エフェクターノート

エフェクターや機材で理想のサウンドを追求していく試行錯誤型の実体験ブログです。

BOSS LS2ラインセレクターを使った組み合わせ〜フォーマット編〜【エフェクターノート】

BOSS LS2ラインセレクターを使った組み合わせ〜フォーマット編〜

 

こんにちは。

今回は「BOSS LS2ラインセレクターを使った組み合わせ〜フォーマット編〜」について書きたいと思います。 

最近、BOSS「LS2」ラインセレクターを使って、エフェクターボードを組んでパッチケーブルや配線の実験をしていますが、一度ラインセレクターで組んだ配置はそのままフォーマットとして使うことができるのではと思うようになりました。

【Leqtique「9/9」とMESA/BOOGIETHROTTLE BOX」の実験】

以前に、Leqtique「9/9」とMESA/BOOGIETHROTTLE BOX」で性質の異なる歪みをBOSS「LS2」で切り替えることを試しました。

BOSS LS2ラインセレクター

 

こちらのエフェクターボードの配置のまま、歪みエフェクターを変えてしまえば、歪みエフェクターの組み合わせバリエーションができて面白いかなと思ったので、いくつか試してみましたので、簡単にご紹介したいと思います。

 

【BOSS LS2のセッティングについて】

BOSS LS2のセッティングについては、AループとBループで切り替えるモードにしてあります。Bループは、ソロ用として今回は考えているので、LEVEL(音量)はAループよりやや大きめにセッティングしてあります。

BOSS LS2のセッティング

  

MAD PROFESSOR(マッドプロフェッサー)歪み系エフェクターの組み合わせ】

Stone Grey DistortionAmber OverdriveとBOSS LS2

MAD PROFESSOR(マッドプロフェッサー)同士の歪み系エフェクターで組み合わせて見ました。AループにStone Grey Distortionでバッキング。BループにAmber Overdriveでリードソロといった切り替える組み合わせです。

 

<Stone Grey Distortion / MAD PROFESSOR

MAD PROFESSOR Stone Grey Distortion

Stone Grey Distortion」は、コードぼ分離感が良いハイゲインディストーションです。サウンドが硬いのでアンプを選ぶ必要がありますが、5、6弦はしっかり音が出るので、パワーコードを使ったリフなどバッキングに使用します。意外にギターのボリュームコントロールにも反応するので、クランチまではサウンドは出せると思います。

「Stone Grey Distortion」は、Leqtique「9/9」と比べて低音が出ないので、代用ペダルとまではいきませんが、「Stone Grey Distortion」は限定的な使い方(5,6弦のみなど)をした方がより効果が出るペダルと個人的には思います。

 

<Amber Overdrive / MAD PROFESSOR

MAD PROFESSOR Amber Overdrive

Amber Overdrive」は、オーバードライブと表記されていながらも、ファズ系のオーバードライブになります。ほとんどサウンドはファズですが、「Stone Grey Distortion」を太く柔らかくしたようなペダルです。リードソロ時にスッキリとしたハイゲインサウンドの「Stone Grey Distortion」から、太く歪む「Amber Overdrive」に切り替えて使うという感じです。

同じMAD PROFESSORなので、あまりサウンドの雰囲気は変えず、歪みの性質だけ切り替えると面白いかなと思った組み合わせです。

BループのMESA/BOOGIETHROTTLE BOX」と比べると、歪みの深さは

THROTTLE BOX」の方が強いですが、 リードソロとして使うならば、「Amber Overdrive」とMESA/BOOGIE「THROTTLE BOX」どちらでもいいかなと思います。メーカー名で好みが分かれると思いますが、出したいサウンドが出れば見た目は重要視してしまいますが、どんなものでもいいと個人的には思います。

 

【オーバードライブ同士の組み合わせ】

BD2とStrawberry Red Over DriveとBOSS LS

オーバードライブ同士で組み合わせて見ました。AループにBOSS「BD2」でバッキング。BループにONE CONTROL「Strawberry Red Over Drive」でリードソロといった切り替える組み合わせです。

 

<BOSS /BD2>

BOSS BD2

BOSS「BD2」は、クランチセッティングにしてあります。5,6弦パワーコードは出にくいですが、カッティングやコード弾きをメインにしたバッキング用にセッテイングしてあります。(BOSS BD2はシングルコイルのエレキギターと相性が良いように思います)

 

<Strawberry Red Over Drive / ONE CONTROL>

Strawberry Red Over Drive ONE CONTROL 

「Strawberry Red Over Drive」は、使える範囲が広いオーバードライブですが、「Strawberry Red Over Drive」は特に甘いリードソロが良いと個人的には思います。BOSS「BD2」と違い、サウンドの鋭さ、エッジの強さをBOSS「LS2」で切り替えたら面白いかなと思って組み合わせました。

BOSS「BD2」でキレのあるサウンドから「Strawberry Red Over Drive」で切り替えて、甘いリードトーンへと変化させる感じが楽しめたらいいかなと思います。

 

【TS系オーバードライブとディストーションの組み合わせ】

TS9とSDT2とBOSS LS2

TS系オーバードライブとディストーションの組み合わせてみました。AループにIbanez「TS9」でバッキングやブースター。BループにProvidence「SDT2」でリフからリードソロといった切り替える組み合わせです。Aループに「TS系オーバードライブ」、Bループに「ディストーション」とカテゴリー違うエフェクター同士を組み合わせるのもありかなと思います。

 

Ibanez / TS9>

Ibanez TS9

Ibanez「TS9」は、「TS系オーバードライブ」ならばどのペダルでもいいと思いますが、例えば「Marshall JCM 2000」でブースト時に使用したり、バッキング用として使用したりとBループの「ディストーション」にはない性質を組み合わせています。

 

<Providence / SDT2>

Providence SDT2

Providence 「SDT2」は、どちらかと言うとファズよりのハイゲインディストーションですが、5,6弦リフからリードソロまでずっと弾けるタイプなので、こういったディストーションをBループに組み込んでおくと便利かなと思います。

「JC120」を想定して組んでしまいましたが、「Marshall JCM 2000」などの真空管アンプの歪みメインの場合は、ゲインブースターとして使えるディストーション(BOSS DS1など)を組んでおくと、ブースター同士の切り替えでのコントロールも面白いと思います。また、BOSS「SD1」など同じ「TS系オーバードライブ」同士を切り替えても面白そうです。

 

【BOSS LS2ラインセレクターを使った今回のまとめ】

BOSS「LS2」などラインセレクターで予めエフェクターボードを組んでおくと、エフェクター変えるだけで様々なシチュエーションに対応できると思いました。今回はシュミレーションですが、このラインセレクターのフォーマットをもっと大きなエフェクターボードに組み込んで、さらに展開をできたらといいなと思う機会でした。