effectornote

エフェクターや機材で理想のサウンドを追求していく試行錯誤型の実体験ブログです。

歪み系エフェクター・ディストーションの種類はハイゲインとアンプライクがある

こんにちは。

ディストーションの中でも、細かく種類を分けるといくつかの分類に分けることができますが、その中でも特徴がわかりやすい 「ハイゲイン・ディストーション」と「アンプライク・ディストーション」についてご紹介します。

歪み系エフェクター・ディストーションの種類はハイゲインとアンプライクもある

歪み系エフェクターディストーションの種類はハイゲインとアンプライクがある

数あるディストーションの中でも、「ハイゲインディストーション「アンプライクディストーションという種類があります。

同じディストーションでも、実際に使ってみると弾き心地が違ってきます。

この2つのディストーション、一体どんな違いがあるのでしょうか。

下記にまとめてみました。

ハイゲインディストーションとアンプライクディストーションの違い

・ハイゲインディストーション

参考モデル:BOSS Metal Core ML-2

ハイゲインディストーションは、メタルなど攻撃的なサウンドが出せるタイプのディストーションです。

特徴としては、パワーコードなど5、6弦を弾くフレーズがしっかりと出ます。

ノイズレスなモデルも多いです。

わかりやすいモデルではBOSS「ML2」がハイゲインディストーションになります。

・アンプライクディストーション

参考モデル:BOSS Power Stack ST-2

アンプライクディストーションは、マーシャルアンプのようにギターボリュームを絞るとクリーンサウンドとなるのが特徴です。

GAINコントロールが効くタイプのディストーションですので、ギターボリュームコントロール一つでクリーンサウンドから歪みサウンドまで、幅広くカバーできます。

わかりやすいモデルではBOSS「ST2」がアンプライクディストーションになります。

(アンプライク系はオーバードライブとも表記されることもありますが、メーカーの基準によります)

ディストーションの種類は曲のジャンルやシチュエーションで選ぶ

ディストーションの種類は曲のジャンルやシチュエーションで選ぶ

この2つのディストーションは、それぞれ弾く曲によって使い方が分かれます。

ハイゲインディストーションは、ハードロックやメタル系の曲に使用し、アンプライクディストーションは、クリーンサウンドから歪みサウンドを必要とする曲に使うと便利です。

ハイゲイン系とアンプライク系のどちらか1つでも、ある程度の曲は弾けますが、ギターフレーズに合ったエフェクターを使うと演奏が楽になります。

また、演奏する曲のサウンドディストーションのタイプを合わせた方が、バンドでもなじみやすい傾向があります。

今回のまとめ

ハイゲイン系ディストーション

・5、6弦の音がしっかり出る

・ノイレスが多い

アンプライク系ディストーション

・マーシャルアンプのようにギターボリューム側で歪みのコントロールが効く

・クリーンサウンドから歪みサウンドまでカバーできる範囲が広い

自分のスタイルにあったディストーションを選んでみてはいかがでしょうか。

関連記事はこちら

クリーンブースターはハイゲインディストーションと組み合わせると効果的【初心者向け】 - effectornote