エフェクターノート

エフェクターや機材で理想のサウンドを追求していく試行錯誤型の実体験ブログです。

Marshall JCM2000のイコライジングのテスト

Marshall JCM2000のイコライジングのテスト

こんにちは。

今回は「Marshall JCM2000のイコライジングのテスト」について書きたいと思います。

Marshall JCM2000のイコライジング

スタジオでは真空管アンプ「Marshall JCM2000」をよく使っておりますが、スタジオで練習し初めてから、ずっと悩んでいたのがイコライジングです。今回は、アンプ直の歪み「Marshall JCM2000」で「TS系オーバードライブ」のテストを含めたまとめを書いてみようと思います。

 


【今回使用する機材】

PRS CUSTOM 22(ギター)→Maxon ST9Pro+(TS系オーバードライブ)→Marshall JCM 2000(アンプ)

 

【Marshall JCM2000のセッティング】

今回は「Marshall JCM 2000」はULTRA GAIN / CHANNEL BのLEAD2 チャンネルを使用して「アンプの歪み」に「Maxon ST9Pro+」を足してみることにしました。

Marshall JCM2000のイコライジング

チャンネルはULTRA GAIN / CHANNEL B「LEAD2」を使用します。

VOLUME=2ぐらい(ドラムの音量と環境によって調整。個人練習は音量小さめです。)

GAIN=3ぐらい (TS系オーバードライブでブーストするので、今回はGAINは少なめですが、このくらいで十分かもしれません)

Marshall JCM2000のイコライジング

PRESENS=5ぐらい(今回は超高域を加えて見ました)

TREBLE=5ぐらい

MIDDLE=5ぐらい

BASS=5ぐらい

REVERB=2ぐらい(画像はリバーブの深さのテストしたままの8ぐらいになってます)

DEEP=OFF(5、6弦の音をもっと強調したいならばONにすると良いです)

TONE SHIFT=OFF

今回はPRESENS(超高域)も含めて全体的に12時にくるようにセッティングしてみました。

 

【今回使用したTS系オーバードライブ】

Maxon ST9Pro+

今回、使用したTS系オーバードライブはMaxon「ST9Pro+」になります。

DRIVE=11時くらい

LEVEL=12時くらい

MID ENHANCE=14時くらい

TONE=9時くらい

ミニスイッチ=LOW BOOST

 

【Marshall JCM2000のイコライジングを変えて演奏してみた感想】

今回は、現在バンドの課題曲であるB’zの「今夜月の見える丘に」の音源(CD)を流しながら通して弾いてみました。最初感じたことは、音源の音量とアンプの音量が合ってないと、サウンドが馴染まないといった現象がありました。歌より前に出ないようにセッティング後の音量の微調整は必要かと思います。音量の微調整後は、浮いていたサウンドが音源と馴染み、弾いていて違和感なく弾くことができました。Maxon「ST9Pro+」を常時ONにすることで、アンプ直の歪みが弾きやすなりました。今回のメインのテストであるイコライジングについては、いつもよりトレブリーなサウンドでしたが、演奏中ではなんの問題なく聞こえました。しかし、1時間くらい演奏して、スタジオを出るときにキーンとした「耳鳴り」が出てしまいました。いつもならば、耳鳴りはしないのですが、スタジオからの帰り道もずっとキーンと耳鳴りが止まず、やはり今回の「Marshall JCM2000」のイコライジングは高域が出すぎたように思います。「Marshall JCM2000」のイコライジングは余程の意図がない限り、全体的には10時あたりにセッティングした方が良さそうです。さらに、今回は、PRESENSも加えてミッドが強力に出るMaxon「ST9Pro+」でブーストしたため、演奏中は聞こえていないようでも、耳が超音波並みの周波数を拾ってしまっているという感じがしました。練習終わりに耳鳴りがするというセッティングは、不快な症状なので、耳鳴りがするまでのイコライジングにはしない方が良いと思いました。

 

【今回のまとめ】

「Marshall JCM2000」は高域が出るアンプなので、高域は抑えたセッティングにした方が良さそうです。また、「Marshall JCM2000」のリードチャンネルのGAINはいつも6ぐらいにしていましたが、その半分くらい(3〜4くらい)でも良いかなと思いました。あまり、ズンズンしないからと言ってGAINをやたら上げると歪みが飽和してしまい、音がこもってしまうと思います。その場合は、GAINを上げるのではなく音量をやや上げてみる方が良いと思います。また、TS系オーバードライブの力を借りて、中域を入れてあげるとサウンドが引き締まるので、ブリッジミュートのズンズン感みたいな反応が上がります。これは今回試したMaxon「ST9Pro+」で確認できました。ミッドが強ければ強い程、引き締まる傾向にありますが、サウンドメイクは、ギター(ピックアップ)、アンプ(歪みと音域)、エフェクター(補正)とトータル的なバランスで判断した方が良いと思います。

 

以上、「Marshall JCM2000のイコライジングのテスト」についてでした。