エフェクターノート

エフェクターや機材で理想のサウンドを追求していく試行錯誤型の実体験ブログです。

素晴らしきTS系オーバードライブ Maxon ST9Pro +

素晴らしきTS系オーバードライブ Maxon ST9Pro +

こんにちは。

今回は「素晴らしきTS系オーバードライブ Maxon ST9Pro +」について書きたいと思います。

Maxon ST9Pro +

前回、TS系オーバードライブの「FULL-DRIVE2 MOSFET」 Maxon「ST9Pro+」「JC120」で試した時に、Maxon「ST9Pro+」が非常に相性が良かったので、簡単にご紹介したいと思います。

 

【試した時の使用機材】

PRS CUSTOM 22(ギター)→Maxon ST9Pro+(TS系オーバードライブ)→JC120(アンプ)

 

【JC120のセッティング】

JC120のセッティング

VOLUME=1〜2ぐらい(スタジオの環境に合わせる)

TREBLE=12時

MIDDLE=12時

BASS=12時

DISTORTION=0

REVERB=9時くらい

BRIスイッチ=OFF

※チャンネルリンクはなし

 

【Maxon ST9Pro+のセッティング】

Maxon ST9Pro+のセッティング

DRIVE=8時くらい

LEVEL=12時くらい

MID ENHANCE=14時くらい

TONE=9時くらい

ミニスイッチ=CLASSIC

このMaxon「ST9Pro+」は、DRIVE、LEVEL、TONEのツマミの他に「MID ENHANCE」というツマミがついてます。このツマミがミッド(中域)を強力に上げることができます。

 

【JC120でMaxon ST9Pro+を試してみた感想】 

「JC120」に Maxon「ST9Pro+」を試してみた感想としては、素晴らしいクランチサウンドが出ました。今まで、数あるオーバードライブやディストーションを「JC120」を試してきましたが、このオーバードライブは、非常に相性が良いです。よく「JC120」にありがちな詰まったサウンドになりません。むしろ、音抜けが良く、艶のあるサウンドになりました。正直、自分でも反応の良さに驚いてしまいましたが、こんな良いエフェクターだったとはと感心しました。Maxon「ST9Pro+」の価値観が自分の中で一気に上がりました。以前は、Fulltone「OCD」ミックスして試したことがありますが、その時はイマイチでしたが、TS系オーバードライブですが、単体で十分なペダルだと感じました。

 

【さらにMaxon ST9Pro+のセッティングを変えてみました】

Maxon ST9Pro+のセッティング

DRIVE=MAX
LEVEL=12時くらい
MID ENHANCE=14時くらい
TONE=9時くらい
ミニスイッチ=LOW BOOST

DRIVEをMAXにして、ミニスイッチのLOW BOOSTで低音をブーストするセッティングにしました。

JC120のチャンネルリンク

さらに「JC120」をチャンネルリンクしてみました。

 

すると、オーバードライブとは思えないすごい音圧になりました。以前、BOSS「GE7」グラフィックイコライザーで中域を上げてブーストした状態に近くなりました。「JC120」は、ミッド(中域)が強力に上げれるエフェクターと相性が良いようです。

 

【素晴らしきTS系オーバードライブ Maxon ST9Pro +のまとめ】

今回のまとめとして、 Maxon ST9Pro +は「JC120」と相性が良く、TS系オーバードライブでありながらもかなり歪みました。ギターなど他の機材の違いで、多少結果は異なるかもしれませんが、オーバードライブはMaxon「ST9Pro +」コレ1台あれば、あとは必要ないのではというレベルのエフェクターだと、今回試して思いました。勿論、チューブスクリーマーなので「Marshall JCM 2000」でのリードチャンネル時のブーストにも最適です。エフェクターが見た目よりも重く、さらにスイッチが硬いので、ちゃんと使用していませんでしたが、こんな素晴らしいオーバードライブペダルだと思いませんでした。もっと早く気付けば良かったと思いましたが、エフェクターをかなり使いこなしてみて、初めてわかる良さかも知れません。 今後は、Maxonのペダルを注目していきたいと思います。是非、Maxon「ST9Pro +」を見かける機会があれば、一度、試奏をオススメいたします。

 

以上、「素晴らしきTS系オーバードライブ Maxon ST9Pro +」についてでした。