effectornote

エフェクターや機材で理想のサウンドを追求していく試行錯誤型の実体験ブログです。

歪みエフェクターの組み合わせ例・パターン3【ディストーション+グラフィック・イコライザー】

こんにちは。

歪みエフェクターを組み合わせてみたいと思った時に、「どういった歪みエフェクターを選んだらいいのだろう?」と悩むことはありませんか。

今回は、筆者の体験にもとづいて、歪みエフェクターの組み合わせパターンを作ってみましたのでご紹介します。

歪みエフェクターの組み合わせ例・パターン3【ディストーション+グラフィック・イコライザー】

歪みエフェクターの組み合わせ例・パターン3【ディストーション+グラフィック・イコライザー

ディストーションイコライザーを組み合わせが面白いです。

イコライザーとは、各周波数を調節できるエフェクターになります。

ここでは詳しくは書きませんが、100Hz、200Hz、400Hz、800Hzなど各ツマミの周波数を調節できますが、ディストーションの後段につなぎ、歪みサウンドを変えることができます。

イコライザーを使う人は少数派かもしれませんが、意外なパターンとして組み合わせをしてみました。

具体例:ディストーション+グラフィック・イコライザー

具体例:ディストーション+グラフィック・イコライザー

例として、ディストーションPROCO RAT 2(前段)、イコライザーBOSS GE7(後段)で組み合わせました。

RAT2は、スタンダードなセッティングにしてあります。後段のイコライザーのセッティングにより、サウンドを変化させることができます。

PROCO RAT2 ディストーション エフェクター

RAT2の特徴としては、芯がしっかりしたディストーションです。5、6弦もしっかりでるので、リフやパワーコードにも最適です。また、JC120との相性もよく使いやすい歪みエフェクターです。GAIN調整によって、クランチサウンドからファズっぽいサウンドまでカバーできるため、便利なディストーションの1台です。

グラフィック・イコライザーでハイゲインディストーションを作る

イコライザーでハイゲインディストーションを作る

イコライザーを極端にV字にセッティングすることで、ミドル(中域)をカットできます。

ミドルをカットすることで、ドンシャリサウンドを作ることができます。

サウンド的には低音が強調されたハイゲインディストーションのようなサウンドになります。

ややメタルよりのサウンドにしたい時にもイコライザーで調節すると面白いです。

グラフィック・イコライザーをブースターとして使う

イコライザーをブースターとして使う

今度は、極端にイコライザーのツマミをや山なりにセッティングしてみました。

ミドル中心に周波数を上げることによって、音が抜けてくるサウンドになります。グラフィック・イコライザーをブースター的に使うのも面白いと思います。

今回のまとめ

グラフィック・イコライザーはあまり使うことが少ないエフェクターですが、サウンドをガラッと変えることができるので、歪みエフェクターをじっくり調整したい場合はイコライザーを組み合わせてみると面白いかもしれません。

【歪みエフェクターの組み合わせパターン・まとめ記事はこちら】

歪みエフェクターの2個目を検討する時に参考にしたい!組み合わせパターン集【まとめ】 - effectornote