エフェクターノート

エフェクターや機材で理想のサウンドを追求していく試行錯誤型の実体験ブログです。

Marshall JCM900のリードチャンネルでSD1をテストしてみた【エフェクターノート】

Marshall JCM900のリードチャンネルでSD1をテストしてみた

こんにちは。

今回は「Marshall JCM900のリードチャンネルでSD1をテストしてみた」について書きたいと思います。

Marshall JCM900

 

前回は、「Marshall JCM2000」のリードチャンネル(アンプ直)に合う歪みエフェクターをいくつか試してみました。結果、良い感じになったのは、BOSS「SD1(改造)」とxotic「EPbooster」になりました。空間系のアナログディレイは「センドリターン」使用となってます。

f:id:jundrive3:20171103171254j:image

今回は、この同じセッティングを使って「Marshall JCM900Marshall JCM900」のリードチャンネルで試したことをご紹介したいと思います。

 

【今回使用した機材】

PRS CUSTOM 22(ギター)→BOSS「SD1(改造)」→xotic「EPbooster」→Marshall JCM 900(アンプ)←ELECTRO-HARMONIX / MEMORY TOY(アナログディレイ・センドリターン接続)

 

【Marshall JCM900のセッティング】

 PREAMP(CH.B)のLEAD GAINチャンネルを使用します。

Marshall JCM900

PUSH ON(CH.B)を押すと赤いL EDが点灯します。その隣のツマミ2つがCH.Bの MASTERとなり、「VOLUME(音量)」と「REVERB(リバーブ)」が調整できます。(JCM2000を使うことが多い人は戸惑うかもしれません)

Marshall JCM900のイコライジング

そして、さらにMASTERの隣のツマミ4つが、イコライザーになります。

PRESENS=0

TREBLE=3.5ぐらい

MIDDLE=3.5ぐらい

BASS=3.5ぐらい

「Marshall JCM2000」や「Marshall JCM900」は、高音が出るアンプなので、控え目にしてあります。あまり下げすぎると音がこもるので、意図的ではない限り、程よいところを探ると自分はこのぐらいが丁度いいです。(個人差はあると思います)

Marshall JCM900のGAINチャンネル

 さらに、隣にPREAMPの2つのツマミがあります。このセクションがGAIN(歪み)になります。今回は(CH.B)を調整していきます。メモリが20までありますが、13ぐらい、歪みのピークあたりにセッティングしました。

「Marshall JCM2000」とパネルを比べると、「Marshall JCM2000」は「VOLUME / GAIN」とわかりやすくまとめられていますが、「Marshall JCM900」は「VOLUME」と「GAIN」が離れ離れになっているのが特徴です。両サイドで調整するイメージだと、使用するときに迷なくてもいいかもしません。

 

【Marshall JCM900のリードチャンネルにSD1でブーストしてみた感想】

Marshall JCM900とSD1

「Marshall JCM2000」同様に、「Marshall JCM900」のアンプの歪みにBOSS「 SD1(改造)」をブーストして弾いてみましたが、「Marshall JCM2000」と同じように心地良いドライブサウンドが得られました。「Marshall JCM900」と「SD1」は相性がいいように思います。

また、「Marshall JCM2000」よりも「Marshall JCM900」の方が若干ですが、良い感じがしました。聞きなれない人だとわかりにくいですが「Marshall JCM2000」の歪みはガッツがあって前出てくる印象で、歪みの性質もやや荒々しい感じがします。一方、「Marshall JCM900」は、歪みは「Marshall JCM2000」ほど前にがっつかない感じで、「Marshall」ではあるけれど、控えめな印象がしました。「Marshall JCM900」を使ったのは、まだ2〜3回程度しか使っておりませんが、「Marshall JCM900」の方が、歪みは扱いやすく、弾きやすいかなと感じました。個人的に、もし「Marshall 」でヘッドアンプを持つなら「Marshall JCM900」を選ぶかなと考えます。そう思うと、「Marshall JCM2000」は、暴れ馬みたいなところもあって使いこなすには結構難しいのでは?と思いました。(実際、Marshall JCM2000の歪みが苦手でこうやって色々試している)

 

【今回のMarshall JCM900のリードチャンネルについて思うこと】

今回、「Marshall JCM900Marshall JCM900」のリードチャンネルについて思うことは、アンプの歪みだけでも弾けなくはないですが、にBOSS「SD1」などの「TS系オーバードライブ」を使うことで、弾きやすくなると思いました。あった方が、安心かなと思います。

また、今回、立て続けに「Marshall」アンプで弾いてみましたが、「Marshall」のような大きなアンプの歪みはギターの原音がものすごく出るなと感じました。歪みエフェクターで、原音がでるものもありますが、アンプの歪みと比べると比ではないくらいアンプの方がギター原音は出ます。そのため、音抜けは「アンプ直」が良いと言われる所以なのではと思いますが、ただ「アンプ直」でのサウンド慣れも必要だなと今回感じさせられました。

もう少し書かせて頂きますが、自宅でミニアンプで歪みエフェクターのサウンドで練習しているのと、スタジオに行って「Marshall」のスタックアンプで練習するのとは、感覚が全く違うなと思います。極端ですが、スタックアンプでは、単純に音が大きいということもありますが、さらにギター原音が出まくるので、ピッキングミスやミュートの甘さ、運指ミスなどは、すぐバレるという点もあるなと感じました。ライブ本番は、スタックアンプを使うならば、スタックアンプで練習するのがベストだと思います。「アンプの歪み」に慣れるためにも、これからもしばらくは「アンプの歪み」に焦点を合わせていけたらと思います。