エフェクターノート

エフェクターや機材で理想のサウンドを追求していく試行錯誤型の実体験ブログです。

LITTLE BIG MUFFはJC120と相性抜群!

LITTLE BIG MUFFはJC120と相性抜群!

こんにちは。

今回は「LITTLE BIG MUFFはJC120と相性抜群!」について書きたいと思います。

LITTLE BIG MUFF

以前に、ミニアンプのRoland「MICRO CUBE」electro-harmonix「LITTLE BIG MUFF」のシュミレーションをしましたが、今回は実際にスタジオに行って「JC120」で試してきましたので、簡単に書きたいと思います。

 

【今回使用する機材】

PRS CUSTOM 22(ギター)→LITTLE BIG MUFF(ファズ)+MEMORY TOY(アナログディレイ)→JC120(アンプ)

 

【JC120のセッティング】

JC120のセッティング

VOLUME=1〜2ぐらい(スタジオの環境に合わせる)

TREBLE=12時

MIDDLE=12時

BASS=12時

DISTORTION=0

REVERB=9時くらい

BRIスイッチ=OFF

※チャンネルリンクはなし

 

【LITTLE BIG MUFFのセッティング】 

LITTLE BIG MUFFのセッティング

VOLUME=13時くらい

TONE=12時くらい

SUSTAIN=16時くらい

「LITTLE BIG MUFF」は、ファズで豪快なイメージがあるかもしれませんが、ツマミ加減を見ると、しっかり計算されているペダルのように感じます。SUSTAINは歪みのツマミですが、MAXに違いほどディストーション的に歪んでいきます。さらに、サスティーン(音が伸びること)があることにも注目です。TONE加減は、右左に振り切っても効きが良いです。右は「高域」へ左は「低域」へと変わっていきますが、音域の移り変わりもスムーズです。とてもツマミのバランスが良く設定されているように思います。

 

【LITTLE BIG MUFFをJC120で弾いてみた感想】

LITTLE BIG MUFFとMEMORY TOY

electro-harmonix「LITTLE BIG MUFF」を「JC120」で弾いた感想としては、リードソロを弾いて試しましたが、素晴らしいサウンドだと思いました。伸びのある重厚なサウンドが「JC120」から飛び出してきました。「LITTLE BIG MUFF」と同じメーカーelectro-harmonix「MEMORY TOY」のアナログディレイも後段に設置して、さらリードソロを弾いてみましたが、とても気持ちが良いサウンドに仕上がりました。RolandMICRO CUBE」のシュミレーションと同じように「JC120」でも同じファズサウンドが出ました。シュミレーションで感じた「ファズ+ディレイ」の組み合わせは良いと思います。また、「LITTLE BIG MUFF」は、ファズでなので、アタック感や原音や分離感はありませんが、ブーミーなサウンドをわざとパワーコードやコードで轟音にして弾くのも面白いと思います。ファズの使い方は人それぞれですが、特に「LITTLE BIG MUFF」はリードソロでの使用はオススメです。

 

【LITTLE BIG MUFFをJC120で弾いてみたまとめ】

今回のまとめとしては、「LITTLE BIG MUFF」は「JC120」との相性は抜群でした。「JC120」とファズの相性は良いと言った方が良いかもしれません。以前、BOSS「FZ5」を試した時も、上手くマッチングしていたように思います。「JC120」はよくディストーションを入れると歪みが詰まる傾向が強く、ファズのようなサウンドになりがちです。しかし、「JC120」にファズを入れると、もともと持っていたファズ要素が同じ要素でブーストされるので、上手くいくのでは?と個人的に勝手に考えております。迫力のある太く伸びのあるリードソロを「JC120」で弾くときは「BIG MUFF系ファズ」と「ディレイ」を試してみると良いと思います。

ちなみに「Marshall JCM2000」で「LITTLE BIG MUFF」を使う時は、クリーンチャンネル(クランチOFF)で使用できますが、アンプ特性で高域が増す傾向があります。TONEはやや抑えた方が良いです。耳が高域で痛くなることがあるので、よく調節をした方がいいです。

 

【LITTLE BIG MUFFをについてのあとがき】

最近、良いエフェクターは一体なんなのかと考えることがあります。良いエフェクターの定義は曖昧だと思いますが、今回の「LITTLE BIG MUFF」の試しを通して思うことは、弾いていて気持ちが良いサウンドを出すエフェクターだと思います。聴覚上、人間が心地よく聞こえる音域と周波数が計算されている。そんな計算し尽くされた完成度が高いエフェクターが良いエフェクターなのではと思います。LITTLE BIG MUFFにも心地よさがありました。「BIG MUFF」は手頃な価格ではありますが、完成度が高い王様のようなファズペダルだと思います。

 

以上、「LITTLE BIG MUFFはJC120と相性抜群!」についてでした。