エフェクターノート

エフェクターや機材で理想のサウンドを追求していく試行錯誤型の実体験ブログです。

はじめての自作エフェクターでHARD DIST / ディストーションを作ってみた

はじめての自作エフェクターでHARD DIST / ディストーションを作ってみた

こんにちは。

今回は「はじめての自作エフェクターでHARD DIST / ディストーションを作ってみた」について書きたいと思います。

 

前回、自作エフェクター「POWER FUZZ(ファズ)」を製作した記事を書きましたが、自作エフェクター第2弾のご紹介になります。

「POWER FUZZ」と同じ書籍、秋間経夫の「初めてのオリジナル・エフェクター&ミニ・アンプ製作」の中から「HARD DIST(ディストーション)」の製作した時のことを書きたいと思います。

HARD DIST ディストーション 

振り返ることになりますが、2015年くらいに自分の中でエフェクターを作ってみたいなという衝動があり、勢いで製作やモディファイ(改造)、歪みの研究に励んだ時期がありました。丁度、このエフェクターノートのブログをまだ始めたばかりの頃で、今頃(2017年)になって記事を書いております。タイムラグがありますが、ご了承頂ければと思います。

 

【HARD DIST(ディストーション)について】

HARD DIST ディストーション

 「HARD DIST」は、本によると「非常に使いやすいきれいな歪み系エフェクター」と書かれています。特徴としては、「シリコンダイオード」ではなく「ゲルマニウムダイオード(1N60)」を使用し、暖かみのある音色がでるディストーションペダルになります。シンプルにDRIVE(歪み)、LEVEL(出力)のツマミのみの構成になります。

 

【HARD DISTの回路図と基盤図について】

 HARD DISTの回路図と基盤図

回路については、全くの素人なので回路図を見てもさっぱりわかりません。何のパーツかはわかりますが、どこがどう繋がっているか理解するのに時間はかかりそうです。(色々試したパーツや値が付箋で貼ってあり苦戦したことを物語ってます)

基盤図はパーツが割と少なめで、初めての自作エフェクターディストーションを作るには入りやすいと思います。

 

 【HARD DISTの製作期間と音が出るまで】

HARD DIST完成図

製作期間は1〜2週間くらいで、一通り製作した記憶がありますが、自作エフェクターで当たり前とも言える「音が出ない」というトラブルに遭遇してしまい、結果的には1ヶ月ぐらいかかりました。完成したはいいけれど、音が出なかったらなんの意味もないのがエフェクター。音が出なかった時の挫折感は強烈なのを覚えています。もう一度、パーツや回路、配線をイチから見直し、基盤を新たに作り直し、再トライ。完成に至りました。(つい嬉しさのあまり裏ブタに落書きと製作日を書いてあります)

 【HARD DISTのセッティングについて】

HARD DISTのセッティング

GAIN(歪み)MAX10でハイゲインになります。8あたりでは少し強いオーバードライブですが、9あたりから急激に歪みます。自作なので可変がデタラメですが、クランチ1〜6、オーバードライブ7〜8、ディストーション9〜10で、GAINの変化は極端ですが、MAXにすればギターボリュームには反応します。キレイなクリーントーンになります。

LEVEL(出力)11時くらいがアンプと同じ出力レベルです。かなり出力は大きめ(に改造しました)です。

 

【HARD DISTを試行錯誤してモディファイ(改造)する】

 音が初めて出た時は、すごく感動しましたが、問題点がありました。歪みは他と比べものにならないくらいキレイでしたが、LEVEL(出力)をMAXにしても、 音が蚊のように小音過ぎる点でした。

その時、既存ペダルのモディファイの研究や実験もしていたので、BOSS「DS1」Keeley.Modを応用して、「HARD DIST」をモディファイしてみました。

 

【モディファイ部分①シリコンダイオードとフィルムコンデンサー交換】

HARD DISTの改造 コンデンサー交換

まず、「HARD DIST」「ゲルマニウムダイオード(1N60)」の一方のダイオード「シリコンダイオード」に交換し、出力を上げることができました。「シリコンダイオードにすると出力が上がるようです。次に、低音がもう少し出したかったので、音域に関連する「フィルムコンデンサー」の値を上げて、交換しました。結果、歪みもやや荒々しくなりましたが、弾きごたえあるサウンドになりました。

 

【モディファイ部分②ミニスイッチの増設】

HARD DISTの改造 LEDとミニスイッチ

さらに出力を上げるため、ミニスイッチLEDダイオードを設置しました。これは、BOSS「DS1」Keeley.Modの方法を取り入れました。

HARD DISTの改造 LEDとミニスイッチ

 ↑上がっていると通常の状態。

ゲルマニウムダイオード「シリコンダイオードの組み合わせになります。

ゲルマニウムダイオードとシリコンダイオード

↑下げるとダイオード「シリコンダイオード「LEDダイオードの組み合わせに切り変わり、出力がさらに上がります。出力が大き過ぎて使わないことが多いですが、ミニスイッチの増設によりさらに出力が上がりました。

 

以上のモディファイを行った結果、ようやく普通使えるエフェクターへとすることができました。(ただし、この方法はあくまでも勘で改造し、奇跡的に成功したのであまり再現性はないと思います)

 

【HARD DISTを実際に弾いてみて思うこと】

「HARD DIST」を弾いてみて思うことは、高品質パーツで製作したということもあり、ギターの原音の再生がものすごく綺麗に出力されるなと感じました。今まで何十台もの歪み系エフェクターを試したけれど、歪みの美しさ(透明感)は、手持ちの歪みエフェクターの中では「HARD DIST」が個人的には一番になっています。透明感があり、ギターの原音が美しく聴こえ、さらに綺麗に歪む。理想のディストーションではありますが、トーン調整ができないことや「J C120」で試すという、歪みのピークがファズっぽく潰れてしまう点で、まだ、実用的には使うまではいかないなと思っています。

 

【自作エフェクター「HARD DIST」を製作してみて思うこと】

自作エフェクターを製作してみると、普段何気に使っているエフェクターの見え方が変わってくるように思います。ハンドメイド系のエフェクターの基盤をみると、今回使用した同じ高品質パーツが使用されていたりします。モディファイでも色々試しましたが、高品質パーツ(コンデンサーやオペアンプなど)で、音は変わります。高品質なパーツにするほど、音が綺麗に澄んでゆく傾向があると感じます。回路図を理解することができれば、もしかしたらオリジナルのディストーションを作れるかもしれないと思いますが、またそれはいつかの夢にしようと思います。

歪みを知るためにも、一度、自作エフェクターを作ってみることはオススメです。音が出た時は、本当に感動します。是非、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。