エフェクターノート

エフェクターや機材で理想のサウンドを追求していく試行錯誤型の実体験ブログです。

BOSS OD3 オーバードライブ 復活シュミレーションレビュー【エフェクターノート】

BOSS  OD3 オーバードライブ 復活シュミレーションレビュー

こんにちは。

今回は「BOSS  OD3 オーバードライブ 復活シュミレーションレビュー」について書きたいと思います。

BOSS OD3

【BOSS OD3オーバードライブの復活について】

今回、ご紹介するBOSS「OD3」BOSS OD3ですが、同じBOSS「BD2」BOSS BD2「DS1」BOSS DS1はレビューをしているのに、BOSS「OD3」はなぜレビューがないのかという理由は、実は、BOSS「OD3」の改造(モディファイ)に失敗し、故障しておりました。

改造したBOSS「OD3」は、音は出るけれど、途中で歪みが減退してゆく現象に見舞わられ、原因がわからずなくなく使用せず保管してありました。最近、過去使用した歪み系エフェクターを見直していますが、やはりBOSS「OD3」も見直したいと考え、今回、修理に踏み切り、見事に(奇跡的に)直ったので、復活とさせて頂きました。

 

【BOSS OD3のセッティング】

BOSS OD3

このBOSS「OD3」は、また初めてオーバードライブを購入した時に選んだペダルになります。試奏では、店員さんにギターを弾いてもらって相談して購入したのを覚えております。

ツマミの構成は、左から「LEVEL」「 TONE」「DRIVE」のわかりやすい3つの構成になっています。

LEVEL=10時〜11時あたり。出力は高めのオーバードライブになります。ブースターとしても使えます。

TONE=13時あたり。BOSS「OD3」のトーンは効きが良いです。効きが良い分、よく音を聴いてセッティングする必要があります。また、アンプによってセッティングし直す必要もあります。

DRIVE=3時あたり。BOSS「OD3」の歪みは非常に滑らかな歪みをしています。かなり低音が出るのが特徴です。

今回使用しているBOSS「OD3」は、改造してあるので多少はノイズが抑えられています。以前は、歪みMAXにするとノイズが出てくることがありました。

※LEDは白色に変更してあります。ノーマルは赤色です。

 

【BOSS OD3をミニアンプで弾いてみた感想】

BOSS「OD3」をミニアンプ、Roland「MICRO  CUBE」で弾いてみた感想は、弾きやすいオーバードライブといった感じです。同じオーバードライブのBOSS「BD2」と比べると幅広く弾ける感じがします。BOSS「BD2」よりもBOSS「OD3」の方が弾きやすいのではと思います。歪みはかなり低音が出て、「DRIVE」を上げれば上げる程、低音が上がる感じです。コードをジャラーン!と弾いた感じも、整っていて弾いていて気持ちがよく、低音が特徴のZ.VEX「 BOX  OF ROCK」Z.VEX BOXOFROCK」」に似ている感じがします。低音は確かにミニアンプではボワッと気になりますが、Z.VEX「 BOX OF ROCK」を「JC120」JC120で試した時は、丁度いいぐらいでしたので、BOSS「OD3」も、恐らく丁度いいぐらいの音域になるのではと予測しています。

ちなみに、今回のBOSS「OD3」は低音カットのミニスイッチBOSS OD3をつけてあります。

BOSS OD3

ミニスイッチの下にすると通常の低音。

BOSS OD3

ミニスイッチの上にすると、やや低音がカットされスッキリします。しかし、「JC120」でテストをしていないので、これが効果的なのかは不明です。またテストして確認したいと思います。

 

【BOSS OD3をブースターとして使った場合の組み合わせ】

BOSS OD3とBOSS DS1

BOSS「OD3」とBOSS「DS1」と組み合わせてみました。メインの歪みに「DS1」を設置し、「OD3」の「DRIVE」を下げ、「LEVEL」を上げたセッティングでブーストして見ました。このセッティングは、個人的にはオススメで、非常に伸びのあるサウンドが出ます。どうしても「DS1」は低音が苦手なディストーションで迫力に欠けるところがありますが、これを低音たっぷりの「OD3」でブーストすることにより、バランスのよい滑らかなディストーションサウンドに変化します。「OD3」と「DS1」の相性は非常に良いです。「DS1」だけでは物足りないなら「OD3」を。「OD3」だけで、パンチが足りないなら「DS1」を足すと良い結果が出ると思います。もし、こだわりがないのであれば、高価なディストーションペダル1つを探すよりも「OD3」と「DS1」の2つを組み合わせた方が早いように思います。 同様にBOSS「OD1X」BOSS OD1XBOSS「DS1X」BOSS DS1Xでも、大幅な仕様やサウンドに変更がなければ、再現は可能だと思います。機会があれば、組み合わせてみたいです。「OD3」と「DS1」の組み合わせは、特にオススメの組み合わせです。

 

【BOSS OD3 復活シュミレーションをしてみて思うこと】

今回、BOSS「OD3」を久しぶりにシュミレーションして思うことは、BOSS「OD3」は安心感ある安定のオーバードライブだと思いました。こんな使いやすいペダルだったんだと感じました。正直な所、 同じ低域が出るオーバードライブ、Fulltone「OCD」Fulltone OCDと比べると断然BOSS「OD3」の方が使いやすいです(※ OCDを否定してる訳ではありません。OCDはOCDなりの良さや最適なの使い方があるはずです。あくまでも使いやすさの意味です)無茶な改造で、BOSS「OD3」を置いて他の歪みペダルを探したことを後悔してしまいました。BOSS「OD3」を使えなかった分、余計に遠回りしてしまったように思います。その根拠に、BOSS「OD3」は、実際、楽器店に置いてある「JC120」で試奏し、 BOSS「SD1」JC120とじっくり比べて選んだエフェクターであり、納得して購入しているからです。やはり試奏は大事。ネットで「あ、欲しいな」で1クリックポチッは危険な行為だと反省しました。また、スタジオにいって、改めて、改造した箇所も含めてチェックして見たいと思います。改造(モディファイ)についてのことも少しは書けたらいいなと思いますが、無知での無茶な改造はエフェクターが必ず壊れます。ご注意ください。そして、 BOSSであれ、中国製のエフェクターであれ、誰も使っていないエフェクターであれ、しっかり選んだエフェクターは大切にしましょう。

 

以上、BOSS OD3 復活シュミレーションレビューについてでした。