エフェクターノート

エフェクターやアンプについての実験ブログです。

SLdrive Xotic レビュー

この記事は2022年4月30日に更新されました。

こんにちは。

今回は「SLdrive Xotic レビュー」について書きたいと思います。

SLdrive Xotic

SLdriveとは

SLdriveは、60〜70年代の「Marshall 1959」のヴィンテージサウンドをイメージしたミニペダルになります。

SLdriveは、オーバードライブですが、歪み幅が強いためディストーションサウンドまで出せます。

また、アンプライクでもありますので、エレキギターのボリュームコントロール追従性も高いです。

SLdriveの基本セッティング

SLdriveは、以下の3つのツマミから構成されています。

・DRIVE(歪み)

・TONE(音の高さ)

・VOLUME(音量)

後述しますが、モードが設定できるディップスイッチが内蔵されています。

f:id:jundrive3:20170628231658j:imageDRIVEとTONEが透明のツマミで調整できます。

DRIVEの下の小さいツマミがVOLUMEとなります。

SLdrive Xotic

DRIVE(歪み)は、12時〜13時ぐらいが歪みのピークポイントだと思います。

13時〜14時以降は歪み量はあまり変わらないので、この位置でセッティングしておきます。

もう少しはじめからクランチ気味にしたい場合は、10時前後で調節するといいと思います。

アンプライクなので、エレキギターのボリュームコントロールを絞るとクリーンに音が近づいていきます。

SLdrive Xotic

TONEについて、右いっぱいに回すとかなりハイ(高域)になりますが、ミニアンプでは、マーシャル特有のキンキンする高音にはなりませんでした、

極端なドンシャリセッティングもできそうです。

使用するアンプによって、TONEを調節するといいと思います。

SLdrive Xotic

余談にはなりますが、LEDは温かみのあるオレンジになっています。

エフェクターのLEDは、レッドやブルー、グリーンを目にすることが多いですが、オレンジは珍しいと思います。

LEDのこだわりに、ヴィンテージらしさを感じますね。

個人的には、Xoticのエフェクターはデザインセンスが高く、好きなエフェクターのひとつでもあります。

SLdrive Xotic

また、SLdriveは、ジャックの位置が、同じXOTICのEP Boosterと同じ高さになっているので、エフェクターを同じXOTICで揃えたり、エフェクターボードの縁の高さを気にせず組めそうですね。

ミニペダルですが、かなり重量感あるエフェクターなので、単体で持っていっても、しっかり踏めそうですね。

SLdriveのディップスイッチについて

SLdriveには、モードが設定できるディップスィッチが内蔵されています。

SLdrive Xotic

少しわかりにくいですが、裏フタをドライバーで開けるとディップスィッチという小さいスイッチが付いてます。

SLdrive Xotic

ディップスイッチは、少し押しにくいですが、1〜4番のミニスイッチの上下で、さまざまなサウンドモードがセッティングが可能です。

(初期値はデフォルトモードになっています)

SLdriveのディップスイッチ機能について

1〜4番のディップスイッチについて解説しています。

1.ハイ・ミッドレンジコントロール♯1

ハイ/ミッドレンジのブーストされる周波数をコントロールします。

オンポジションでは、より高音がブーストされます。

2.ハイ・ミッドレンジコントロール♯2

ハイ/ミッドレンジのブーストされる周波数をコントロールします。オンポジションでは、より高音がブーストされます。

♯2は♯1よりもブースト周波数域が低く設定してあります。

♯1と♯2を同時にオンすると、より滑らかな高音域のブーストを得られます。

3.ハイ・ミッドカット

トーンコントロールで、よりハイミッドカットされます。

4.+6dBブースト

オフポジションで+6dBブーストします。

SLdriveのディップスイッチは6種類のモードがある

1〜4番のディップスイッチを組み合わせて、6種類のモードが紹介されています。

・スーパーリード(デフォルト)

・スーパーリード/ハイ・ミッドカット

・スーパーベース

・スーパーリード+6dbブースト

・リード/ベース

・スーパーリード+ハイ・ミッドブース

補足で説明書の画像をのせておきます。

SLdrive Xotic

ミニペダルにしては、かなり音作りのセッティングができる仕様となっています。

どういったサウンドになるかは、こちらのモードを参考にして、実際に使ってみるといいでしょう。

SLdriveをミニアンプで弾いた感想

自宅のミニアンプRoland/micro cubeで、SLdriveを試してみました。

SLdriveとmicro cubeアンプのセッティングはクリーンチャンネル使用で、SLdriveをONにして弾いた感想となります。

最初の印象は、XOTICならではの、安定かつ上質な歪みと感じました。

Marshall 1959のサウンドをイメージしてるだけあって、マーシャルっぽいリードサウンドがいいですね。

ミニアンプで、試した感じではモダンなMarshall JCM 2000よりも、JCM 900に近い感じがしました。

各ツマミもしっかりの効くので、細かいセッティングもできそうです。

ディップスイッチは、各モード試しましたが、微妙にサウンドが変わってはいると思いますが、ミニアンプではその差を聞き分けることはできませんでした。

しかし、一番わかりやすかったモードは「スーパーリード+6dbブースト」です。

ブーストされるので、ミニアンプ使用でも太く迫力のあるサウンドになります。

小さいアンプでも迫力あるリードサウンドが楽しめました。

また、エレキギターのボリュームコントロールを絞ると歪みからクリーンになるので、ここはさすがアンプライクペダルと言ったところです。

以上、参考になりましたら幸いです。

SLdriveはこちら