effectornote

エフェクターや機材で理想のサウンドを追求していく試行錯誤型の実体験ブログです。

Ibanez TS9DXレビュー〜Marshall JCM2000〜

Ibanez TS9DXレビュー〜Marshall JCM2000〜

こんにちは。

今回は「Ibanez TS9DXレビュー〜Marshall JCM2000〜」について書きたいと思います。

Ibanez TS9DX

最近、TS系オーバードライブが気になりIbanez「 TS9DX」を購入してみましたので、今回は「Marshall JCM2000」での使用感も含めてレビューを書きたいと思います。

 

【今回使用する機材】

PRS CUSTOM 22(ギター)→Ibanez「TS9DX」(TS系オーバードライブ)→Marshall JCM2000(アンプ)

 

Ibanez TS9DXのセッティングについて】

Ibanez TS9DXのセッティング

Ibanez「TS9DX」は、4つのツマミ構成ですが、基本的なDRIVE、TONE、LEVELはIbanez「TS9」と変わらず、Ibanez「TS9」に4段階の「MODE」を追加されたモデルになります。

DRIVE=12時くらい

TONE=12時くらい

LEVEL=11時くらい

MODE=TURBOモード

※このセッティングは「Marshall JCM2000」のリードチャンネルで試しでブーストしたセッティングになります。

 

【Marshall JCM2000のセッティング】 

「Marshall JCM 2000」はULTRA GAIN / CHANNEL BのLEAD1 チャンネルを使用して「アンプの歪み」にIbanez「TS9DX」を足してみることにしました。

Marshall JCM2000のセッティング

VOLUME=2.5ぐらい(ドラムの音量と環境によって調整)

GAIN=3ぐらい(ブースターを使用するのでこのぐらいに調整)

Marshall JCM2000のセッティング

PRESENS=0

TREBLE=2.5ぐらい

MIDDLE=2.5ぐらい

BASS=2.5ぐらい

REVERB=2ぐらい(※画像はリバーブのテストでMAXになってます)

DEEP=OFF

TONE SHIFT=OFF

 

Ibanez TS9DXをMarshall JCM 2000でブーストしてみた感想】 

Ibanez「TS9DX」を「Marshall JCM 2000」でブーストしてみた感想としましては、TURBOモードでは低音が目立ってブーストされる感じがしました。使用感はIbanez「TS9」とあまり変わらないですが、Ibanez「TS9」よりもやや歪みが強いと思います。各モードによってブーストされる音域は変わってきますが、低音と歪みが加えられるモデルのように思います。ブースターとして使用するならば、DRIVEを控えめにした方が良い結果がでると思います。

 

 【Ibanez TS9DXの各MODEについて】

〈TURBOモード〉

Ibanez TS9DX TURBOモード

この「TURBO」モードは、感想でも書いた通り、低域と歪みが特化したモードになります。「Marshall JCM 2000」のリードチャンネルをブーストすると、ズンズンしたサウンドになります。「Marshall JCM 2000」のサウンドをスッキリさせたセッティングからの「TURBO」モードでONすると重低音が加えられます。また、低音を出したい場合にも、この「TURBO」モードに設定して低音を加えるという使い方もできそうです。

 

〈HOTモード〉

Ibanez TS9DX HOTモード

この「HOTモード」は、中域に特化したモードになります。「HOTモード」に設定すると、中域特有の丸くこもったサウンドになりました。中域と歪みが加えられるため、アンプの歪みがやや固まったようなサウンドになる傾向があったので、アンプやエフェクター側のセッティングを見直した方がいいかもしれません。

 

〈+モード〉

Ibanez TS9DX +モード

この「+(プラス)モード」は、MODE中では一番謎のモードでしたが、一番下の「TS9モード」よりも、少しだけトーンが上がったような感じがしました。恐らく「TS9モード」プラスにしたモードだと思います。

 

〈TS9モード〉

Ibanez TS9DX TS9モード

この「TS9モード」は、名前の通りIbanez「TS9」のモードになると思いますが、Ibanez「TS9」と全く同じような感じはしませんでした。(やや出力が弱め?)「TURBO」モードに比べると「TS9モード」はスッキリしている印象です。もしかしたら「+モード」の方がIbanez「TS9」に近いのかもしれません。

MODE」のツマミは上に設定してゆくほど、4段階で低域と歪みが増してゆく仕様になっています。

 

【今回のまとめ】

今回は、Ibanez「 TS9DX」を「Marshall JCM 2000」のブースターとして試してみましたが、「MODE」の設定により一台であらゆる音域を加えることができる便利なモデルだと思いました。個人的に使いやすいモードは「TS9モード」と感じましたが、Ibanez「 TS9」と比較してサウンドチェックしたいと思います。ブースター使用ではありますが、Ibanez「TS9DX」ならではの「TURBO」モードは、重低音を出したい方には向いているかなと思います。今回は、アンプ側で重低音を考えたセッティングではありませんが、Ibanez「TS9DX」は、少し攻撃的なニュアンスだせるTS系オーバードライブといった感じがしました。

サウンド以外で気になった点は、赤色のLEDの光が弱いことです。 ONなのかOFFなのか識別しにくいため、演奏中にブーストされたかどうか不安になる面もありました。改造できるならば、LEDを視認性の良い色に変えた方が良いかもしれませんが、確実に踏むことを意識して対応しようと思います。

 

以上、「Ibanez TS9DXレビュー〜Marshall JCM2000」についてでした。