effectornote

エフェクターや機材で理想のサウンドを追求していく試行錯誤型の実体験ブログです。

Rockett Pedals JRAD / Archerの魅力〜 Marshall JCM2000編〜

Rockett Pedals JRAD / Archerの魅力〜 Marshall JCM2000編〜

こんにちは。

今回は「Rockett Pedals JRAD / Archerの魅力〜 Marshall JCM2000編〜」について書きたいと思います。

Rockett Pedals JRAD / ArcherとMarshall JCM2000

最近は自分自身のテーマだった「Marshall JCM2000」のリードチャンネル(アンプの歪み)においてのイコライジングが決まったように思います。そして、次の段階として「Marshall JCM2000」に合うブースターを探そうと手持ちのブースターをいくつか試しておりますが、その中でケンタウロス系オーバードライブ/ブースター、Rockett Pedals JRADの「Archer」を試して時に魅力を感じたので、今回はそのことについて書きたいと思います。

 

【Rockett Pedals JRAD「Archer」について】

Rockett Pedals JRAD / Archer

Rockett Pedals JRAD「Archer」について、少し振り返って書いておきますが、購入したのは今から3年前くらいになります。購入した理由は、直感と見た目で購入しました。購入した当初は正直「Archer」良さや魅力がわかりませんでした。オーバードライブなのでGAINをMAXにしてみたもののイマイチなサウンドになり、アンプのセンドリターンに繋ぐと良い音がすると聞いたので、試したもののイマイチわからず。他の歪みエフェクターをブーストすると、トレブル(高音)が出過ぎで耳が痛くなり、ブースターとして上手く使えずと、個人的にかなり悪戦苦闘したオーバードライブになります。何度か手放そうと考えましたが、諦めずに地道に使い方を探っていたオーバードライブになります。

 

【今回使用する機材】

PRS CUSTOM 22(ギター)→Rockett Pedals JRAD「Archer」(オーバードライブ/ブースター)→Marshall JCM2000(アンプ)

 

【Marshall JCM2000のセッティング】

今回の「Marshall JCM2000」は、ULTRA GAIN / CHANNEL BのLEAD1 チャンネルを使用します。

Marshall JCM2000のセッティング

VOLUME=2〜3ぐらい(ドラムの音量と環境によって調整。個人練習はCD音源流しながら弾きました)

GAIN=3ぐらい (このくらいでも十分歪みます)

Marshall JCM2000のセッティング

PRESENS=0

TREBLE=3

MIDDLE=3

BASS=3

REVERB=4(今回はリバーブ強めです)

DEEP=OFF

TONE SHIFT=ON(弾きやすくなります)

 

【Rockett Pedals JRAD / Archerのセッティング】

Rockett Pedals JRAD / Archerのセッティング

OUTPUT(出力)=13時〜14時くらい

GAIN(歪み)=10時

TREBLE(高域)=9時くらい

 

基本的には、エフェクターをONにしませんが、レベルを上げたブースターセッティングにしておきます。Rockett Pedals JRAD「Archer」は、オーバードライブとしては扱いにくいのが印象です。今回はアンプの歪みに対してゲインを足す意味でのセッティングにしました。トレブル(高域)ブースターとしての役割で使用します。

 

 

【Rockett Pedals JRAD / Archerを繋いだ感想】

今回は「Marshall JCM2000」のリードチャンネルの歪みをベースにRockett Pedals JRAD「Archer」を繋いで弾いてみたところ、ほんの僅差ですが、音が深くなりました。高域がいつよりキレイに再生されるように感じます。「Marshall JCM2000」の歪みは、割と粗い歪みですが、その歪みが上手く整うようになります。アンプの歪みを自然と上手く補正してくれるイメージでしょうか。言葉ではなかなか言い表せないですが、ややマイルドになり上品なサウンドに変化します。ギターボリュームを3ぐらいに絞ってクリーントーンにした時に、より効果がわかるように思います。(ピックアップセレクターをセンターにするとさらに良いです)

Rockett Pedals JRAD / Archerのセッティング

ギターボリュームコントロールを絞ると、心に染み入るようなクリーントーンに変化します。実際にRockett Pedals JRAD「Archer」を繋いだ時と外した時と比べましたが、気のせいではなく、繋いだ時の方が良いサウンドになりました。

 

【セッティングしたRockett Pedals JRAD / ArcheをONにする時】

そして、アンプの歪みが足りない時はブースターセッティングにしたRockett Pedals JRAD「Archer」をONにすると歪みを加えることができます。

Rockett Pedals JRAD / Archerのセッティング

ギターボリュームコントロールでクリーン、クランチからゲインを足す場合やリードソロ時にアンプの歪みにさらにゲインを足す時に踏むと良いと思います。Rockett Pedals JRAD「Archer」の歪みを足しても、アンプの歪みを邪魔することなくブラッシュアップしたハイゲインサウンドになります。

 

【今回のまとめ】

今回のまとめとして、Rockett Pedals JRAD「Archer」は、繋ぐだけで音が良くなるオーバードライブです。アンプの歪みをブラッシュアップをする時には最適のエフェクターだと思いました。今回は「Marshall JCM2000」のブースターとして試しましたが、「ミニアンプ」や「JC120」では効果はわかりにくいかもしれません。また、別の機会にも書こうと思いますが、真空管アンプに似たアンプライク系のエフェクターとも相性が良いです。例えば、Rockett Pedals JRAD「Archer」(前段/ブースター)+BOSS「ST2」(後段/ディストーション)の組み合わせもオススメです。「Marshall JCM2000」が使えない時に「JC120」で使用すると良いと思います。Rockett Pedals JRAD「Archer」は、派手なハイゲインディストーションと比べると、とても地味なエフェクターです。効果が分かりにくいですが、サウンドの絶妙な変化がわかると何度も使いたくなるような魅力を持っています。「Marshall JCM2000」のリードチャンネルでは必須と言えるペダルではありませんが、よりブラッシュアップしたサウンドを目指したい方には、一度試してみる価値があるペダルです。繋ぐだけで効果は出ますが、その僅かな効果やセッティングが難しい分、玄人向きのペダルと言えます。まだ、エフェクターを使い始めた方やサウンドに慣れていない方には、まだ使うには早いエフェクターとも言えます。筆者も購入して使うには早すぎるタイミングでした。しかし、魅力が分かった今となっては、Rockett Pedals JRAD「Archer」は、とても素晴らしいオーバードライブです。

 

以上、「Rockett Pedals JRAD / Archerの魅力〜 Marshall JCM2000編〜」についてでした。

 

<他にもこんな記事を書いています>

www.effectornote.com

www.effectornote.com

www.effectornote.com