effectornote

エフェクターや機材で理想のサウンドを追求していく試行錯誤型の実体験ブログです。

過去10年ほとんど出番がないエフェクターたち【モジュレーション系について】

こんにちは。

最近エフェクターの整頓をしているのですが、「あれ?こんなエフェクター持っていたんだ」と気づくことがありました。

エフェクターを集めはじめて10年ほど経ちますが、忘れるぐらいほとんどバンドやライブで使わないエフェクターです。

あまり機会がないので、ここでご紹介させてください。

過去10年ほとんど出番がないエフェクターたち

過去10年ほとんど出番がないエフェクターたち

BOSS/AW-3(オートワウ

BOSS/AW-3(オートワウ)

BOSS「AW-3」オートワウになります。

このエフェクターは、一回だけバンドで使用したことがあります。椎名林檎の「幸福論」で一部のフレーズだけに使いました。当時は、通常のワウペダルをかけながら演奏することが難しいため、オートワウをかけて弾きました。椎名林檎東京事変をバンドで歌いたい・弾きたい人は自分の周りでは多いですが、かなりのレベルを要求されるので冷や汗ものです。(サウンドはカッコイイけどかなりクレイジー

名前の通り、ペダルを踏めば自動的にワウがかかるので面白いです。歪みに飽きた時に「シュワ〜ン」とワウをかけてみると結構遊べます。ファズと組み合わせて壊れたサウンドも作れます。

ジャンルや曲を選ぶことが多いワウ系ペダルですが、使う人は使うエフェクターです。

BOSS/BF-3(フランジャー

BOSS/BF-3(フランジャー)

BOSS「BF-3」フランジャーになります。

モジュレーション系エフェクターで、残念ながら一度もバンドでは使ったことがありません。MODEのGARE PAINがステレオ的に揺れるサウンドになるので、自宅でたまに遊んでいます。BOSS「MT2(メタルゾーン)」と組み合わせて、ジェットサウンドで楽しんでいた時期もあります。

バンドでこっそりかけてサウンドテイストを変えてもいいですが、なかなかフランジャーを使う曲に巡り会えないため、自宅保管が続いています。

MXR/phase90(フェイザー

MXR/phase90(フェイザー)

MXR「phase90」フェイザーになります。

うねりをサウンドに加えることができます。BOSS「BF-3」と同じように、ジェットサウンドに使用できます。 MXR「phase90」はSPEEDのツマミをMAXにするとトレモロまで変化させることができます。コーラス以外の揺れ系エフェクターは、このモデル1台でカバーできるのではと思うぐらいです。しかし、エフェクターボードには定着せずといったトコロです。

BOSS/PS-6(ピッチシフター)

BOSS/PS-6(ピッチシフター)

BOSS「PS-6」はピッチシフターになります。

ピッチシフターの他にも、様々なMODEが搭載されており、コーラス的なサウンドオクターバー的な使い方もできます。このエフェクターは、B’z「恋心」で一回だけ使用しました。MODEを「S-BEND」にセッティングして、1オクターブのベンディングをペダルでかけました。その機会以外はほとんど遊びで使う程度です。また、キーの設定で音を変化させることができますが、音楽理論の知識が必要です。初心者が使うこなすには、かなり難しいエフェクターです。

HardWire/RV-7(リバーブ

HardWire/RV-7(リバーブ)

HardWire「RV-7」はリバーブになります。

バーブが必要だと思い購入しましたが、実際にスタジオ練習ではアンプのリバーブを使うことがほとんどのため、1回も実戦で投入したことがありません。色んなリバーブが楽しめますが、やはりアンプのリバーブで足りるので、こちらも遊ぶ程度です。

見た目が気に入っているので自宅保管しています。

"関連記事"

空間系エフェクターの種類はリバーブとディレイの2つ【アンプにリバーブはついてます】 - effectornote

MXR/dyna comp(コンプレッサー)

MXR/dyna comp(コンプレッサー)

MXR「dyna comp」はコンプレッサーになります。

最近、購入して色々実験しています。

主にカッティングする時に、アタックを均一に抑えるため使うものですが、他のエフェクターと比べて、効果がわかりずらいのが正直なところ。カッティングをするジャンルをあまり弾かないので、今のところ使う機会はありませんが、サスティーンが伸びるため、ブースターとして使えないかと模索しています。

将来的に、どこかで使えたらいいなと思っているエフェクターです。

TC ELECTRONIC/Corona Mini Chorus(コーラス)

TC ELECTRONIC/Corona Mini Chorus(コーラス)

TC ELECTRONIC「Corona Mini Chorus」はコーラスになります。

コーラスはこの1台のみしか持っていませんが、思った以上に使わないエフェクターです。Corona Mini Chorusはキレイにコーラスがかかるので気に入ってはいますが、なかなか出番がありません。

スタジオで練習することが多いので、コーラスはいざとなればJC120についているもので代用できるため、使用する機会があまりありません。

でも、一応持っておくエフェクターです。

モジュレーション系はマルチエフェクターでいいかも?

参考モデル:BOSS GT-1 Guitar Effects Processor

こう振り返ってみると、モジュレーション系をあまり使わないことが多いと感じました。

コンパクトエフェクターでは、各モデルの個性を楽しめますが、バンドなどで実戦で使える・使えないで判断すると「あまり使わないエフェクターなのでは?」と思います。

そう考えると、モジュレーション系はマルチエフェクター1台でまかなえるような気がもします。

個人的には、マルチエフェクターは苦手なため持っていませんが、モジュレーション系を集めたBOSS「MD-500 MODULATION」LINE6 「M5 Stompbox Modeler」ZOOM 「MS-70CDR」BOSS「GT-1」など、1台あると便利かもしれません。

歪み系エフェクターにはこだわりたい人なので、歪みはコンパクトエフェクターと決めていますが、効率を目指すならば「コンパクト歪み系エフェクター」+「モジュレーション系マルチエフェクター」の組み合わせが早いのかも。

歪み系エフェクターと一体化させたい場合は、BOSS「MS-3 Multi Effects Switcher」を使えば可能だと思います。

BOSS/MS-3 Multi Effects Switcher

今回のまとめ

それでも各モジュレーションにこだわりたい人はコンパクトエフェクターでもいいと思います。予算に合わせて検討してみてはいかがでしょうか。

ご参考になれば幸いです。