effectornote

エフェクターや機材で理想のサウンドを追求していく試行錯誤型の実体験ブログです。

RAT2をレベルブースターとして使えるかどうかの実験【Marshall JCM2000】

こんにちは。

最近、RAT2が気になっていろいろ試していますが、RAT2のディストーションはレベルブースターとして使えるのかどうか気になりました。

そこで、今回は実際にスタジオに行って試してきましたので、まとめておきたいと思います。

RAT2の画像です

RAT2をレベルブースターとして使えるかどうかの実験

RAT2はディストーションなので、通常は歪ませたサウンドで使うことが多いと思います。

RAT2はゲインブースターとしては使えますが、果たしてレベルブースターとしてまで使えるか気になったのでスタジオのMarshall JCM2000で試してきました。

Marshall JCM2000のセッティングについて

今回のMarshall JCM2000は、ULTRA GAIN / CHANNEL BLEAD1チャンネルを使用します。

Marshall JCM2000は、ULTRA GAIN CHANNEL BのLEAD1チャンネルの画像です

VOLUME=3ぐらい

GAIN=3ぐらい

Marshall JCM2000のイコライジングの画像です

PRESENS=0

TREBLE=3

MIDDLE=3

BASS=2

REVERB=3〜4(基本お好みで調整)

DEEP=OFF(低音弦5、6弦を出したい時にはON)

TONE SHIFT=ON(歪みエフェクターを使用する場合は効果がわかりにくいですが、OFFにするとトーンが上がります)

RAT2のレベルブースターセッティング

RAT2のレベルブースターセッティングの画像です

DISTORTION=8時くらい

・FILTER=13時〜14時

・LEVEL=15時

RAT2のセッティングは、

DISTORTIONをツマミを完全0にしてしまうと音が出なくなるため、ギリギリまで音が出るGAINまでに設定にしました。

レベルブースターとしての効果の実験なのでLEVELを上げ気味に設定。

FILTERは、音がキンキンしないところを狙って調節。Marshall JCM2000はアンプ自体が高音になりやすいため、RAT2側でトーンを調整するイメージで調節しました。

RAT2をレベルブースターとして使ってみた結果

RAT2をMarshall JCM2000のリードチャンネルでレベルブーストしてみた結果は、あまりレベルブーストの効果はないと感じました。

RAT2の芯が硬いニュアンスが出てくるワケでもなく、リードチャンネルから際立ってサウンドが変化するワケでもなく、普通に音量が上がるイメージに近いと思います。

しかし、全く使えないというワケではありません。

すでにMarshall JCM2000のリードチャンネルで歪ませているので、RAT2はディストーションのため、LEVEL上げるとどうしても歪みが増してノイズが出てしまうため、そういった面でもあまりレベルブースター的に使うことに抵抗があったというのが正直なトコロです。

今回のまとめ

以前、オーバードライブをクリーンブースターとしてつかう記事にも書いたことがありますが、歪みをコントロールするGAIN・DRIVEのツマミを0にしても音が出るかでないかの判断で、そのモデルがレベルブースターとして使えるかどうかある程度予測できます。

結論的にはRAT2はディストーションのため、レベルブースターには向かないと思います。

特にMarshall JCM2000のリードチャンネルではあまり効果は期待できない可能性があります。

RAT2をブースターとして使うならば、クリーンサウンドからの歪みを足して、クランチサウンドやリードサウンドにするといった歪みの特徴を活かしたブースターとしての使い方が向いています。 

ディストーションをレベルブースター使うのは、やはり無理があるセッティングでしたが、実験してみて一つ勉強になりました。

【関連記事】

RAT2・ディストーションのスタンダードなセッティング【Marshall JCM2000】 - effectornote