エフェクターノート

エフェクターや機材で理想のサウンドを追求していく試行錯誤型の実体験ブログです。

ディレイ&ブーストペダル⁈ MEMORY TOY アナログディレイ

ディレイ&ブーストペダル⁈ MEMORY TOY アナログディレイ

こんにちは。

今回は「ディレイ&ブーストペダル⁈ MEMORY TOY アナログディレイ」について書きたいと思います。

MEMORY TOY

前回、electro-harmonix「LITTLE BIG MUFF」を「JC120」での実験で組み合わせた同メーカーの「MEMORY TOY(アナログディレイ)」について気付いたことを書きたいと思います。

 

【MEMORY TOYはJC120で使用すると音量が上がる】

electro-harmonix「MEMORY TOY」は、今まで何度か使用してきましたが、「JC120」単体でONにした時に、音量が上がることに気付きました。普段は「 Marshall JCM2000」を使うため、あまりわかりませんでしたが「JC120」では「MEMORY TOY」は、やや上がります。そして少し低音も出るような気もします。

 

【音量が上がるMEMORY TOYをどう使うか】

LITTLE BIG MUFFとMEMORY TOY

普通のディレイは、音量が上がるということはないと思いますが、個人的には音量が上がる「MEMORY TOY」は、ディレイ&ブースターとして使うには持ってこいのペダルだと考えました。 「LITTLE BIG MUFF」を試した時も、後段につなぎディレイをONにするとディレイと音量が上がりました。結果的は 「LITTLE BIG MUFF」+「ディレイ」+」ブースター」となり、良い感じのサウンドになりました。

 

【MEMORY TOYは一人二役のアナログディレイ】

エフェクターボード

いつも自分はディレイは薄くかけっぱなしで使うことが多いですが、例えば、ディレイなしでリフを刻んでいてからの、リードソロ時にディレイ+ブースターはエフェクターをすばか2台踏まなければいけないことがあります。そこで、ループスイッチャープログラムスイッチャーを駆使して、2台同時にONする工夫をしますが「MEMORY TOY」を踏めば、「ディレイ+ブースター」が可能。使い方次第で、1個ペダルが減らすこともできるなと思いました。考え方や使い方次第では、とても便利なアナログディレイペダルになると思います。

 

【ディレイブースト⁈ペダル MEMORY TOYのまとめ】

今回、取り上げたelectro-harmonix「MEMORY TOY」は、かなり以前から気に入っているアナログディレイです。個人的には、デジタルディレイよりかはアナログディレイの方が好みではありますが、ディレイ+ブースターのペダルは見かけたことがないので、「MEMORY TOY」はなかなか珍しい空間系エフェクターなのではと、今回再発見しました。以前、ネットでのレビューにも「音量が上がる」というコメントを見たことがありますが、故障ではないと思います。これはエレハモが意図して製作したのかどうかはわかりませんが、一台でディレイ+ブースターは、演奏中は非常に便利でありがたいエフェクターです。エフェクターは使い方次第で、価値観や評価が180度変わってしまうモノだと思いました。

 

以上、「ディレイブーストペダル⁈ MEMORY TOY」についてでした。