エフェクターノート

エフェクターや機材で理想のサウンドを追求していく試行錯誤型の実体験ブログです。

BOSS BD2をミニマムセッティングにしてJC120で試してみた【エフェクターノート】

BOSS BD2をミニマムセッティングにしてJC120で試してみた

こんにちは。

今回は「BOSS BD2をミニマムセッティングにしてJC120で試してみた」を書きたいと思います。

 BOSS BD2

今回は、ギター仲間とエフェクターにちいて話していた時、BOSS「BD2」BOSS BD2をクリーンブースター的に使っていると聞き、気になって久しぶりにBOSS「BD2」を取り出して、改めて使い方やセッティングを見直すことをしてみました。

BOSS「BD2」は、クランチ系のオーバードライブで有名ですが、歪み幅も広くGAINのツマミをMAXにするとかなり充分な歪みを持つペダルです。今までは歪みに焦点を当てていましたが、今回は、歪みではなくミニマムセッティングにし、そのペダルを通すことでどうクリーンサウンドが変わるのかを「JC120」JC120で試ししてみたので、簡単にご紹介したと思います。

 

【BOSS BD2のセッティング】

BOSS BD2

 LEVEL=12時くらい。普段は10時〜11時あたりですが、今回はブースター的に使うので上げ気味にしました。

GAIN=7時くらい。BOSS「BD2」は、GAINゼロにしても音が出ることに再発見しました。

TONE=12時くらい。程よく高音が出るあたりにセッティングしています。

※使用しているBOSS「BD2」はkeeley.modに改造してあります。ノーマルよりも低音が上がってます。

 

【今回使用する機材】

PRS CUSTOM 22(ギター)→BOSS「BD2」→JC120

 

【JC120のセッティング】

JC120のセッティング 

VOLUME=2ぐらい(スタジオの環境に合わせる)

TREBLE=12時くらい

MIDDLE=12時くらい

BASS=12時くらい

DISTORTION=0

REVERB=9時くらい

BRIスイッチ=OFF

JC120のチャンネルリンク

↑ チャンネルリンクをしてあります。

CHANNEL2(HIGI)→CHANNEL1(LOW)※チャンネルやHIGI&LOWは逆でも問題ありません。

 

 【BOSS BD2をミニマムセッティングで試した感想】

BOSS「BD2」をミニマムセッティングにして、ONにしてみました。すると、少しだけ音量が上がり、程よいクランチサウンドになりました。「JC120」そのままのクリーンサウンドは、ペケペケしますが、BOSS「BD2」をONにすると、一本の弦を弾いても軽いクランチになります。それと同時に、音の芯が引き締まった感じがしました。音にコシが出てくる感じでしょうか。クランチサウンドはあまり今まで意識したことがありませんでしたが、BOSS「BD2」はこういった使い方もできるのだと知りました。

 

【BOSS DS1と組み合わせてみました】

BOSS BD2とDS1

このBOSS「BD2」で作ったクランチサウンドにBOSS「DS1」BOSS DS1を組み合わせてみることにしました。BOSS「BD2」はGAINが0なので、BOSS「DS1」の歪みはほぼMAXにセッティングにしました。BOSS「DS1」の方も改造してありますが、BOSS「DS1」単体では細い感じのディストーションサウンドでしたが、BOSS「BD2」で後段に加えて上げると、歪みがドシッとしっかりしたディストーションサウンドに変わりました。このセッティングと組み合わせは、意外に良さような気がします。

ちなみに、BOSS「BD2」側のGAINを上げると歪みが固るまってしまうサウンドになっていきます。BOSS「BD2」はGAINが0の方が良い結果が出ると思います。このセッティングは、なんだかディストーション単体では頼りなく、もっとパワーを上げたい時にいいかもしれません。また、クランチサウンドと歪みサウンドをBOSS「DS1」のON/OFFで切り替えることがメリットでもあります。「JC120」のアンプクリーンとエフェクターディストーションでは、音色に差があり過ぎて、バンド演奏や曲を弾いている時に違和感があるサウンドになる傾向があります。そんな時にBOSS「BD2」で、歪みベース(下地)を作っておくと、統一感あるサウンドで弾くことができると感じました。

 

【BOSS BD2をミニマムセッティングにしてJC120で試してみた感想】

今回、BOSS「BD2」をミニマムセッティングにしてJC120で試してみた感想としては、クリーンブースタークリーンブースターにも使えるオーバードライブオーバードライブの新しい一面を見た感じがしました。今までは、歪み、GAIN、DRIVEを上げて足すことを意識していましたが、今回のようにあえてGAIN要素を引いてみる。または、クリーン、クランチを意識してみることで、ひょっとしたら使いにくかったエフェクターの突破口が開くかもしれないと思いました。

歪みだけでなく、クリーン、クランチ、オーバードライブ音色を探すことで、結果的に歪みが活きる。そんな可能性を感じられた機会でした。