エフェクターノート

エフェクターやアンプについての実験ブログです【本サイトはプロモーションが含まれています】

Ibanez TUBE SCREAMER MINI チューブスクリーマー ミニ【review/レビュー】

こんにちは。

今回は、「Ibanez TUBE SCREAMER MINI チューブスクリーマー ミニ」を購入してみましたので、ご紹介したいと思います。

Ibanez TUBE SCREAMER MINI チューブスクリーマーの画像です

Ibanez TUBE SCREAMER MINI チューブスクリーマー ミニ

Ibanez TUBE SCREAMER MINI (チューブスクリーマー ミニ)」とは、同じメーカーIbanezから発売されている「TS808」をダウンサイジングしたモデルとなります。

Tube Screamerサウンドはそのままで、本格的なペダルとなっています。

早速レビューしていきましょう。

小さいながらもズッシリ重めのボディ

Ibanez TUBE SCREAMER MINI チューブスクリーマーの画像です

Ibanez TUBE SCREAMER MINI 」をはじめて持ったときの印象として、「結構ズッシリ重いペダルだな」と思いました。

一見、軽そうに見えますが、小さいながらもしっかりとした重めのボディとなっています。

また、裏面には滑り止めのゴム板が付いていますので、床に置いてもしっかり踏めそうです。

Ibanez TUBE SCREAMER MINI チューブスクリーマーの画像です

LEDは温かみのあるオレンジ色

Ibanez TUBE SCREAMER MINI 」をONにすると、LEDがオレンジ色なのに気づきました。

Ibanez TUBE SCREAMER MINI チューブスクリーマーの画像です

筆者は、「TS808」を持っていませんが、同じIbanezの「TS9」では、LEDが赤色でかなり見にくい仕様になっています。

しかし、「Ibanez TUBE SCREAMER MINI 」は、明るく視認性がいいので、すぐON/OFFの確認ができます。

TONEとLEVELのコントロールノブは小さめ

Ibanez TUBE SCREAMER MINI 」のコントロールノブである「TONE」と「LEVEL」は小さいツマミとなっています。

Ibanez TUBE SCREAMER MINI チューブスクリーマーの画像です

一見、小さくて操作しにくそうに見えますが、簡単に動かせるので、そこまで気にすることはないと思います。

メモリの部分が少し凹んでいるので、その部分を目安に調節していきます(この部分も白いラインがあったらわかりやすいかもですね)

OVERDRIVEのコントロールノブは大きめ(通常サイズ)

Ibanez TUBE SCREAMER MINI 」のコントロールノブ「OVERDRIVE」はノブが大きめ(通常サイズ)となっております。

「TONE」と「LEVEL」のツマミのサイズとのメリハリがデザインにマッチしていて、とってもかわいい感じですね。

Ibanez TUBE SCREAMER MINI チューブスクリーマーの画像です

Ibanez TUBE SCREAMER MINI 」は、オーバードライブですので、「OVERDRIVE」のコントロールが直感的にしやすい印象を受けました。

フットスイッチの角度が絶妙

Ibanez TS808」のモデルを踏襲していますので、フットスイッチの角度もやや斜めになっています。

Ibanez TUBE SCREAMER MINI チューブスクリーマーの画像です

Ibanez TS808」のようなキャラメルスイッチではありませんが、踏みやすさを考えられいる設計に好感を持ちます。

フットスイッチは、程よい硬さです。

9Vのアダプターで電源供給

Ibanez TUBE SCREAMER MINI 」は、 9V センター・マイナスで電源を供給できます。

Ibanez TUBE SCREAMER MINI チューブスクリーマーの画像です

エフェクターの上にDCジャックが付いていますので、エフェクターボードを組むときにも配線が楽ですね。

電池での使用はできません。

BOSSの「PSA-100(電源アダプター)」を持って入れば、そちらで電源供給できます。

Ibanez TUBE SCREAMER MINIの基本セッティング例

Ibanez TUBE SCREAMER MINI 」のセッティングをしてみました。

筆者は、チューブスクリーマーをよくブースターとして使うことが多いですが、今回はスタンダードにオーバードライブとしてのセッティングを試してみました。

Ibanez TUBE SCREAMER MINI チューブスクリーマーの画像です

TONE=12時

LEVEL=12時

OVERDRIVE=10時(〜12時)

TONEについて

TONEについては、右に回すほど、高音が上がっていきます。

効き具合はいいので、MAXにすると、かなりの高音セッティングになります。

あまり高すぎるとキンキンするので、時計の針で言えば、12時にセッティングしました。

LEVELについて

LEVELについても、右に回すほど、音量が上がっていきます。

MAXにしても、そこまで出力は高くない印象でした。

アンプと音量を合わせると、12時くらいが良さそうです。(MAXで2倍くらいの音量です)

このあたりもしっかり設計されているのが、ポイントですね。

OVERDRIVEについて

OVERDRIVEを右に回すほど、GAIN(歪み)が上がっていきますが、チューブスクリーマーですので、あまり歪みません。

13時以降がピークですが、右に回すほど、やや低音も上がっていきます。

今回は、10時(〜12時)あたりにしました(やや歪みを抑えるとスッキリするサウンドになります)

Ibanez TUBE SCREAMER MINIのオーバードライブセッティング例

次に、「Ibanez TUBE SCREAMER MINI 」で、どこまでオーバードライブサウンドを出せるか試してみました。

Ibanez TUBE SCREAMER MINI チューブスクリーマーの画像です

TONE=3時(上げてます)

LEVEL=12時

OVERDRIVE=MAX(上げてます)

まず、OVERDRIVEをMAXにしました。

このままだとサウンドがぼやけるので、TONEを上げて、サウンドと引き締めてみました。

5・6弦でもリフパワーコードは弾けなくないくらいまでは、このセッティングで出せそうです。

ちなみに、自宅のミニアンプ(15W)・クリーンチャンネルで試しています。

エレキギターのボリュームコントロールで追従性を試してみた

Ibanez TUBE SCREAMER MINI チューブスクリーマーの画像です

Ibanez TUBE SCREAMER MINI 」をオーバードライブセッティングしたまま、エレキギターのボリュームコントロールで追従性を試してみました。

ボリュームコントロールをMAX10→4くらいまで絞ると、クリーンサウンドに近づいていきます。

Ibanez TUBE SCREAMER MINI 」は、ボリュームコントロールの追従性は、良さそうです。

これにより、エレキギターのボリュームコントロールで、クランチからオーバードライブまでのサウンドが出せると思います。

今回のまとめ

Ibanez TUBE SCREAMER MINI チューブスクリーマー」をご紹介しました。

コンパクトなチューブスクリーマーですが、機能はしっかりしているので、とてもクオリティーが高いペダルだと感じました。

マーシャルアンプへのブーストやディストーションの組み合わせを試してみたいですね。

以上、ご参考になれば幸いです。

Ibanez アイバニーズ TSMINI Tube Screamer Mini