エフェクターノート

エフェクターやアンプについて書く体験ブログです♪

エフェクターをしっかり固定する工夫【自作エフェクターボード・カーペット】

こんにちは。

エフェクターにマジックテープをしっかり固定していても、スタジオへ持ち運んだらエフェクターが転げ落ちていたなんてことありませんか?今回は、エフェクターをしっかり固定する工夫をご紹介します。

エフェクターをしっかり固定する工夫

エフェクターが転がっている画像です。

エフェクターの裏にしっかりとマジックテープ貼ってあるのに、持ち運ぶとエフェクターが動いてしまう、転げ落ちてしまう。その度に、エフェクターを直していると大変ですよね。そんな時の簡単な工夫をご紹介します。

原因はエフェクタケースのフェルト面

エフェクターボードのフェルト面の画像です。

エフェクターが固定されていない原因としては、一般的なエフェクターケースのボード面についているフェルトの吸着力が弱いことにあります。そのため、フェルト面を工夫する必要があります。

吸着性が高いカーペットを貼る

エフェクターボードにフェルトを敷いている画像です。

エフェクターケースのフェルト面を剥がして、マジックテープのメスを貼ってしまうことも有効ですが、中にはフェルト面が剥がせないエフェクターケースもあります。そんな時は、吸着性が高いカーペットを貼るとエフェクターがしっかり固定されます。

接着剤でカーペットを固定する

ボンドの画像です。

カーペットを、一度敷いてみて良さそうならば、布を貼れるボンドで貼ってしまいましょう。カーペットをフェルト面に貼ることで、より固定力が上がります。ボンドを使用する場合は、入った空気やボンドの塗りムラでカーペットが浮いてくることもあるので、最初はしっかりと重しを置いて完全に乾くまで待ちましょう。

実際にカーペットを貼ってみた

エフェクターボードにカーペットを敷いた画像です

実際に、エフェクターボードにカーペット(ペットの足すべり防止用)を買ってきて貼ってみました。カーペットは、100円均一に売っているのもので十分です。サイズがエフェクターボードのピッタリというものは中々ないと思うので、2枚をつなぎ合わせたり、カットしたりして貼ってみましょう。

まとめ

エフェクターボード面にカーペットを貼ることで、エフェクターをしっかり吸着して固定することができます。これで、エフェクターケースを持ち運びしてもエフェクターが転げ落ちることはありません。貼るカーペットの色や柄にもよりますが、オリジナリティあるエフェクターボードを作りたい方にもいいと思います。

ご参考になれば幸いです。読んで頂きありがとうございました。

<関連記事はこちら>

www.effectornote.com

www.effectornote.com

<中古エフェクターを探すには>

筆者はよく中古エフェクターイシバシ楽器 公式オンラインショップで探すことが多いです。全国にあるので、珍しいモデルや新古品を見つけることができます。

楽器総合小売店の石橋楽器店!ギター、ウクレレ、バイオリン、電子ピアノ、シンセサイザー、管楽器、民族楽器、和楽器まで豊富な品揃えが魅力!WEB-SHOP専任担当者が素早く対応致します!