エフェクターノート

エフェクターや機材で理想のサウンドを追求していく試行錯誤型の実体験ブログです。

Marshall JCM2000のイコライジングのテスト〜改善編〜

Marshall JCM2000のイコライジングのテスト〜改善編〜

こんにちは。

今回は「Marshall JCM2000のイコライジングのテスト〜改善編〜」について書きたいと思います。

Marshall JCM2000のイコライジング 

前回、「Marshall JCM2000のイコライジングのテスト」の記事で書いたセッティングでは耳が痛くなってしまいましたが、今回は改善を試みて再度トライしてきましたで、そのことについて書きたいと思います。

<前回の記事はこちら>

www.effectornote.com


【今回使用する機材】

PRS CUSTOM 22(ギター)→Maxon ST9Pro+(TS系オーバードライブ)→Marshall JCM 2000(アンプ)

 

【Marshall JCM2000のセッティング】

今回は、前回と同様「Marshall JCM 2000」はULTRA GAIN / CHANNEL BのLEAD1 チャンネルを使用して「アンプの歪み」に「Maxon ST9Pro+」を足してみることにしました。

Marshall JCM2000のセッティング

VOLUME=2ぐらい(ドラムの音量と環境によって調整。個人練習は音量小さめです。)

GAIN=3ぐらい (5以降は低音が出てくるため、低音が出てこない位置にしました)

Marshall JCM2000のセッティング

PRESENS=0

TREBLE=3

MIDDLE=3

BASS=3

REVERB=3〜4

DEEP=ON

TONE SHIFT=ON

 
<今回のイコライジングの改善点>

まず、全体的なイコライジングを3まで下げました。PRESENSも0へ。さらに「TONE SHIFT」と「DEPP」のボタンを両方ともONにしてみました。「DEEP」はより低音が出ますが、「TONE SHIFT」をONにすることにより、イコライジングが全体的に下がるので、キンキンした高音が出にくくなるのではと考えました。

 

 

【今回使用したTS系オーバードライブ】

Maxon ST9Pro+

今回、使用したTS系オーバードライブは、前回と同様、Maxon「ST9Pro+」になります。

DRIVE=11時くらい

LEVEL=12時くらい

MID ENHANCE=14時くらい(やや下げて12時くらいでもOK)

TONE=9時くらい

ミニスイッチ=LOW BOOST

<Maxon ST9Pro+の使い方>

今回のMaxon「ST9Pro+」の使い方は、「Marshall JCM 2000」の歪みでリードソロやロングトーンを弾いたい時だけ、ONにしてブーストするという使い方をしました。

 

【Marshall JCM2000のイコライジングを変えて再度トライしてみた感想】

今回は、前回と同様に現在バンドの課題曲であるB’zの「今夜月の見える丘に」の音源(CD)を流しながら通して弾いてみました。再度トライしたサウンドは「Marshall JCM2000」らしいドシッ!としたカッコイイサウンドになりました。前回と比べて「TONE SHIFT」をONにすると弾きやすくなるように感じます。ドンシャリサウンドにはなりますが、弾きやすさを考えると「TONE SHIFT」をONした方が良いのかなと思いました。さらに「DEEP」で低音を加えることにより、全体的にまとまるように感じました。このイコライジングで、Maxon「ST9Pro+」をONにしてブーストすると音がミッドに寄り鋭いサウンドになりました。一見、音が細く感じますが、轟音の中でも切り抜けてくる。そんな印象を受けました。同じカテゴリーの「TS系オーバードライブ」でもブーストしたサウンドの変化は様々だとも思いました。このイコライジングにすることで、前回のように耳が後になって痛くなったり、キンキンと突き刺すような高音は気にはなくなりました。

 

【今回のまとめ】

「Marshall JCM2000」のリードチャンネルで歪みをサウンドを作る場合は、「TONE SHIFT」と「DEEP」のボタンを押した方が良い感じのサウンドが出るのではと思いました。個人的には「Marshall JCM2000」の音作りのポイントは「TONE SHIFT」にあるように思います。「TONE SHIFT」を入れるか入れないかで、全体的なサウンドの方向性が決まるように思います。「TONE SHIFT」を入れる場合は、イコライングは多少上げても問題ありませんが、「TONE SHIFT」を入れない場合は、サウンドが全体的にブライトで高音が上がる傾向があるので、イコライジングは控えめにした方が耳が痛くなりにくいと思います。よくスタジオに入って「Marshall JCM2000」を見ると、基本的にはイコライングは0になっていますが、「TONE SHIFT」と「DEEP」のボタンはONのままになっていることが多くみられます。そういったことも考えると「TONE SHIFT」と「DEEP」のボタンを両方ONにすることはスタンダードなセッティングになっているのかなとも感じました。また、何度も「Marshall JCM2000」リードチャンネルを使用して「TONE SHIFT」と「DEEP」を使ってサウンドや弾き心地を検証してみたいと思います。

 

以上、「Marshall JCM2000のイコライジングのテスト〜改善編〜」についてでした。

 

<他にもこんな記事を書いています>

www.effectornote.com

www.effectornote.com