エフェクターノート

エフェクターや機材で理想のサウンドを追求していく試行錯誤型の実体験ブログです。

TS系オーバードライブエフェクターを2個組み合わせる【エフェクターノート】

TS系オーバードライブエフェクターを2個組み合わせる

こんにちは。

今回は「TS系オーバードライブエフェクターを2個組み合わせる」について書きたいと思います。

TS系オーバードライブエフェクター

 今回は、ミニアンプ、Roland「MICRO CUBE」でのシュミレーションになります。「TS系オーバードライブ」はよく真空管アンプのブースターとして使われるエフェクターですが、その「TS系オーバードライブ」を2個組み合わせるとどうなるか気になり、実験してみましたので簡単にご紹介したいと思います。

 

【今回試したTS系オーバードライブ】

〈Fulltone/FULL-DRIVE2 MOSFET

Fulltone FULL-DRIVE2 MOSFET

前段にクランチぐらいにセッティングしたFulltone「FULL-DRIVE2 MOSFET」を設置しました。モードは「FMモード」です。「FULL-DRIVE2 MOSFET」はオーバードライブだけを使用します。

〈Maxon/ST9Pro+〉

Maxon ST9Pro+

後段に、ブースター的にセッティングしたMaxon「ST9Pro +」を設置しました。このMaxon「ST9Pro +」は、かなりセッティングが細かくできる仕様となっており、LEVELのツマミ以外にもミニスイッチで低域の出力を上げることができます。

Maxon ST9Pro+

4つのツマミの真ん中にあるミニスイッチ。「LOW BOOST」に入れると低域がブーストされ、音が太くなります。

Maxon ST9Pro+ LOW BOOST

さらに、4つのツマミで「TONE」の他に「中域」が調節できる「MID ENHANCE」がついています。このツマミにより強力にミッドを加えることができます。Maxon「ST9Pro +」は、踏みにくさあまりあまり使用してませんでしたが、かなり実践的な仕様になっていることに気付きました。

 

【2個のTS系オーバードライブを組み合わせたサウンド】

FULL-DRIVE2 MOSFETとST9Pro+

「FULL-DRIVE2 MOSFET」と「ST9pro +」を組み合わせてみました。すると、ミニアンプでは「TS系オーバードライブ」はこもったサウンドではありますが、スムーズに歪みました。さらに、ソロを弾くと伸びのある丸いサウンドが出てきました。RolandMICRO CUBE」と「JC120」は似たような傾向のアンプですが、歪まない「JC120」でもそれなりの歪みサウンドが出せそうです。もっとミッドを強く加えれば、5、6弦を使ったリフもなんとか弾けそうです。「TS系オーバードライブ」2個の組み合わせは、弾ける範囲くかなり良い組み合わせだと思います。

 

【2個のTS系オーバードライブを組み合わせてみた感想】

今回はシュミレーションではありますが、2個のTS系オーバードライブを組み合わせてみた感想としては、上手く歪みが重なります。オーバードライブ同士を組み合わせるとよく歪みが固まってしまうことがありますが、グッと中域の歪みが増す印象を受けました。「TS系OD」と「TS系OD」は相性が良く「JC120」や「Marshall JCM2000」などでも使えそうです。また、2個組み合わせた時に、弾いていて感じたことは弾きやすくなりました。これは不思議な現象ですが、スルスルと運指がしやすくなります。速弾きを含むリードソロでも、ピッキングによる引っかかりが少なくなりミスをする率が低くなりました。よくプロのエフェクターボードを見ると「TS系OD」を2個置いてあるのを見かけます。初めて見た時は、ディストーションを使えばいいのではと思いましたが、真空管アンプに合うエフェクターや弾きやすさを求めると「TS系オーバードライブ」になってくるのではと思いました。また、実際にスタジオに行って、TS系オーバードライブ2個の組み合わせを試したいと思います。

 

 以上、「TS系オーバードライブ2個の組み合わせ」でした。