エフェクターノート

エフェクターやアンプ・音作りについての実験ブログ

FULL-DRIVE2 MOSFETとST9Pro+を組み合わせる実験

※この記事は2021年12月4日に更新されました。

こんにちは。

今回は、FULL-DRIVE2 MOSFETを使って、同じTS系オーバードライブであるMaxon ST9Pro+と組み合わせの実験をしてみましたので、ご紹介します。

TS系オーバードライブエフェクター

FULL-DRIVE2 MOSFETとST9Pro+を組み合わせる実験

 今回試した機材は以下となります。

エフェクター

  • FULL-DRIVE2 MOSFET(Fulltone)
  • ST9Pro+(Maxon)

FULL-DRIVE2 MOSFETとST9Pro+

<使用アンプ>

MICRO CUBERoland

f:id:jundrive3:20210624010628j:plain

<使用エレキギター

PRS CUSTOM22(ハムバッカー)

<全体構成>

PRS CUSTOM22 → FULL-DRIVE2 MOSFET → ST9Pro+ → MICRO CUBE

FULL-DRIVE2 MOSFETのセッティング

Fulltone FULL-DRIVE2 MOSFET

FULL-DRIVE2 MOSFETのセッティングです。

今回は、歪みエフェクターを組み合わせて使うので、GAINは抑えめでセッティングしました。

FULL-DRIVE2 MOSFETOVERDRIVEのツマミを8時あたり。

FMモードのクランチセッティングです。

FULL-DRIVE2 MOSFETは、オーバードライブ側(左側)のみ使用します。

ST9Pro+のセッティング

Maxon ST9Pro+

ST9Pro+は、ややGAINが多めのセッティングへ。

ミニスイッチのLOW BOOSTを入れて、低音を足してあります。

FULL-DRIVE2 MOSFETがブースター的な役割に対して、

ST9Pro+は、GAIN強めのオーバードライブといった役割にしました。

FULL-DRIVE2 MOSFETとST9Pro+を組み合わせた結果

FULL-DRIVE2 MOSFETとST9Pro+

FULL-DRIVE2 MOSFETとST9Pro+を組み合わせた結果は、

今回使用したミニアンプでは、TS系オーバードライブのこもったサウンドではありますが、スムーズに歪ませることができました。

TS系オーバードライブ同士は、相性がいいのかもしれませんね。

また、弾いていて感じたことは、エフェクターなしの時よりも、弾きやすくなりました。

今回のまとめ

今回は、FULL-DRIVE2 MOSFETとST9Pro+を組み合わせる実験をしてみました。

TS系オーバードライブを苦手な方もいらっしゃると思いますが、

手放す前に、一度、同じTS系オーバードライブを組み合わせてみると使いやすくなるかもしれません。

一度、試して頂けたらと思います。