブチ」のファズでした。パーツを良いもので作ったためかギターの原音はキレイに出るところは気に入りましたが、何か弾いいても「ブチブチ…」と音がすぐ切れてしまいます。言うなれば、サスティーンがゼロ。ディレイを強めにかけてもすぐ音が切れるため、なかなかの問題児のファズペダルを作ってしまった気がしました。(TS系ODと組み合わせると音が伸びるかもしれません)

 

「はじめての自作エフェクターでFUZZ(ファズ)を作ってみた〜まとめ〜」

今回は初めて、自作エフェクターでファズを作って見ましたが、意外に作れるものだなと自分でも驚いています。電子回路など全く知らない素人でも簡単なエフェクターは作ることが可能です。これから自作エフェクターをはじめて見ようかなと思う方は、回路図やパーツの少なさからもFUZZ(ファズ)が作りやすいと思います。電子パーツの基本的な知識は勉強する必要がありますが、少し難しいプラモデルと思えば作れるのではないでしょうか。(※手が不器用な方は難しいかもしれません)

また、この「POWER FUZZ」はシンプルな回路図ですが、もっと複雑になるときっとそれなりのファズになるのではと思います。自分でも狙ったサウンドや工夫ができるようになればと思いますが、それはまた遠い遠い先の話になりそうです。

以上、「はじめてのエフェクター自作でFUZZ(ファズ)を作ってみた」でした。

また自作エフェクターをご紹介できたらと思います。

 

【自作エフェクターの注意点】

自作エフェクターは失敗がつきものです。意地になって作業をするとケガをしたり火傷することになりかねないので、落ち着いてじっくり時間をかけて製作した方が良いです。また、この「POWER FUZZ 」は自作フェクターを改造していますが、パーツ交換はハンダの付け替えになりますので、他のパーツが熱で壊れることもあります。改造はあくまでも自己責任でお願いします。