effectornote

エフェクターや機材で理想のサウンドを追求していく試行錯誤型の実体験ブログです。

クリーントーンの音が抜けない原因〜JC120編〜

クリーントーンの音が抜けない原因〜JC120編〜

こんにちは。

今回は「クリーントーンの音が抜けない原因〜JC120編〜」について書きたいと思います。

JC120のダメなセッティング

最近、バンドで気になったことで「クリーントーンが聞こえない」「クリーントーンが埋もれてしまう」といったことがありました。バンドでギター1人ならば聞こえることは多いと思いますが、バンド内に2人ギターで一方が歪み担当をしている場合に、クリーントーンが消えてしまうことがあります。今回はそういった原因を突き止めるため「JC120」で検証してみましたので、簡単にまとめておきたいと思います。

 

クリーントーンが音が抜けない原因】

1.アンプのイコライジングが適正ではない

JC120のダメなセッティング

バンドで弾いていた時に、クリーントーンが聞こえてこない時のアンプのイコライジングをチェックしました。すると、TREBLE(高域)、MIDDLE(中域)、BASS(低域)のイコライジングが全て下がり傾向にあるのがわかりました。アンプによって、基本的なイコライジングの位置は変わりますが、具体的な意図がない限り「JC120」は、基本的には全て5(12時)が良いと思います。(Marshall JCM2000は、TONE SHIFTボタンを押すか押さないかでトーンが変わるので基本12時が最適とは言えない)アンプの全体のトーンが甘いと、バンドでは埋もれがちの傾向になります。ある程度の高いトーンは音抜けには必要です。

 

2.ギターのボリュームコントロールが下がっている

ギターのボリュームコントロール

ギターのボリュームコントロールは、ギターのパワーになります。歪んでいる状態で、ボリュームコントロールを絞りクリーントーンに持っていくことは問題ありませんが、アンプのクリーントーン状態で、ギターボリュームコントロールを絞ることはパワーを抑えてしまっている状態になります。音も小さく、力がないサウンドになります。クリーントーンでしっかり音を出したい場合は、ギターボリュームコントロールは基本MAXの10(フルテン)にした方が良いと思います。場合によっては、8ぐらいに抑えても良いですが、極端に2〜3に絞ってしまうと、結果的に音が抜けないサウンドになってしまう傾向があります。ギターボリュームコントロールだけでなく、ギター側のトーンのツマミも下がっていると、同様なサウンドになりがちです。

 

3.アンプセッティングをしっかりしないままオーバードライブ(歪み)を加える

オーバードライブ

サウンドを作る時に、重要なのはアンプのイコライジングだと思います。よくエフェクターでコントロールをする方を見かけたりしますが、基本的には、アンプのイコライジングをしっかりセッティングすることを優先した方が良いです。アンプのイコライジングが適正ではない状態(音抜けが悪い状態)で、オーバードライブなどでクランチサウンドにすると、余計に音が聞こえなくなります。その原因として、もう1人の歪ませたギターサウンドに混ざってしまうことが上げられます。エフェクターはあくまでも補助的な役割を持つもので、音作りはギターとアンプが重要です。その間で足りないものをエフェクターで足してあげるといった考え方の方が上手くいくと思います。 エフェクターで歪ませれば、音が良くなるワケではありません。アンプのイコラジングをしっかりセッティングした上で、エフェクターは発揮できるものと考えることが大切です。

 

【今回のまとめ】

 今回は、クリーントーンの音抜けが悪い原因について書きましたが、とやかく筆者もバンドでクリーントーンの音抜けが悪く指摘されたことがあります。今回、書いた原因以外にも、アンプの大音量や高音に慣れていないために、無意識にイコライジングや音量を下げてしまうことがあります。ギター初心者の方によくありますが、「演奏に自信がない」「ミスした時に目立つのがイヤ」といったことで、アンプのセッティングを全体的に抑えてしまうといったこともあります。あまりサウンドが目立たないように弾きたいと思うならば、今回のまとめたセッティングをすれば、目立つことなく演奏はできますが、やはりバンド的にもある程度聞こえるサウンドの方が好ましいと思います。また、演奏中に自分のサウンドがチェックできないと、自分のミスに気付けないこともあり、ミスをしているまま進んでしまうことになります。自分の音を確認できた方が、大音量サウンドの慣れやギターの向上につながると思います。バンドで重要なのは、全体的な音のバランスですが、自分のサウンドを確認できない状態ではバランスは取ることは難しいです。大きな音で弾くことに抵抗があるため、家のミニアンプ(小音)で練習していても、本番の音量で弾くことができないとライブステージでは失敗することが多くなります。こういった失敗をしないためには、実際にスタジオに足を運んで大音量(耳が痛くならない音量)で練習することをオススメします。

 

以上、「クリーントーンの音が抜けない原因〜JC120編〜」についてでした。

 

【他にもこんな記事を書いてます】

www.effectornote.com

www.effectornote.com

www.effectornote.com

 

楽器総合小売店の石橋楽器店!ギターから電子ピアノ、管楽器、民族楽器まで品揃え豊富!