エフェクターノート

エフェクターや機材で理想のサウンドを追求していく試行錯誤型の実体験ブログです。

Sweet Baby Overdrive レビュー 〜JC120編〜

Sweet Baby Overdrive レビュー 〜JC120編〜

こんにちは。

今回は「Sweet Baby Overdrive レビュー 〜JC120編〜」について書きたいと思います。

Sweet Baby Overdrive

ここ最近は、ハンドメイド製エフェクターや2〜3万円する高価なエフェクターを試しておりましたが、逆にお手頃な安い価格のエフェクターは、果たして良いの悪いいのということを考えるようになりました。まず、始めとしてJOYOSweet Baby Overdriveを入手してみましたので、今回はそのことについて書きたいと思います。

 

【今回使用した機材】

PRS CUSTOM 22(ギター)→Sweet Baby Overdrive(オーバードライブ)→JC120(アンプ)

 

【JC120のセッティング】

JC120のセッティング

VOLUME=2ぐらい(スタジオの環境に合わせる)

TREBLE=12時

MIDDLE=12時

BASS=12時

DISTORTION=0

REVERB=9時くらい

BRIスイッチ=OFF

※チャンネルリンクはなし

 

【Sweet Baby Overdriveのセッティング】

Sweet Baby Overdrive

「Sweet Baby Overdrive」はMAD professorの「Sweet Honey Overdrive」のコピーされたものです。ツマミの構成も同様にVolume、Focus、Driveの3つのツマミ構成になります。

Volume=9時くらい。出力は高めのモデルです。ブースターとしても使えるかもしれません。

Focus=12時くらい。トーンコントロールのツマミになります。右に回す程、高域が上がっていきます。

Drive=12時くらい。クランチ気味のセッティングにしました。

 

【Sweet Baby OverdriveをJC120で試した感想】

「Sweet Baby Overdrive」を「JC120」を試してみた感想としては、思っていたよりも普通に良い感じのオーバードライブでした。4000円くらいの安価なオーバードライブは初めて弾きましたが、歪みもバランスが整っており、クセで使いにくくもなく、無難に使えるオーバードライブといった印象でした。スイッチは、割と浅めでカチッとすぐ切り替える仕様になっています。重さも軽めです。

Sweet Baby Overdrive

DriveをMAXにするとちゃんとオーバードライブまで歪みました。サウンドはMAD professor「Sweet Honey Overdrive」を試したことがないので、本家と比べてはわかりませんが、持っている中では、BOSS「SD1」に近い感じがしました。そして、

TS系オーバードライブの特徴、サスティーン(音の伸び)もありました。

Sweet Baby Overdrive

あまり、TS系オーバードライブでギターボリュームコントロールで歪み調整はしませんが、DriveMAXから、ギターボリュームコントロールを絞れば、ゲインコントロールも割とスムーズに効きました。

 

【今回のまとめ】

今回、「Sweet Baby Overdrive」を試してみて思ったことは、安いからといって悪いエフェクターではないという印象を受けました。本家のMAD professor「Sweet Honey Overdrive」と比べたら差はあるのかもしれませんが、 TS系オーバードライブとしての役割や機能は果たしているエフェクターだと思います。今回は、時間の都合で「M arshall JCM 2000」を試せませんでしたが、また機会がありましたら、MAD professor「Sweet Honey Overdrive」との比較を含めてテストしたいと思います。

 

以上、「Sweet Baby Overdrive レビュー 〜JC120〜」についてでした 。