エフェクターノート

エフェクターやアンプ・音作りについての実験ブログ

エフェクターを動かす〜ACアダプター編〜

※この記事は2022年6月16日に更新されました。

こんにちは。

今回は、エフェクターを「ACアダプター」で動かす方法を書きたいと思います。

エフェクターを動かす〜ACアダプター編〜

名の通りコンセントにACアダプターを入れて、エフェクターに電源供給する方法です。

ACアダプターは、電池と比べて、コンセントさえあれば、いつでも電源が供給できますので、非常に便利なアイテムです。
初心者の方は、BOSSエフェクターを使うことも多いはずだと思いますので、BOSSの専用アダプター(PSA-100)を使うといいです。
ほとんどのエフェクターが9V使用ですが、12V、15V、18Vのアダプターを必要とするエフェクターも存在するため、エフェクターを使う際は、念のために確認しておくといいでしょう。

エフェクターを複数つなぎたい場合

ACアダプターは、基本1つのエフェクターに使いますが、分岐ケーブルを別でつなげることで、エフェクターを複数つなげることができます。

分岐ケーブルは、メーカーにもよりますが、最大5つエフェクターをつなげるケーブルが多いと思います。

これを「数珠つなぎ(デイジーチェーン)」と言います。

1個のACアダプターで、分岐ケーブルでつなぐ場合の注意点として、つなぐエフェクターによっては、音痩せすることがあります。

特に、デジタル系のエフェクターは消費電力が多いので、音痩せする傾向があります。

全体バランスを考えて、エフェクターをつなぐようにしましょう。

分岐ケーブルの種類について

分岐ケーブルには、S型(ストレート型)とL型の2種類あります。

↑S型(ストレート型)の分岐ケーブル

↑L型の分岐ケーブル

筆者の経験として、L型タイプをオススメします。

理由として、L型の方がエフェクターボードを組んだ時に、差し込みやすいためです。

S型(ストレート)は、BOSSエフェクターのように、9Vのジャック部分が上にあるモデルは差し込みやすいです。

しかし、横に9Vのジャックが付いているエフェクターでは、思いのほか、ケーブル配線に場所をとるため、やはりL型の方が使い勝手は良いです。

今回のまとめ

エフェクターを動かす〜ACアダプター編〜として、以下にまとめました。

・コンセントさえあればずっと使える

・演奏中も電池切れを気にすることがない

・ジャックを差すだけでOKで手間が省ける

・分岐ケーブルはL型タイプがオススメ

ACアダプターを一つ持っていると便利なことが多いので、ぜひ試して頂けると幸いです。
以上、ご参考になれば幸いです。
 

BOSS ボス ACアダプター PSA-100S2

TRUETONE エフェクター用分岐プラグ 1SPOT MC5 MULTI PLUG