エフェクターノート

エフェクターや機材で理想のサウンドを追求していく試行錯誤型の実体験ブログです。

MAD PROFESSOR/Amber Overdrive HAND WIRED レビュー

こんにちは。

今回は、MAD PROFESSOR/Amber Overdrive HAND WIRED レビュー」について書きたいと思います。

f:id:jundrive3:20170930132008j:image

「MAD PROFESSOR/Amber Overdrive」は以前、YouTubeであるギタリストが使用しており、気になっていたペダルです。機会がありましたので、手に入れてみました。メーカーはMAD PROFESSOR(マッドプロフェッサー)で、ONE CONTROL(ワンコントロール)のビルダーBJF氏が関わっていたエフェクターとなります。この「MAD PROFESSOR(マッドプロフェッサー)」のエフェクターは、ここ近年、プリント基板で販売コストが下がり、手に入れやすくなりました。廉価版(といっても高い)は、エフェクター名の前にNEWがついたりします。また、元々「MAD PROFESSOR」はハンドメイド製で「HAND WIRED」と書かれたものがハンドメイドのものになります。

f:id:jundrive3:20170930131706j:image

 ↑こちらがプリント基板製(New Stone Grey Distortion参考)

f:id:jundrive3:20170930131647j:image

 ↑こちらがハンドメイド製(Amber Overdrive HAND WIRED)

 

今回はRoland「MICRO CUBE」でのシュミレーションになりますが、簡単にご紹介したいと思います。

 

MAD PROFESSOR/Amber Overdrive HAND WIRED】

f:id:jundrive3:20170929163828j:image

この「MAD PROFESSOR/Amber Overdrive」は、オーバードライブというカテゴリーではありますが、歪み自体は「ファズ」に近いオーバードライブです。実際、弾いてみたところ、かなり歪む太いオーバードライブの印象です。

 

【Amber Overdrive HAND WIREDのセッティング】

f:id:jundrive3:20170929163852j:image

まず、

VOLUME(音の大きさ)は、9時くらいがアンプの音量と同じくらいです。10時まで上げても良さそうですが、かなり出力高いです。

 

DRIVE(歪みの大きさは)9時くらいから歪み始めます。

f:id:jundrive3:20170929164458j:image

 次に、DRIVEを一気にMAXにしてみました。

f:id:jundrive3:20170929164723j:image

 MAXにすると、さすがに少しノイズが出てきますが、歪みはかなり深いですが印象は、暴れるといったことはなく、上品に歪みが深くなるといった感じです。「MAD PROFESSOR」らしさを感じます。

f:id:jundrive3:20170929165046j:image

 11時くらいが無難な歪み加減でしょうか。シュミレーションなので、スタジオではまた歪みのセッティングは変わってくると思います。

 

次、TONE(音の高さ)を調整してみます。

f:id:jundrive3:20170929164458j:image

12時くらいが程よい位置だと思います。TONEもスタジオなどの大型アンプによって、変わってくるので調整が必要です。

f:id:jundrive3:20170929165554j:image

TONEMAXにしてみました。かなり効きはいいです。高域が出て、音の輪郭がしっかりしてきます。といっても、キーンと痛い高音の印象はないので、程よくピークを調節してあるように思います。

 

【Amber Overdrive HAND WIREDを弾いてみて】 

MAD PROFESSOR「Amber Overdrive HAND WIRED」を弾いてみて感じたことは、ジューシー音が太いといった印象でした。味わい深いです。

ファズ系なので、音が太い傾向はありますが、MAD PROFESSOR「Amber Overdrive HAND WIRED」は、さらにハンドメイドで音が細かいところまで再生される感じで、音が味わい深いです。上品かつ存在感があるサウンドが出るペダルといったところです。使い方としては、太い音が出るので、リードソロがベストかなと個人的には思います。出力が高いオーバードライブなので、もしかしたらブースト的な使い方ができるかもしれませんが、今のところリードソロで使いたいエフェクターです。

使い方は限定されますが、ファズ系で上品なペダルを探しているならば、このMAD PROFESSOR「Amber Overdrive HAND WIRED」がピッタリだと思います。リードソロ系ならば、この一台あれば、あとは必要ないのではと思えるオーバードライブでした。ハンドメイドらしさを感じれる良いペダルです。

以上、MAD PROFESSOR「Amber Overdrive HAND WIRED」のレビューでした。