effectornote

エフェクターや機材で理想のサウンドを追求していく試行錯誤型の実体験ブログです。

歪みエフェクターの組み合わせ例・パターン1【TS系オーバードライブ+ディストーション】

こんにちは。

歪みエフェクターを組み合わせてみたいと思った時に、「どういった歪みエフェクターを選んだらいいのだろう?」と悩むことはありませんか。

今回は、筆者の体験にもとづいて、歪みエフェクターの組み合わせパターンを作ってみましたのでご紹介します。

今回は、筆者の体験にもとづいて、歪みエフェクターの組み合わせパターンを作ってみましたのでご紹介します。

歪みエフェクターの組み合わせ例・パターン1【TS系オーバードライブ+ディストーション】

歪みエフェクターの組み合わせ例・パターン1【TS系オーバードライブ+ディストーション

TS系オーバードライブを歪みエフェクターに組み合わせる時に、ディストーションなどの歪みが強いエフェクターに組み合わせやすいモデルは、TS系オーバードライブがオススメです。

ディストーション単体でも問題ありませんが、TS系オーバードライブを組み合わせることによって、ディストーションサウンドに磨きをかけることができます。

具体例:TS系オーバードライブ+ディストーション

具体例:TS系オーバードライブ+ディストーション

TS系オーバードライブのIbanez「TS9」(前段)とディストーションBOSS「ST2」(後段)を組み合わせた例です。

BOSS「ST2」とIbanez「TS9」の組み合わせは、個人的には相性が良く、使いやすいと思います。

他の歪みエフェクターのモデルでも、TS系オーバードライブとディストーションの組み合わせは、サウンドが作りやすい傾向があります。また、ディストーションの代わりに歪み量が多いオーバードライブでも合わせやすいです。

TS系オーバードライブをブースターとして使うと効果的

TS系オーバードライブをブースターとして使うのが効果的

TS系オーバードライブ+ディストーションの組み合わせでのポイントは、TS系オーバードライブをブースターとして使うことです。

TS系オーバードライブのLEVELをMAXにして、GAIN・DRIVEをやや抑えたブースターセッティングにして、必要なシチュエーションで歪みを足す使い方です。

TS系オーバードライブをミッドブースターとして使うことで、ディストーションサウンドをさらにきわ立たせたり、ロングトーンを持たせたい時に使うと効果的です。

速弾きやテクニカルなリードソロにもTS系オーバードライブをブースターとして使うことで、弾きやすくなります。

TS系オーバードライブとディストーションで使いわける

TS系オーバードライブとディストーションを併用する組み合わせですが、単体でもシチュエーションによって使い方を変えることができます。

例えば、TS系オーバードライブ単体でバッキングやアルペジオディストーション単体でリフやリードソロで分けてもいいと思います。

曲のはじめは、TS系オーバードライブでバッキングをして、リードソロや歪みを足したい時にディストーションを踏み、またTS系オーバードライブに戻すという具合です。

今回のまとめ

TS系オーバードライブ+ディストーションの組み合わせは、バンドなどの実戦において使いやすい組み合わせですので、一度、試してはいかがでしょうか。

【歪みエフェクターの組み合わせパターン・まとめ記事はこちら】

歪みエフェクターの2個目を検討する時に参考にしたい!組み合わせパターン集【まとめ】 - effectornote