エフェクターノート

エフェクターや機材で理想のサウンドを追求していく試行錯誤型の実体験ブログです。

FULL-DRIVE2 MOSFET〜Marshall JCM2000編〜

FULL-DRIVE2 MOSFET〜Marshall JCM2000編〜

こんにちは。

今回は「FULL-DRIVE2 MOSFET〜Marshall JCM2000編〜」について書きたいと思います。

FULL-DRIVE2 MOSFET

前回は「JC120」でFulltone「FULL-DRIVE2 MOSFET」を試しましたので、今回は実際にスタジオに行って「Marshall JCM2000」で試してきたことを簡単に書きたいと思います。

 

【今回使用する機材】

PRS CUSTOM 22(ギター)→FULL-DRIVE2 MOSFET(TS系オーバードライブ)→Marshall JCM 2000(アンプ)

 

【Marshall JCM2000のセッティングについて】

今回の「Marshall JCM 2000」はULTRA GAIN / CHANNEL BのLEAD2 チャンネルを使用して「アンプの歪み」に「FULL-DRIVE2 MOSFET」を足してみることにしました。

Marshall JCM2000のセッテイング

チャンネルはULTRA GAIN / CHANNEL B「LEAD2」を使用します。

VOLUME=2ぐらい(ドラムの音量と環境によって調整)

GAIN=6ぐらい 

Marshall JCM2000のイコライジング

PRESENS=0

TREBLE=3ぐらい

MIDDLE=3ぐらい

BASS=2ぐらい

REVERB=2ぐらい

DEEP=OFF

TONE SHIFT=OFF

※今回は低音が強く出てでたので、BASSをややカットしました。

 

【FULL-DRIVE2 MOSFETのセッティング】

FULL-DRIVE2 MOSFETのセッティング

〈左側のオーバードライブセッティング〉

VOLUME=12時

TONE=3時

OVERDRIVE=9時

FMモード使用※ドライブ音と原音をミックスするモードです。

〈右側のブースターセッティング〉 

BOOST=12時あたり

Mosfetモード

 

【FULL-DRIVE2 MOSFETをMarshall JCM2000で弾いてみた感想】

まず「FULL-DRIVE2 MOSFET」の左側のオーバードライブ側のみをONにして弾いてみた感想としては、伸びのあるサスティーンがアンプの歪みに加わり弾きやすくなりました。あまりサウンド自体には変化は見られませんが、弾いていた感覚としては、Ibanez「TS9」にすごく似ている印象です。そして、さらにブースト側をONすると、ややゲインが上がり若干音が太くなりました。セッティングによりますが、もう少しゲインを足したり、引いたりしたと細かいゲイン調整をしたい時は良いかもしれません。

 

【FULL-DRIVE2 MOSFETの各モードの試しについて】

FULL-DRIVE2 MOSFETの各モード

「FULL-DRIVE2 MOSFET」には、オーバードライブ側の「FMモード」の他に「CompCut」「Vintage」にありますが、両方試したところ、あまりサウンドの変化は見られませんでした。「JC120」では「CompCut」は音量が上がり、「Vintage」は歪みが上がりましたが、「Marshall JCM2000」のULTRA GAIN / CHANNEL B「LEAD2」では、モードが効きにくいかもしれません。

 

【FULL-DRIVE2 MOSFETをJC120と比べてみて思うこと】

JC120

「FULL-DRIVE2 MOSFET」を「JC120」と比べてみて感じたことは、「Marshall JCM2000」の方が相性が良いように思います。このことについてはTS系オーバードライブ、のMAXON「ST9Pro +」での比較でも書きますが「FULL-DRIVE2 MOSFET」は歪み傾向が強く「JC120」で単体で使用すると濁るような歪みに気付きました。セッティングや使い方で出てくるサウンドは変わりますが、サウンドがまとまって聴こえるという意味では「Marshall JCM2000」で使用した方が良い結果が出やすいと感じました。

 

【FULL-DRIVE2 MOSFET Marshall JCM2000編のまとめ】

今回は「FULL-DRIVE2 MOSFET」を「Marshall JCM2000」のULTRA GAIN / CHANNEL B「LEAD2」で試してみましたが、アンプ直の歪みでは「TS系オーバードライブ」の必要性を強く感じました。アンプ直の歪みでも問題なく弾けますが、サスティーンがないため弾きにくいと思います。余程の指板を押さえる力とピッキングの強さがないと音が途切れてしまうので、そういったスムーズな演奏をするためには「TS系オーバードライブ」は持っていた方が役に立つと思います。「FULL-DRIVE2 MOSFET」については、Ibanez「TS9」と似ているので、シンプルにブーストしたいならばどちらのモデルでも良いかなと思いますが、さらにもうひと押しブーストして歪みを足したい場合やクリーンチャンネル使用、各モード設定により細かくセッティングしてみたい場合は「FULL-DRIVE2 MOSFET」を選ぶと良いのではと思います。エフェクターとしては、持ってい損はない「TS系オーバードライブ」の1つであることは間違いないです。

 

以上、FULL-DRIVE2 MOSFET Marshall JCM2000編のまとめでした。