エフェクターノート

エフェクターやアンプについての実験ブログです。

【簡単】BOSS PS6 コーラスサウンドの作り方

こんにちは。

BOSS PS6(ハーモ二スト)で、コーラスサウンドを作ってみたので、ご紹介します。

BOSS PS6 コーラスサウンドの作り方

BOSS PS6 コーラスサウンドの作り方の画像です。

BOSS PS6でコーラスサウンドを作るときは、MODEの「DETUNE(デチューン)」で作ります。

一番、右のツマミを「DETUNE」に切り替えましょう。

BOSS PS6 コーラスサウンドのセッティング

BOSS PS6 コーラスサウンドのセッティングの画像です。

MODE=DETUNE

FALL TIME=無効

SHIFT(シフト量)=+15セント

BALANCE(コーラスの強さ)=12時

FALL TIMEのツマミは無効になります。調整しても何も変わりません。

SHIFTのツマミは、その名の通りシフト量を調節することができます。(5セントごとのメモリで最大±20セントまで)

あまり5セントごとを意識してセッティングするよりかは、実際に音を聴きながら、良さそうなエフェクト位置を探した方が早いと思います。

BALANCEのツマミは、右に回すほどエフェクトが強くかかってきます。このツマミでコーラスの強さを調整しましょう。

BOSS PS6 コーラス(DETUNE)サウンド(のセッティング【動画・音声】


BOSS PS6 コーラス(DETUNE)サウンド

コーラスペダルとの違い

BOSS PS6で作ったDETUNEのコーラスサウンドと、ROLAND MICRO CUBEについているコーラスエフェクトと比較してみましたが、そんなに大差はないサウンドだと思います。

若干、BOSS PS6を強めにセッティングすると、ハーモ二ストらしい音程のズレが出てくるように思います。

それでも、アルペジオなどの単音弾きでは、コーラスペダルと遜色ない音が作れます。

まとめ

BOSS PS6は、DETUNEだけでなく多彩なモードを備えています。

コーラスだけでなく、ワーミペダルのようなS-BEND(スーパーベンド)やピッチシフター、キーによって設定する2重奏、3重奏ハーモニーと様々なサウンドが出せます。

すべてのモードを使いこなすには、難易度が高いエフェクターですが、使いこなすことで、作れるサウンドの幅が広がることは間違いないです。

ご参考までに。

BOSS Harmonist PS-6はこちら

〈関連記事はこちら〉

www.effectornote.com

www.effectornote.com

www.effectornote.com