effectornote

エフェクターや機材で理想のサウンドを追求していく試行錯誤型の実体験ブログです。

ド素人がRAT2を修理ついでに改造した結末〜前編〜

ド素人がRAT2を修理ついでに改造した結末〜前編〜

 

こんにちは。

今回は「ド素人がRAT2を修理ついでに改造した結末〜前編〜」について書きたいと思います。

rat2

過去いくつかディストーションペダルを買っては試してきましたが、ディストーションの中でも定番と言われる「RAT2」を改造して壊してしまった話を今回は書いてみようと思います。

 

【RAT2について】

rat2

実はこの「RAT2」物は試しで3〜4年前くらいに購入したものになります。楽器屋で「JC120」で試奏した時にものすごくザクザクした良いサウンドで、気に入り新品で即購入しました。(当時は中古で買うという発想がなかった)自分の中では、いわゆる歪みにおける「JC対策」で使える歪み系エフェクター第1号となりました。初めて買った歪みペダルBOSS「DS1」よりも「RAT2」の方が好みでした。写真の「RAT2」はツマミを交換してあります。

 

【そんなRAT2を壊してしまった経緯】

rat2

当時は歪み探しをしており、モディファイモデルも購入しておりましたが、その時に「自分でも改造したいな」と思うのがキッカケで、まずは外見のツマミを交換して見ようと真ん中の「FILTER」のツマミを引っこ抜いたら、ボリュームポッドごと抜けてしまい「RAT2」を壊してしまいました。ネットでもこの真ん中を壊した方を見たことがあるので、ツマミ交換は注意が必要だと思います。恐らく、ツマミの内側に強力な接着剤がついてるように思います。

 

エフェクターを壊したらまずは冷静に落ち着こう】

fエフェクター自作本

エフェクターを改造して思う時に、「やばっ!壊したかも⁉︎」と思った時、人間は結構動揺しています。そこで一旦手を止めた方が安全です。強引に直そうとすれば、もっと壊してしまいエフェクターが再起不能になることもあります。自分は改造についてはド素人だったので、まずエフェクターの自作本を買いに行きパーツと道具を調べに行きました。急がば回れ作戦です。

 

【ボリュームポッドを強引に修理する】

rat2

ボリュームポッドを壊してしまったら、同じパーツに取り替えば済むのですが、困ったことは「RAT2」のボリュームポッドは少し特殊でパーツ屋さんなどに同じものが売っていなかったので、結局、3つとも同じ数値だけ合わせて通常のボリュームポッドを強引に配線してくっつけました。写真で言えば、紫色の短い配線になります。通常はパーツと基盤が挿さるようになっていて配線はありません。それでもなんとかボリュームポッドは機能しました。

 

【さらに他の箇所も壊れはじめる】

rat2

よく改造である失敗は、コンデンサーなどのパーツを付け替えて音が出るか確認している時に、他の配線が中で切れることがよくあります。これにより突然音が出なくなるということがありました。写真にあるようにグルーガンで基盤と配線の接合部分を固定してあります。とくに「RAT2」は構造上、一度分解して基盤を取り出して直さないといけません。これにより他の配線が動くため、切れることが多くなります。改造時は慎重かつ最小限の動きで行った方が安全です。

 

次回は「ド素人がRAT2を修理ついでに改造した結末〜後編〜」について書きたいと思います。

 

〈他にもこんな記事書いてます〉

www.effectornote.com

www.effectornote.com

 

◎中古のエフェクター探しや楽器の事なら石橋楽器! もオススメです!イシバシ楽器の全店舗に置いてあるエフェクターが検索できます。