effectornote

エフェクターや機材で理想のサウンドを追求していく試行錯誤型の実体験ブログです。

アンプの歪みを良くするクリーンブースター〜EPbooster編〜

アンプの歪みを良くするクリーンブースター〜EPbooster編〜

 

こんにちは。

今回は「アンプの歪みを良くするクリーンブースター〜EPbooster編〜」について書きたいと思います。

EPbooster

ここ最近「Marshall JCM2000」のアンプの歪みプラスαを試していますが、今回は、久しぶりにXotic「EPboosterをリードチャンネル(アンプの歪み)に試してみましたので、簡単にまとめておきたいと思います。

 

【EPboosterについて】

EPbooster

Xotic「EPbooster」は、数あるクリーンブースターの中でもシンプルでコンパクトなクリーンブースターとなります。特徴としては、ツマミを回せば回すほど、低音とGAINが上がってゆく傾向があります。また、エフェクター内部のDIPスイッチでトーンとGAINの調整が可能です。(今回は両方ともONで、デフォルトモードで使用します)

 

【今回使用する機材】


PRS CUSTOM 22(エレキギター)→Xotic「EPbooster」(クリーンブースター)→Marshall JCM2000(アンプ)

 

【Marshall JCM2000のセッティング】

今回の「Marshall JCM2000」は、ULTRA GAIN / CHANNEL BのLEAD1 チャンネルを使用します。

Marshall JCM2000のセッティング

VOLUME=2〜3ぐらい(ドラムの音量と環境によって調整。個人練習はCD音源流しながら弾きました。4だと大音量と言われる傾向があります)

GAIN=3ぐらい (このくらいでも十分歪みます。GAINを足したい場合はこのメモリのままLEAD2ボタンを押した方が低音が上がらずに歪みを足せます)

jcm2000

PRESENS=0

TREBLE=3

MIDDLE=3

BASS=3

REVERB=3〜4(基本お好みで調整)

DEEP=OFF(低音弦5、6弦を出したい時にはON)

TONE SHIFT=ON(弾きやすくなります。OFFは全体的にトーンが上がって高音が出ます)

 

 

【EPboosterのセッティングについて】

今回は「EPbooster」の効果を試したいのでツマミ0にセッティングして始めたいと思います。

EPbooster

青色LEDが眩しいのであまり直視しないでください。

 

【EPboosterをリードチャンネルに加えてみた感想】

「Marshall JCM2000」のリードチャンネルに、ツマミ0で「EPbooster」をONにして弾いてみた感想としましては、基本的にはサウンドに変化はありませんが、やや低音が加えられ、歪みが丸く太くなる感じがしました。アンプの歪みにクリーンブースターを足した時の効果はわかりにくいですが「EPbooster」については低音が増すことが一つの特徴に感じます。音の芯が太くなり、存在感があるサウンドになります。

 

【EPboosterのツマミを調整してみる】

もう少し効果を見たいため「EPbooster」のツマミを上げて試してみました。

〈ツマミ9時くらい〉

EPbooster

「EPbooster」のツマミを9時くらいまで上げると、0よりもやや低音が出てきます。意外だったのが、ベンディング(チョーキング)をした時に、ある程度音が伸びることに気付きました。

 

〈ツマミ12時くらい〉

fEPbooster

さらにツマミを上げて12時くらいの位置にすると、さらに低音と歪みが増してきます。この辺にくるとボワッと感じるかもしれません。サスティーンも増してきますが、チューブスクリーマーIbanez TS9など)ほど音が伸びずといった感じです。低域が多すぎるサウンドになりました。

 

〈ツマミMAX〉

EPbooster

最後に一気にツマミを振り切ってMAXにしてみると、低音はたっぷり出てきますが、同時にアンプからノイズもかなり出てくるようになりました。GAINもツマミに比例して上がってくるためノイズも多くなってきます。

「EPbooster」は、歪みの前段として設置する場合は、控えめなセッティングで使うのが効果的かもしれません。

 

【今回のまとめ】

今回、「Marshall JCM2000」のリードチャンネル(アンプの歪み)に「EPbooster」でブーストしてみた結果として、アンプの歪みがやや太くなり、音に伸びがでてきました。ONとOFFでは、ONの方が歪みに厚みがあるように感じます。常時ONにすると弾きやすくなり、ちょっとしたリードソロ時にツマミを程よく上げておいてブーストして使うこともできそうです。

EPbooster」は、以前に試したRockett Pedals JRAD「Archer」(ケンタウロス系オーバードライブ)と比べてみると、繋いだだけで音が良くなるというエフェクターではないように感じますが、アンプが調子悪い時のパワー不足や低音が足りない場合に「EPbooster」をONにして使うと効果的かもしれません。

「EPbooster」の使い方は、歪みエフェクターの前段や後段、DIPスイッチのセッティング、アンプのクリーンなどでセッティングなどが変わってくると思いますが、シンプルながらも幅広く使える心強いクリーンブースターという感じです。Xotic「EPbooster」の特性を活かせば、あらゆるシチュエーションに効果的に使えるのではと思います。

 

以上、

「アンプの歪みを良くするクリーンブースター〜EPbooster編〜」についてでした。

 

【他にもこんな記事かいてます】

www.effectornote.com

www.effectornote.com

www.effectornote.com